筑波大学硬式野球部のブログ

筑波大学硬式野球部公式HP http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/baseball/

2018年 岩手キャンプ1日目!(洋野町野球教室)

2018年07月14日 20時38分34秒 | 2018年 岩手キャンプ
皆様こんばんは。
マネージャーの長谷川です。

先日から告知していました通り、本日から岩手キャンプが始まりました。
今朝、朝5時につくばを出発して、12時半頃キャンプ地の岩手県洋野町に到着しました。


(球場に到着した私たちを歓迎してくれた電光掲示板)

初日の今日は、現地の小学生を対象にした洋野町野球教室を行いました。
今回は、町内の5チームの少年野球チームから計86人が参加してくれました。

(開会式前の様子)

開会式のあと、まずは参加者全員でウォーミングアップをしました。ウォーミングアップから元気いっぱいの小学生達に、大学生も笑顔がはじけます。

(ウォーミングアップの様子 左 篠田(体育2年・花咲徳栄)右 菅(体育2年・北須磨))

ウォーミングアップが終わると、小学生は高学年が中心の1~3班と低学年が中心の4~6班に分かれて、練習を行いました。

小学生で野球を始めたばかりという子供たちも多かった低学年の班は、ゲーム形式のメニューやベースランニングのリレーを行いました。

(ベースランニングリレーの様子)
少しでも野球を楽しんでほしいと学生コーチが一生懸命考えたメニューに、子供たちは楽しんで参加してくれました。


体も大きく、投げる球やスイングスピードも速い上級生には、ロングティーバッティングやノックを行いました。

(ロングティーを行う様子)
将来の活躍が期待できそうな洋野町の将来の野球選手たちに、筑波大の選手は優しく楽しく指導を行っていました。


予定していた練習メニューが終わると、質問タイムの時間になりました。
これまでの練習ですっかり打ち解けて、仲良くなった筑波大の選手に洋野町の小学生は次々と質問をしていて、終始にこやかな時間が過ぎていきました。



(小学生から様々な質問が飛び出した質問タイムの風景)

質問タイムが終わると、記念撮影の時間に。
子供たちの笑顔と、大学生の歓声に満ちた3時間はあっという間に終わってしまいました。


(上級生中心の1~3班で記念撮影)

(下級生中心の4~6班で記念撮影)

普段、常に結果が追い求められる厳しい環境の中での野球を行っている筑波大の選手は、心の底から野球を楽しんでいる小学生の姿を見て、きっと色んなことを思ったでしょう。
始めて野球を始めた日のこと、野球を通して友達が出来たときのこと、投げたり打ったりすることそのものが楽しかったあの頃...
今日に限っては、普段の競争から解放され、久しぶりに純粋に野球を楽しむ気持ちを選手は思い出したのではないでしょうか。
その証拠に、今日の野球教室では筑波大の選手は本当に良い笑顔を見せていました。



一方で、野球人口が減っていると言われている中でも、ここ洋野町には本当に多くの野球少年・野球少女がいました。ひたむきに、純粋に野球を楽しんでいる子供たちがたくさんいることに歓びと感動を感じた一日でもありました。
今日の野球教室に参加してくれた子供たちが、今日の野球教室を通して野球の楽しさを感じてもらえたら嬉しいですし、彼らが少しでも長く野球を続けてくれたらなお嬉しいなと思います。

(最後に、今日の全参加者で記念撮影)


今日の野球教室でたくさんの子供たちに元気と笑顔ともらった私たちは、明日から本格的にスタートする岩手キャンプに向けて絶好のスタートが切れました!

明日と明後日はオープン戦です。
1人1人の選手が精いっぱいの力を出せるように頑張ります!


【明日のオープン戦の予定】
vs八戸学院大学@種市オーシャンビュースタジアム
13:00プレイボール


岩手キャンプ、頑張ります!


筑波大学硬式野球部
マネージャー 長谷川航成
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2018年 岩手キャンプについて② | トップ | 2018年 岩手キャンプ2日目! »
最近の画像もっと見る

2018年 岩手キャンプ」カテゴリの最新記事