エネルギー・社会・経済の変化と対応

変化を見極め、対応を考える

脱炭素:自治体等が主導

2017-11-02 09:19:21 | 日記

◇米国での動き:政府に頼らず、自治体や企業が推進;

 トランプ政権が「パリ協定」から脱退、米国の「脱炭素」は後退

 した感があった。しかし、米国の自治体や企業は違った方向を目

         

            出典:can-japan.org

        

             出典:日本テレビ 

 指Dynamicな動きを始めている。米国民は「自主」を大にする

 人たちがいる。マスメディアが報じた情報を基に、事例を見て行く。

◇Texas州Georgtown市が再生エネルギーを推進:

 2017年11月1日、NHK BS-101の国際報道・・石油や石炭の価格

 が変動する。火力発電などの料金が変動し易く不安定だ。環境に

      

   ジョージタウン市にある郡庁舎    ジョージタウンの市長

   出典:/ja.wikipedia.org/      出典:Georgetown市

 いい再生エネルギー(風力発電や太陽光発電)で出来るだけ賄う方針

 を市長が打ち出した。

◇NewYork市 温室効果ガスを削減:

 2017年10月19日付ニューヨーク・デイリー・ニュースが報道・・

 NewYork市にある大規模ビルにて過去15年の間に、5,005棟のビル

 で14%温室効果ガス排出量を減少させた。

      

    NewYork市のビル街        NewYorkの市長

           出典:.dailysunny.com/    

 NewYork市長のビル・デブラシオ氏は2050年までに温室効果ガス

 排出量を80%削減(2005年比)する目標を打ち出した。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加