ちょいてつ

ようこそ。
私の撮影日誌です。
撮影に行ったあと、写真とともにupしてます。
-- 2005/10/6開設 --

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆鹿島鉄道「廃線跡にバスが走る」 - 2007/12/22

2007-12-22 | 鹿島鉄道/関東鉄道
                             ↑石岡南台 2006.1.8

一週間前の記事になりますが、鹿島鉄道の廃線後のうち、石岡~常陸小川間の軌道敷を改良し、バスを走らせようという計画が進行しています。
年明け早々に実現に向けた協議に入るそうです。

石岡~常陸小川間に沿って走る国道355号は、国道6号と合流する石岡で渋滞がひどいことで知られており、茨城空港が出来た後にはさらに渋滞がひどくなることが予想されています。
(茨城空港から常磐道へ出るのに、鉾田を経由し北関東道を友部からというふうには思いませんから。千代田石岡へ行ってしまうでしょう)
バスを走らせるために踏切や信号をつける費用を、鉄道を建設する費用に充てられなかったのかなとか思ったりします。

石岡から常陸小川までの線路敷が早々に取り払われたのは、この計画がすでにあったからなのでしょうか。

ソース:
 茨城新聞
 12/15(土)
 ・鹿島鉄道敷にバス専用路線
  http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly.htm から記事を選択

 鹿島鉄道を守る会
 12/15(土)
 ・鹿島鉄道敷にバス専用路線
 ・軌道敷をバス専用道路に
  http://www.geocities.jp/kasitetu2006/から記事を選択

--------・--------・--------・--------・--------・--------・--------・--------
P.S.演劇集団スリーサイズさん、小川での演劇祭、無事終了されたそうですね。
  おめでとうございます。(12/31)
コメント

共永興業の保存機と「赤川鉄橋」 - 2007/12/1

2007-12-02 | 近畿地区


今日は城東貨物線の淀川鉄橋(赤川鉄橋)へ行きました。
ブログで親しくさせていただいているkikoushiさんとご一緒です。

城東貨物線は吹田から百済を結ぶものですが、おおさか東線のルートとなっており、淀川鉄橋のある新大阪~放出間は2011年度に開業予定です。
淀川鉄橋は複線のトラス橋で、線路が単線分しか使っていないことから余っているスペースに木造の歩道橋を架けた珍しいものです。歩道橋はそのために名前が赤川「仮橋」なのだそうです。
おおさか東線の工事が始まれば、この仮橋は撤去されて複線となります。
列車は早朝,昼間,夜間に走るのですが、早朝から昼間までには時間があるため、大阪市内にて保存SLを見てから行くことにしました。

地下鉄九条駅近くにある共永興業本社に保存されているC57-148号機を見に行きます。
営業時間に見ることが出来るとのことで本社ビルまで行くと、エントランスにはSLが鎮座していました。(外から写すのを失念してしまいました)
どこから入ってよいかがよく分かず、困っていると社員の方が快く建物内に案内して下さいました。(ありがとうございます)

で、こんな感じです。


反対側です。         正面から。
    

後ろにはプレートがいっぱいです。何枚あるのでしょう?


キャブ             説明書き
     

給水栓です。給水中?       こちらは煙突、誰のでしょう?
                    

えっ!生きてるの?


他にも別の機関車の動輪が置いてあります。


こちらは主動輪のみですが、プレートとペアで置いてあります。
  

壁には通過信号機。通過よし!


ほかにも列車名称や行き先サボもありました。


見学を終え(貴重なものを見学させて頂きありがとうございました)赤川鉄橋に向かいます。

共永興業 様のHPです。
 鐵の意志(くろがねのこころ)
  http://www.knic.co.jp/
--------・--------・--------・--------・--------・--------・--------・--------

赤川鉄橋は最寄りの阪急淡路駅から徒歩で15分ほどです。

こんな鉄橋です。


対岸へ向かって渡っていると列車が来ました。
 

次の列車まで少し時間があります。
  お茶をしたあとしばらく待っていると次の列車がやってきました。


次の列車は17時台になります。
ここでの撮影はここまでです。

--------・--------・--------・--------・--------・--------・--------・--------

駅まで戻る途中、公園で保存されているEH10を見に行きました。
こんな感じでカゴの中にいます。
 

もともと近くまで近寄れたみたいです。


61号機の経歴です。


もう走ることはないのでしょうか


kikoushiさん、おつかれさまでした!
kikoushiさんのようなタフな修行にはついて行けませんが、
また機会がございましたら、よろしくお願いいたします

kikoushiさんの記事はこちら
  共永興業~赤川鉄橋

赤川鉄橋で撮影していた時に恐らく近くに住んでおられる方が、「ここを通れるのは年内までってテレビで言うてた」と教えてくれました。出来れば年末にまた来たいです。
コメント (2)