ひかりのことば *豊葦原瑞穂国に光満ち溢れさせたまえ*

すぐ傍にある、美しいもの・こころやすらぐものをみつけました。一緒に楽しんでいただけたら幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひふみの祝詞の唱え方。

2008-03-02 21:54:52 | ひかりのことば
一歩一歩さんよりお話がありましたので、ひふみの祝詞などの唱え方を御紹介しますね。

ひかりの和(輪)をひろげてゆかれているお仲間で、瑞希さんという方がいらっしゃいます。「天地を結ぶ虹色の糸」というブログで、まさに御紹介されていましたので、御案内しますね。「天地を結ぶ虹色の糸」の「徒党を組む輩に注意あれ」という記事です。


こころがざわめき、暗闇に突き落とされたような緊急のときには、

一旦一呼吸してから、自分が理想とする「光輝く姿」を
「できるだけ強くイメージ」してください!

*「国常立大神 様 (くにとこたちおおかみ さま)
  守り給へ幸はへ給へ(まもりたまえ さきわえたまえ)」

*「素盞鳴大神 様 (すさなるおおかみ さま)
   守り給へ幸はへ給へ」

*「大日月地大神 様(おおひつきくにのおおかみ さま)
   守り給へ幸はへ給へ」

この3つのなかで、一番しっくり感じるものを三回繰り返します。

神社や時間の取れる時には、【ひふみ祝詞】を3回唱えてください。

ひ ふ み

よ い む な や

こ と も ち ろ ら ね


し き る

ゆ ゐ(い)つ わ ぬ

そ を た は く め か


う お え

に さ り へ て

の ま す あ せ ゑ (え)ほ れ- け-


意味を考えるのではなく、ひかりをイメージして、「音」を響かせることに集中します。

*いずれの場合も、トラブルの相手を負かすとか、
自分のブルーになってしまった気持ちを晴らしたい、
という思いで唱えるのではなく、

*愛と勇気と正義でもって、すべての問題を解決できるよう、
お力をお貸しください!という想いを込めて、
その気持ちを神様に誓う気持ちで唱えてください!!

きっと目の前に立ち込めていた暗雲に光が差し込むことでしょう!(瑞希さまより)



大先輩のまいみくさん、「クニトコタチ」さまから、唱え方を御教示いただいていますので、それもあわせて御紹介します。

*ひふみ祝詞は,浄化力の最も強い祝詞の一つです。
どの祝詞にも言える事ですが,祝詞は,読むのではなく,「のる」のです。
「祝る」とはどういう事かと言いますと,お腹からはっきり声を出して,歌を唄う様に唱えることなのです。
最も,分かり易くいえば,小唄や長唄の様に謡うのです。
その方法は,とても単純ですが,大変,大事なやり方なのです。

もし詰まったり突っ返たりしても,心配しないで下さい。
最初の時は,間違いは誰にでもあるものです。
祝詞を間違えたら,間違わなくなる迄,何度でも始めから,祝詞をのり直し,
やり直して下さい!
未習熟者が,祝詞を間違えたからと言って,日本神界の神々様方が,
お怒りになる事は,決してありません。
自分の納得いく迄,お腹から声を出して,歌う様に祝詞を唱えるのがコツです。
どうぞ少しでも多くの方々に神の御光りを彌榮!クニトコタチ

*ひふみ祝詞は,御自分の声のトーンに合った,唱え方で結構だと思いますが,
出来れば御自分の音域の中で,1番高いオクターブで,歌を唄う様にお唱えされると,いい波動で祝詞が唱えられる様になります。
1オクターブ上の音階で,祝詞をノリますと,声が身体の中で反響しながら,
高いバイブレーションとなって,向こうの世界迄す~っと,届くのです。
これは,ひふみ祝詞に限らず,全ての祝詞や経文にも言えることですね。
祝詞・経文は,神仏とコンタクトする鍵の様なもの。
神仏に身を委ねる無心な気持ちで,御自分が,神仏の光りと共にあることを
実感しながら,お唱え下さい。合掌。彌榮。クニトコタチ

