月色草子 別巻

船・飛びものなどに関して徒然に綴っています

画像を使われる際にはご一報ください。

第二術科学校オープンスクール2018 その4

2018-10-28 08:00:54 | 
ガスタービンエンジン動作展示までの時間を使って校舎内の展示を見学。
居室展示に行ってみるとちょうど人が居なかったので入ってみた。

100
100 posted by (C)月笛
机周り。ものがない…。寒々しいまでにものがない。教科書とかどうしているのかとても疑問。

101
101 posted by (C)月笛
ベッド周り。このベッドが「台風」でバラバラになるとかならないとか。。

103
103 posted by (C)月笛
噂の「バームクーヘン」。毛布の折りたたみの側面を指した名称だった、気がする。

104
104 posted by (C)月笛
それにしても生活感が皆無である。展示ということもあるだろうけれど、学生の時机の上に必ずあったイメージのある本棚や書籍ノート類がないのも目新しい。
寒々しいほど。病院のようだ、とも思う。と同時に教育の独自性にも考えが至って納得した。


英語学習のeラーニングをやってみた。
単語の聞き取りはそこそこ良い点を出せた。
会話になった途端に聞き取れない。文法からやりなおさないと(苦笑)


史料室に入って、大きな収穫があった。

105
105 posted by (C)月笛
軍刀の展示。
こちらは正式には「元帥刀」というそう。

109
109 posted by (C)月笛
解説。

係の人?が近づいてきて説明してくれた。
当時、戦時中ということもあり鉄が不足、拝領する軍人の希望もあり「タケミツ」(竹でできた刀身)になったとのこと。
美術品は時代を映すのか、と実感していた。今まで見ていた日本刀と全く違う。刀身だけでも、拵えだけでも。


他にも何振りか脇差か短刀クラスが展示されていた。おそらくすべて昭和年代に鍛刀され、軍人に下賜?されたもの。
すべて銘に刀工の名はなく、年月日は読み取れたがそれ以上はわからず、という状態だった。
刃文を見ようとしたが流石に無理。かなりシンプルだったように思う。完全に実践より守り刀、象徴としての存在、といったように見えた。
海自ができる前の「軍」としてのあり方を垣間見た気がして、まず思ったのが(生半可に手を出してはいけない分野)ということ。基礎ができるまではこうして史料公開で拝見するくらいが私にはちょうどいいのかもしれないし、現時点ではそこまで手を出さずに美術品として遭遇したら拝見するレベルにしたい所存。

110
110 posted by (C)月笛
ふと気づいてシャッターを切っていたら案内していた係の人に「やっぱりみんな撮るね」と声をかけられた。
きれいに整えられているので、つい。失礼しました。

112
112 posted by (C)月笛
色違いもあった。



その後無事にガスタービンエンジンの動作展示も見られた。
音が完全にイーグルのエンジン始動。テンションが上がる、血が騒ぐ。

アナウンスで丁寧に解説していただいて、勉強になった。最初から燃料を入れずに空気で回転させてテストしてから燃料を入れるのは今回で初めて知った。音も全く違う。面白い。

エンジン始動の後エンジンカットまで見せていただいて、お開き。完全にイーグルのタキシング前と後だ、と思ったのは事実。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第二術科学校オープンスクー... | トップ | 入間基地航空祭2018予行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事