月色草子 別巻

船・飛びものなどに関して徒然に綴っています

画像を使われる際にはご一報ください。

百里基地航空祭2018 その1

2019-01-07 23:40:48 | 飛びもの
当日朝、とにかく時計を横目に身支度を整えて出発。ホテルに大きい荷物を預けられて助かった。
時間のロスになるのは分かっていたが足を伸ばして昼食調達。会場で買えるかは読めないため。

石岡駅に着いたら長蛇の列ができていた。
皆様一体何時から並ばれているので。。
折々に外国の御仁が並ばれているのが印象的だった。ファントム狙いかなぁと。

ほぼ定刻に列が動き出してチケット購入、暗い階段を通りつつバスに乗り込む。前回学習して立ち乗り。次のをと回すといつ到着か分からない、とその時は思っていたため。
動き出したら前回とは別の道を通っているかのようにスムーズだった。今回から基地に駐車場を作らず大洗とあと1箇所駐車場を作ったとか。ルートはあまり変わらないはずなのにほぼ渋滞知らずで道を進み、あっさり基地に到着した。
ぜひ次回もこのパターンにしてほしい。強く願う。(終わりの見えない渋滞とか到着時間が見えないとかプログラム開始に気をもむとかもうもうもう)


会場に着いて気楽に見て回る。地上展示はおおまかでいいか、と歩いていて足が止まった。

IMG_9424
IMG_9424 posted by (C)月笛
F4ファントムスペマ並び立ち。


IMG_9448
IMG_9448 posted by (C)月笛
両方撮ったけれど、個人的に白のほうが好き。


IMG_9450
IMG_9450 posted by (C)月笛
ファントム列線と。
タラップ?にも赤い羽根が描かれていたとか。
本当に本当に格好良かった。


IMG_9451
IMG_9451 posted by (C)月笛
ファントム列線。見られてよかった、と感慨にふける。


ファントムを見ていたあたりだったか、エンジン音が聞こえてぎょっとした。ファントムじゃない気がする、オープニングフライトの離陸?どこだ、と探して人垣の隙間に潜り込んだ。

IMG_2966
IMG_2966 posted by (C)月笛
エンジン音の正体はF15イーグルのエンジンが動いていた。整備員さんが鼻先にいてコックピットが閉まっている状態。ラダーのチェックまで行っているように見えて、飛ぶの…?と半信半疑で見る。そのうちにエンジンが止まってコックピットが開いた。ただのチェックだったのかなんだったのか。
いずれにせよ、エンジンのかかっている状態を見られるのが楽しい。


IMG_9453
IMG_9453 posted by (C)月笛
コックピットが開いた状態で暫く見ていたらパイロットさんが通過した。なんかリアルだ。


IMG_9459
IMG_9459 posted by (C)月笛
そうこうしているうちに天候偵察のT4が離陸。301飛行隊のよう。


見送って、迷った末に自陣を定めた。
だんだん人も増えてくる。混む前に地上展示を見終われたのは重畳。



IMG_2986
IMG_2986 posted by (C)月笛
体勢が整ったところでT4飛来。このときは「まだ」青空があった。


IMG_2994
IMG_2994 posted by (C)月笛
別のT4着陸。筑波山と。


IMG_3010
IMG_3010 posted by (C)月笛
お手振り。ありがとうございます


IMG_3018
IMG_3018 posted by (C)月笛
合間に民間機が飛ぶ。


IMG_3022
IMG_3022 posted by (C)月笛
302飛行隊のT4通過。背中がよく見える
IMG_3048
IMG_3048 posted by (C)月笛
オジロさんところのお手振りが一味違っていて吹き出した。おかしい。サービスありがとうございます、そして笑いがこらえられなくてぶれる。というかカメラを持っていられない。




続々と離陸が始まった。

IMG_3066
IMG_3066 posted by (C)月笛
UH-60Jが動き出した。


IMG_3070
IMG_3070 posted by (C)月笛
離陸。そしてよく見るとバブルウインドウからお手振りされていた模様。気づかなかった


賑やかになってきた。エンジン音が三回連続で聞こえると身構える。

IMG_3086
IMG_3086 posted by (C)月笛
501飛行隊離陸。洋上迷彩と通常迷彩(正確な名称分からず、以後通常迷彩と記載)


IMG_3094
IMG_3094 posted by (C)月笛
必死に追った。確認したときの嬉しさと言ったら。


IMG_3115
IMG_3115 posted by (C)月笛
301飛行隊離陸。

IMG_3125
IMG_3125 posted by (C)月笛
なんとか載せられるのがこちら。もう必死。


IMG_3137
IMG_3137 posted by (C)月笛
302飛行隊離陸。


IMG_3143
IMG_3143 posted by (C)月笛
やった。撮れた…!