*ひふみを歌を歌う様に,上手く唱えることが出来たら,
次に必要な事は,【光りのイメージ】です。
【光りのイメージ】とは,具体的にどういう事かと申しますと,
天から沢山の光りの渦が,まるで大きな柱の様に,降り立って来て,
自分の頭上に真っ直ぐに,降りてくるイメージです。
これは,実際に光りを降ろせる様になると,よく分かることです。
先に,ひふみ祝詞は,最も浄化力の強い祝詞の一つだと,申し上げましたが,
光りを降ろすイメージと共に祝詞を奏上すると,更にパワーアップするのです。
修行を積めば,多少の邪気は誰でも,祓える様になるでしょう。
そこから先は,資質が左右しますので,それ以上は深く望まぬ事です。
基本的に,自分の心の安寧と,家族や愛する人々の健やかなる事,
そして魂の進化を目指して,ひふみ祝詞をお唱え下さい。彌榮。クニトコタチ


*ひふみ祝詞を唱える時に,1番気を付けけねばならない事は,
皆さん何だとお思いでしょうか?
それは皆さん,意外に思われるかも知れませんが,ひふみ祝詞を唱える時に,
「決して,祓おうなどと思わぬこと」なのです。
矛盾している様に,感じられるかも知れませんが,所詮,自己の僅かな能力,
人間の力などで【祓い浄め】るなど,力不足にして恐れ多い事なのです。
自分の小さい力で祓おうなどと思わず,「無心になって」,
【神の光りの導管】となれた時のみ,【神の光りの生宮】となりて,
神の御用を,させて戴くことが出来るのです。
ですから,「未熟な者が,神社を祓い浄めるなど」もっての他であり,
邪気・邪霊の餌食になるのが,落ち なのです。
夢々,勘違いなさらない様に,お気をお付け下さいませ。
祓い浄めの御役は,人が決めるものではなくして,神のみぞ決めるもの哉。
彌榮。クニトコタチ

*無心になって,神にこの身を全て預ける気持ちで,祝詞を奏上しますと,
自分の身体が,【神の生宮】となり,【神の楽器】となるのです。
ですから,ひふみ祝詞を無心で唱えていますと,自分の声の波動が,
音のバイブレーションとなって,神界,霊界に,スゥ~ッと届くのが分かる様になります。そうなった時初めて,本当の祓い浄めの浄化の神業が,出来る訳です。
ですから,ひふみ祝詞をただ読んでいるだけでは,それは祝詞とは言わない訳ですね。
皆さんも,【神の楽器】となりて,ひふみ祝詞をお唱え下さい。彌榮。クニトコタチ

*気負わず肩から力をぬいて,常に謙虚な心で,御神前に向かうということは,
とても大事なことですが,これが簡単な様でいて,意外と中々難しいのです。
未習熟者には未習熟者の気負いがあり,習熟者には習熟者の,思惑や気負いというものがあるものです。
では,どの様にすればいいのかと申しますと,「真っさらな気持ち」,「生まれ赤子の様な気持ち」,になって,自分が何かしようなど一切考えず,全ての問題を一旦,神に委ねて,ひふみ祝詞をお唱えしながら,家族や愛する人,そして一人でも多くの人々の幸福や,日本の平和・世界の平和をお祈りするのです。そうしますと,やがて御神気が降り,神の光りのシャワーを感じられる様になります。
私達一人一人が,心の安寧と,神仏への憧憬と家族や周囲の人々への感謝の気持ちを忘れず,【愛と感謝の光り】を自分の周囲から拡げて行くことが,1番大切な事だと思います。
合掌。彌榮。クニトコタチ


