金継ぎ、金繕い? いえ、陶磁器の繕いを楽しむ会「器再楽(きさら)」です!

「陶工房たつみ」が主催する「器再楽(きさら)」のブログ。金繕い、金継ぎと呼ばれる手法もオープン。繕いの依頼にも応じます。

川西での「器再楽」の様子 その2

2022-11-26 17:28:14 | 金繕い教室「器再楽」

木曜日の川西パレットでの金繕い教室「器再楽」の様子の続きです。

 
ベースの修復を終えた品物、次は黒艶漆の処理です。

 

きれいなカップですが、取っ手のところが2カ所壊れていたものです。

 

この小鉢も可愛いですね。

 

内側に少し亀裂も入っていましたね。

 

そして、漆の処理から20から30分たってから、早速錫紛を蒔いて。

この錫粉、なぜか金色っぽくなっているもので、安価でありながらとてもいいですね。

 

さあ、この日の作業も終わりました。

この日の初めに、最近来られていない方から、箕面の陶芸教室のメンバーが金繕いに興味を持っているので、来てもらえないかというお話がありましたが、体調不良が続いている私、この川西の教室に来てもらえないですかとお返事しました。

メンバーが増えてくれると嬉しいですが。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 川西での「器再楽」の様子 ... | トップ | ご近所の方からの繕い依頼 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

金繕い教室「器再楽」」カテゴリの最新記事