金継ぎ、金繕い? いえ、陶磁器の繕いを楽しむ会「器再楽(きさら)」です!

「陶工房たつみ」が主催する「器再楽(きさら)」のブログ。金繕い、金継ぎと呼ばれる手法もオープン。繕いの依頼にも応じます。

愛用の酒器の繕い その1

2018-11-14 16:39:49 | 陶器の繕い例
少し前のことですが、いつも立ち呑みに行くときに持参している愛用の酒器を家に帰ってから落としてしまって。吞みすぎた日です。
 
この器、これまでも何回も繕いをしていますが、今回はとてもひどいですね。
 
でも直してあげます。
先ずはアラルダイトだけで接着して。

 

そして、ガムテープで固定して。

 

とりあえずはこんな状態ですね。

隙間が結構あります。

 

この後、欠けた部分などを地の粉を混ぜたアラルダイトで修復です。

指に水を付けて、綺麗に押し込んでいきます。

 

それが乾燥した後、黒艶漆を細い筆で塗って。

 

外側も内側もとてもひどい状態ですね。

 

すぐに銀の丸粉(3号)をたっぷりと蒔いて。

黒艶漆をテレピンで少し薄めて使っていますが、その薄め具合と銀粉などを蒔くタイミングがとても大事だと最近痛感しています。

 

この後、湿気のあるところで乾燥です。

気温が下がってきているので、そろそろ漆の乾燥には日にちが要りますね。

その2に続く。

 

コメント

川西での「器再楽の会」の様子

2018-11-14 16:33:06 | 繕いの会の様子

今月の8日(木)は川西のパレットで金繕いの「器再楽の会」の定例会でした。

 
この日は新しい方がお二人が来られて10名の参加者です。
初めての方達は興味深げに観ておられます。
いろんな工程が観れていいですね。 

 

私は大忙し。

適当に写真も撮って。 

この方は、黒艶漆を修復した部分に塗っているところです。

このあと、銀の丸粉(3号)を蒔きます。

 

この方は、以前に錫を蒔いたところに生漆を使って粉固めをしているところ。

 

この方はもう相当腕をあげていて、漆なども一式揃えておられて。

知人から依頼されたものを繕っています。

 

銀の丸粉(3号)を蒔いているところ。

 

2回目以降の粉固めは、私が品物を持ち帰って済ませてあげることにしました。

月1回だけですので。

次回は12月13日(木)です。

 
コメント

総合センター塚口での陶板制作

2018-10-26 15:34:55 | 陶器の繕い例
「総合センター塚口」の陶芸教室での陶板の焼成が終わりました。
しかし、粘土の練りが不十分だったので、乾燥段階から、亀裂が入って。
乾燥段階で亀裂に粘土を補充したりして。
 
でも、その後の素焼き、本焼きと亀裂は広がる一方ですね。
本焼き焼成後の作品の亀裂。

 

いよいよ最終の繕いですね。

アラルダイトと地の粉を混ぜたものを補填です。

 

裏側はこんな風にプラスチック板をあてがって。

 

乾燥してからもういちど補填です。

 

そして、乾燥後は色合わせです。

先ずは白色を塗って。

その後、アクリル絵の具を使用して。

そして、最後は「新うるし」の本透明で艶を出して。

 

仕上がりです。

どうです。亀裂はあまり目立たなくなりましたね。

 

他の作品も紹介しますね。

 

それから、制作が遅れたお二人の分も。

合計10名の方です。

 

皆さん、制作過程をうんと楽しまれましたね。

この後、額装するために和紙を貼りつけた板に接着させて。

 

その仕上がりは、11月9日からからの塚口地区の文化祭の展示会場で見せてもらいましよう。


コメント

最近の金繕い その4

2018-10-26 15:16:08 | 多種類の繕い例
「総合センター上ノ島」の陶芸教室参加者がもってこられていた自作の作品。
1箇所大きく欠けていましたので、繕ってあげることに。

 

プラスチック板をあてがってスタートです。

 

そして、いつものアラルダイトと地の粉の出番です。

 

もう1箇所欠けた部分がありました。

 

このあと、接着剤が硬化するまできちんと面倒を見てあげないといけません。

姿勢が大事です。

 

翌日に固まった後は、プラスチック板を剥がして、カッターナイフなどで整形です。

 

そして、アラルダイトと地の粉のベースの材料を更に追加して。

 

お酒を飲みながらの作業となりましたね。

 

更に翌日、ベース作りが完了です。

 

そして、「新うるし」の白で色合わせです。

この作品、白化粧を施した部分が結構欠けていたので、それも修復してあげて。

完成です。

 

裏側です。

 

この作品、白化粧の縁の部分がとても欠けやすいので、食器として使わず、飾って楽しんだ方がいいですよとアドバイスしてあげました。

それで、白の「新うるし」の上からの本透明でのコーティングはしていません。

 

繕いでこんな風に直せるということを見てもらいたいので、全くの無料サービスでした。

陶芸教室の期間中にお渡しして、とても喜んでもらえました。

 
コメント

最近の金繕い その3

2018-10-26 15:11:11 | 多種類の繕い例

最近の繕い品の続きです。

 
今回は私の作品。
個展のために作品をケースに詰め込み過ぎて傷めてしまったのです。
 
真っ二つに割ってしまって。
 
 
接着後に黒艶漆を塗って、錫粉を蒔いているところです。

 

蒔き終わりました。

 

そして完成です。

 
他にこんな作品も繕っています。
この作品ができて、金具を取り付けて壁に飾っていたのですが、金具の接着が不十分で、壁から落っこちて。
 
装飾に貼りつけたツバキの花の部分がいくつか欠けてしまったのですが、「新うるし」での色の修正だけでOKとしました。
今度は金具をしっかりと固定しましたので、もう大丈夫です。

コメント