エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

日本人と英語:必要で

2017-11-11 09:05:16 | 日記

◇大阪の英会話教室:個人レッスン

 2017年11月10日、NHK総合テレビ番組で大阪にあるMan

 to Man方式で教える英会話教室の状況を視聴した。そこに

     

     出典:NHK  大阪にある英会話教室の風景

 は、色んな目的で通う人たちが居た。海外駐在が決まり通

 始めた人、Brush Upのため通う高校の英語教師、海外

 に向けて通う女性銀行員、両親をハワイ旅行に連れて行くた

 め通う男性、等々・・。学費には50,000円程、払うようだ。

 初級クラスの人たちが多く、Nativeの講師と、Smoothと云

 い難い英語で話していた。

◇日本人の英語:会話力の方は、あまり変わらず;

 中学・高校・大学と10年間も英語を学びながら、会話の方は

 、今一つ、思うようにならない。最近は小学校でも英語を必

 須にしたり、大学入試で民間の英語検定を重視したり、少し

 ばかり、変化の兆しが出て来た。著者の場合を振り返ると;

       

       著者が初めて渡米した時のNew York City

      出典:ja.wikipedia.org/ Manhattan in NY

 読み書きは、何とかこなせる所まで来ていたが、会話の方・

 ・? Businessの場では否応なくBusiness Personsと話

 ばならず、Japanese English調で何とか凌いだ(多少の自習

 はて行ったが)。何回か、渡米を繰り返しながら、実践で鍛

         

      著者が初めて渡米した時に泊まったホテル

     出典:tabiweb.ne.jp/ Tudor Hotel In NY

 えられたと思う。後半での例・・米国にある火力発電所の技

 術調査の折には、顧客等数人と同伴。当方は、仕事の纏め役

 を務める一方、通訳的な役目もできた。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 気候変動:気温上昇等 | トップ | エネ政策:対談と誤解懸念 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事