エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

直近の経済 明暗が浮彫り

2018-11-05 09:44:09 | 日記

2018年11月05日、イラン制裁の第2弾が発動さ

。日本等8カ国に対する原油禁止が除外された事

もあり、原油価格は下落傾向。一方、米中貿易

摩擦に対する楽観論後退等により、今朝の日経

平均株価は下げて始まった。これら直近の経済

情勢を考察して見る。

◇原油価格先物WTIの下落が続く:

このところのWTI価格を下図に示す。今年10月初旬

76$/Barrelの高値を付けたものが、11月初旬には

    出典:chartpark.com/ 原油先物WTIの推移

62$/Barrel台まで急落している。イラン制裁やサウ

ジ問などに対する不安感が和らいだ事が、背景に

あるようだ。ガソリン価格も下がり始めた。今日、

国道を車で走った折、スタンド表示価格が154円/Lの

所もあった。先に160円/L位の高値を付けたばかりだ。

◇日本の株価や為替が下げ基調へ:

先週末にNYのダウ平均が110$下落し、日経平

均は500円超上昇したが、今週明けのには約30

0円下落、21,900円台になっている(at 10:15)

   2018.11.2~5

 出典:jp.investing.com/ ここ4日の株価

。背景には、米中貿易交渉での合意に否定的な見方を

示す米高官sの発言が相次いだ事がある。為替も113.

2円/$(at 10:15)と円安に推移している。

◇日本企業今年4~9月期決算に米中摩擦が影:

日本の主要企業の半数が、今年4~9月期決算で利益が

市場予想に届かなかったと日経が報道。背景には、米

     

      出典:ja.wikipedia.org/ 上海港の様子

中貿易摩擦の影が顕在化した事がある由。日本企業の

多くが、中国で生産したり、先端的な部品を供給した

りしている事で、中国経済の減速が響いて来た感あり。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 孫たちとDisney等で遊ぶ | トップ | 生活に密着したInternet »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事