月色草子 別巻

船・飛びものなどに関して徒然に綴っています

画像を使われる際にはご一報ください。

海と日本PROJECT in 晴海2018 船舶見学 その2

2018-08-19 12:00:26 | 

059
059 posted by (C)月笛
暑さと体調と相談しつつ、SHIRASEに向かう。
こちらは以前見たことがあるので大あらに。

061
061 posted by (C)月笛
中に入ったら調理室が見えた。

062
062 posted by (C)月笛
流し。

063
063 posted by (C)月笛
居室も見せてもらえた。大きい船だがやはり個人用スペースは狭いんだな、とも思う


艦内を移動するうち、冷房は効いているのだろうけれどいかんせん人が多いためちょうどいいのかぬるいのか分からなくなってくる。スタンプラリーの指示に従って先へ先へと進むと最後は艦橋と艦橋上の上甲板までたどり着いた。
移動だけで暑い。しかし上甲板の暑さは半端なかった。考えてみれば金属板の上で炎天下、フライパンとバターと卵があったら目玉焼きにチャレンジしたいくらいの暑さだった

070
070 posted by (C)月笛
艦橋上より。ちょこっと見えているのがSHIRASEのへさき、前の白い船がぶこう、青いのがベルーガエース。左前にフジテレビが見える。


煮上がりながら艦橋に撤収してきた。冷房が効いていてとてもありがたかった。そして甲板から数えると2・3フロアは登っていた覚えがあるが失念、暑いと本当にバテる。

073
073 posted by (C)月笛
印象に残ったもの。航海中一番動揺した角度。船内どうなっていたことやら


ある程度冷えたところで撤収、下船して演奏会会場へ向かった。
よこすかも行ければ行こうかとも思っていたが主に体力の限界で断念。


075
075 posted by (C)月笛
晴海埠頭より離れる前に全景を撮ろうとトライしてみた。
結果、惨敗。ベルーガエースが大きい。
ベルーガエースだけで撮ろうとしても胴体だけ切り取る羽目になるので、こういう船舶は別格だと見上げていた。


071
071 posted by (C)月笛
航行しているぶこうと停泊しているぶこうを見られて貴重な機会をいただいたな、と思っている。
煮上がりながらでも行けてよかった。

帰りは同じくバスに揺られて駅へ。暑さ対策万全にして正解の1日だった。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 海と日本PROJECT in 晴海2018... | トップ | 音楽まつり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事