TACデバーチャーは撮りたいと思い続けて幾星霜、だった。
今のレンズに変えて百里の外柵から見送ったのに端を発し、岐阜で「それと認識して撮る」も撃沈、その後も肉眼レフが続き、今回初めて立ち位置を考えてTACデバーチャーを撮るのに望んでいた。
きっちり撮れていないのは重々承知、出来が悪いのも承知。けれどどんな形であれ初めて形になったのが素直に嬉しい。とても嬉しい。
現地でも何度もモニターを見直していた。


IMG_3158
IMG_3158 posted by (C)月笛
UH-60Jの通過。


そしてこの前後か離陸時かは失念したがU-125Aをヘリ設定のまま撮って全滅。ファインダーを覗いてやけにピントが合うのが遅いと思ってはいたが、ssに気づいたとき愕然とした。
救難は本当にssに注意しなければ。


IMG_9469
IMG_9469 posted by (C)月笛
編隊飛行、通過。
F4ファントム6機。壮観。



オープニングフライトが終わったらしく、アナウンスを聞きつつ待っているとファントムのお腹が撮れた。

IMG_3195
IMG_3195 posted by (C)月笛
3本タンク。
もうとにかく動いているファントムが見られるのでテンションが上がりっぱなしである。


IMG_3206
IMG_3206 posted by (C)月笛
301飛行隊のF4、着陸。後ろには筑波山。このときにはまだ筑波山が見えていた。
筑波山のガマガエルがこのカエルのモチーフ、と考えると見る目も違ってくるか


IMG_3227
IMG_3227 posted by (C)月笛
301飛行隊ファントム2機タキシング。もうファントム好きにとっては言葉にならず。お腹に1本のタンク。


IMG_3243
IMG_3243 posted by (C)月笛
お手振り。


IMG_3252
IMG_3252 posted by (C)月笛
お仕事中か、お忙しそうだった


IMG_3265
IMG_3265 posted by (C)月笛
302飛行隊ファントム着陸。


IMG_3278
IMG_3278 posted by (C)月笛
タキシング。見ると2機とも3本タンク。


IMG_3306
IMG_3306 posted by (C)月笛
お手振り。


IMG_3315
IMG_3315 posted by (C)月笛
こちらもお手振り。ありがとうございます。


IMG_3319
IMG_3319 posted by (C)月笛
もうこの姿を航空祭で見ることはない、と思うとしんみり。




偵察飛行(写真撮影)のプログラムが始まった。
そしていつ写真撮影をしたのか分からず終わる。エプロンから離れているからしゃあない。


IMG_3335
IMG_3335 posted by (C)月笛
501飛行隊ファントム洋上迷彩通過。


IMG_3340
IMG_3340 posted by (C)月笛
501飛行隊ファントム通常迷彩通過。なんでだろう、普通のファントムより迷彩の方が撮り高が高い気がする。オジロさんやカエルさんをきっちり撮ろうとして試行錯誤しているのに。


IMG_3362
IMG_3362 posted by (C)月笛
迷彩と(少し)紅葉?と筑波山。
ドラッグシュートはできれば生で、少なくとも動画で見ると格好良さが少しでも伝わる気がする。開く瞬間や切り捨てる瞬間まで見ていると興味深い。


IMG_3367
IMG_3367 posted by (C)月笛
タキシング。


IMG_3380
IMG_3380 posted by (C)月笛
お手振り。ありがとうございます。


IMG_3399
IMG_3399 posted by (C)月笛
空挺降下のプログラムもあったらしい。この天気なのに降りてくれた。




捜索救難展示が始まった。U-125Aがキャンセルになったとかなんとか聞いた気がする。おそらく記憶違い。

IMG_3400
IMG_3400 posted by (C)月笛
UH-60J、離陸。


IMG_3406
IMG_3406 posted by (C)月笛
出発。バブルウインドウにはおそらくひゃくりん。
当日夕方か夜か、ひゃくりんが出没していたと知って探してみたら確かにいた。


IMG_3416
IMG_3416 posted by (C)月笛
要救助者を発見、からのリペリング。工程から工程が早い早い。
見る間に収容して去っていった。


時間が経つにつれて雲は厚くなるし風は冷たいしでとにかく寒い。たまらず予備のホッカイロを使った。入れておいて本当に助かった。
カロリー補給で飴も口に入れた気がする。いつぞやの習志野では飴で凌いで助かったのを覚えていたので持っていっていた。備えあれば、を痛感。



切ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 百里基地航空祭2018前日予行 | トップ | 百里基地航空祭2018 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

飛びもの」カテゴリの最新記事