TSUKOモバイル情報

ブログサイトにLANケーブリングに役立つ情報をアップします。
ぜひブックマークに登録お願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

光ファイバのシングルモードとマルチモードの違いについて

2008-10-30 11:00:05 | Weblog
シングルモードの光ファイバは略称SMF(Single Mode Fiber)といい、光を伝送するモードフィールド径が約9μmφ、マルチモードファイバはMMF(Multi Mode Fiber)といって、コア径は約50μmまたは62.5μmです。
シングルモード光ファイバは光の分散が小さいため長距離伝送に向いており、10Gbpsの高速伝送が可能です。しかし、芯径が小さいので接続のときの不整合による減衰が大きく、取扱いは多少困難になります。LAN回線では100BASE-FX、1000BASE-LX、10GBASE-LR、10GBASE-ERなどに使用されております。
マルチモード光ファイバには、ステップインデックス(SI)とグレーデッドインデックス(GI)があります。SIは光の分散が大きく長距離伝送や高速伝送には向いていませんが、価格は安価です。GIは光の分散は比較的小さく、長距離伝送は2km程度まで可能です。伝送速度は最大10Gbpsまで可能です。LAN回線では100BASE-FX、1000BASE-SX、1000BASE-LX、10GBASE-SRなどに使用されており、価格は高価です。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 難燃PVCとFRPEの違いについて | トップ | 光コネクタの研磨でPC研磨とは »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事