エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

米中間選挙の結果と今後?

2018-11-08 08:13:20 | 日記

2018年11月6日、米中間選挙の投開票が行われ、上

院は共和が、下院は民主が過半数を得た。マスコミの

予想通りの結果だ。内容を分析し、今後の見通しにつ

いて考えて見る。

◇中間選挙の開票結果:上院共和、下院は民主;

今日の朝刊によると、上院では共和が51、民主が45

なり(未定:4)、下院では共和が199、民主が222

      

    出典:geocities.jp/ 全米での州の分布

となった(未定:14)。一方、州知事選挙結果は、共

和が25州を、民主が21州を抑えた(未定:4)、共和

が民主党を上回った。Florida州では、共和党の上

議員と知事が当選した。この州は、大統領選で勝

     

     出典:NHK-TV 選挙翌日の記者会見

敗のカギを握る選挙人数の割り振りが多い所だ。トラ

ンプ氏は2度も応援に出向くなど、力を入れていた。

開票が進む深夜、トランプ大統領は、Twitterに投稿 、

Tremendous success tonight. Thank you to all !

◇トランプ政権、今後の見通しと市場の反応:

過去、2年間でトランプ大統領が進めて来た政策には、

変化はないだろう。米国経済は、順調に推移して来た

。中国に対する貿易政策は、民主を含む議会の支持は

                    

続く見通しだ。不法移民に対しても、厳しく対処して

行くだろう。ただ、下院で民主が多数を占めた事で、

議会運営に支障が出て来る見込みだ。大統領の権限で

動き易い対外政策(貿易・北朝鮮やイラン等)では、彼

の考えで進めて行くと思う。

選挙後の市場では、プラスに作用している。NYのダウ

平均が545$上昇、今日午前の日経平均は463円程上げ

ている。今日の為替は午前、113.6円と円安に動いた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« インドで大気汚染が深刻 | トップ | 住宅用太陽光発電に逆風 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事