*数え歌の祝詞
「ひと・ふた・み・よ・いつ・むゆ・なな・や・ここのたり
 ひと・ふた・み・よ・いつ・むゆ・なな・や・ここのたり
 ひと・ふた・み・よ・いつ・むゆ・なな・や・ここのたり
 ももちよろず」



わたしは神社に参拝した折には、「あーおーうーえーいー」を3度繰り返し、(ラの高さがわたしには丁度よいです)一番通りやすい音程を探します。
そして、ひふみの祝詞をゆっくり歌うように(自分で節をつけています)3・5・7でくぎって、3度奏上します。(このとき、音にあわせて、手拍子をうちます。売った後すこし指先を内にまげて、ハートの形になるようにして、手先を上にむけてうちます))それから、数え歌の祝詞を奏上します。そして、「この神社に鎮まります神々様、弥栄ましませ・いやさかましませ」と三度奏上し、上の*の神々様の弥栄も三度奏上します。それから、あらためて2礼2拍手1礼をして、会釈して下がります。
(それから、写真などを撮らせていただきます。個人の願い事はしません。「ご縁があって、御前に御挨拶させていただけたことを感謝申し上げます」、「豊葦原の瑞穂の国に光り満ち溢れさせたまえ」、と御挨拶します。)


長くなりましたが、御参考になれば幸いです。




あなたの心に届きましたら、それぞれぽちっとクリックお願いしますね。おおくの人のこころにお届けしたいので、ブログランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
エア・ランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 光明真言 | トップ | 今日の音楽 -LET IT BE:ビ... »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (一歩一歩改めYossy.)
2008-03-03 23:02:11
桜さま
 ひふみ祝詞・ひふみ数え歌を ありがとう御座います。心から感謝いたします。今まで、情報としては、目にしたことがあったのに、なかなか踏み込めずにおりました。でも、今は素直に学ぼうと思えます。
 クニトコタチさんを、とても尊敬して超人のように感じていましたが、今日のコメントで、同じように生身の身体で、多くの人の為に戦っていらっしゃることを改めて知りました。涙が溢れました。

なるほど! (ピングー)
2008-03-04 10:52:35
ひふみ祝詞は覚えたのですが
どうやって読んだらよいのか、ずっと分かりませんでした。

スッキリしました!
どうもありがとうございます!
お役に立ててなによりです。 (月下  桜)
2008-03-04 21:18:21
Yossy.さん、いま、まさに必要としているときでしょう。どうぞお受け取りくださいませ。
瑞希さん・アルクトゥルスさん・クニトコタチさんから、教えていただいていたことが、広く皆様に伝わり、戸惑うことなく、「おさなごころで」唱えられ、ひかりのうつわとなられる一助となりますことを、感謝いたします。
ひとり・ひとり、それぞれの課題があり、お役めがあるのです。「誰より進んでいる・先んじている」とおもう「慢心」がもっとも慎むべきこと。。。。それぞれの力量にあわせて、こつこつとあゆんでゆく様をかみさまは、いつも見ておいでですから、だいじょうぶですよ。

ピングーさん、お役に立ちまして、なによりです。晴れ晴れと奏上してくださいね!
光のイメージ (タカハシ)
2011-08-20 11:52:01
思うように祝詞が唱えられず、もやもやしておりました。判りやすく教えてくれるところに出会えてうれしいです。ありがとうございました。
ひふみ祝詞 (藤子)
2013-04-24 21:19:29
ひふみ祝詞について、知りたいな、と思っていましたので詳しく書いていただいていて、理解できました。ありがとうございました。
ひふみ祝詞 (祐子)
2015-11-01 10:19:46
ひふみ祝詞のことを知りたく思い…
ここに辿りつきました。
教えていただき、ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2015-11-01 15:29:57
糞だよ!

一二三は本来招霊の祝詞
素人が始めるとこんな変な風になってしまう!

コメントを投稿

ひかりのことば」カテゴリの最新記事