月色草子 別巻

船・飛びものなどに関して徒然に綴っています

画像を使われる際にはご一報ください。

入間航空祭2018 その3

2018-11-23 12:00:29 | 飛びもの
昼休憩に入って一気に人口密度が上がった。下手に動くと戻れなくなりそうな、そんな混み具合である。
…というより通路が人で埋まって動いていない。これは自陣を離れられない。



ブルーインパルスの時間が近づいて隙間がなくなっていく。

632
632 posted by (C)月笛
コックピットでスタンバイしているのを隙間から見つつ、時間を待った。



ブルーが始まると今回は1機ずつ離陸していった。どうやら上空で4機集合するらしい。

第二陣の超低空からのハイレートも堪能した。人間業とは思えない。

687
687 posted by (C)月笛
上空から、来た。

706
706 posted by (C)月笛
ファンブレイク。

720
720 posted by (C)月笛
課目名失念。

776
776 posted by (C)月笛
スモークが綺麗に伸びていくのを見送るばかりである。

790
790 posted by (C)月笛
重なりの狭さに2度見する。どうなってる。。

957
957 posted by (C)月笛
エンジン音が聞こえだし、おや、と思ったらF-2に動きがあった。これがまさかあんなことになろうとは。

963
963 posted by (C)月笛
タッククロス。

969
969 posted by (C)月笛
宿願かなった!!これが撮れたのは嬉しい。

992
992 posted by (C)月笛
コークスクリュー。


スモークで軌跡を描きつつオーバーヘッドアプローチ?の後次々帰ってきた。

1023
1023 posted by (C)月笛
着陸。


1033.1
1033.1 posted by (C)月笛
6機着陸して落ち着いたかどうか、というところでF-2が動き出した。
よくよく見ると窓に「自衛官募集」の文字。確かにここで出せば注目度満点。。

1042
1042 posted by (C)月笛
ブルーのウォークダウン直後くらいに県警ヘリ、離脱。変な時間に飛ぶな、とはこのとき思った。

1045
1045 posted by (C)月笛
そしてブルーが記念写真を撮ります、とアナウンスで言って撮ろうとしているだろうところでF-2離陸。帰投。
なんで、と時計を見たら帰投オンタイムだった。ブルーの途中でストップがかかったのが影響していたのかもしれない。


1079
1079 posted by (C)月笛
ブルーの様子を見るのを諦めてF-15Jへ意識を切り替えた。
イーグルも動き出す。
転がりを撮っている最中に「FULL」とファインダーに出てしまった。よく考えたらブルーの後30分余裕があるからそこで交換しようと考えていた。しかしそこがカットされたため弾切れ。
歯噛みしつつメディアを入れ替える。

1126
1126 posted by (C)月笛
1パスに間に合った。
ゴールデンイーグル、小松へ帰投。


1198
1198 posted by (C)月笛
C-2、美保へ帰投。1パスしてくれた。


1205
1205 posted by (C)月笛
E-2Cが位置だけ動いた、と思ってはいた。
見る間にたたまれていた翼が広がり、ペラが回り、飛行機らしく動いていく。

1233
1233 posted by (C)月笛
動いているところを初めて見た。

1246
1246 posted by (C)月笛
加えて翼フリフリつき。ペラついててお皿背負ってても翼振れるんだ、と瞠目。

1246
1246 posted by (C)月笛
空が夕焼けに染まる中、T-400帰投。

1287
1287 posted by (C)月笛
SH-60J、離陸。バブルウインドウからは見覚えのある旗が。

1287
1287 posted by (C)月笛
そのまま帰らず「ヘリ、会釈」。機首がおじぎのように一度上下した。ヘリってこんな器用な真似も(ry

1310
1310 posted by (C)月笛
帰投。行き先は館山かどこか分からない。

1341
1341 posted by (C)月笛
AH-1S、帰投。今回は陸自ヘリがほぼ来られなかった形となった。

1362
1362 posted by (C)月笛
U-125A、帰投。

1397
1397 posted by (C)月笛
UH-60J、帰投。…バブルウインドウから撮られているのはおそらく気のせい。

1471
1471 posted by (C)月笛
C-130H、帰投。

1476
1476 posted by (C)月笛
「これで帰投は終了です」とアナウンスがかかった後に帰投したヘリ、約1機。
低空のまま抜けていった。

IMG_0580
IMG_0580 posted by (C)月笛
帰路、去年こうだったからと思って見上げてみたらビンゴ。

IMG_0581
IMG_0581 posted by (C)月笛
場所を移してもう1枚。ピースサインありがとうございます!まさかのポーズ。


バス乗り場に行ったらもう締め切ったとのこと、人に習って門へ続く行列につく。そのまま帰路についた。


最初から最後まで気を抜けず楽しませてもらった航空祭だった。
コメント

入間航空祭2018 その2

2018-11-22 12:00:46 | 飛びもの
本当に息をつく間もなくプログラムが進む。

234234 posted by (C)月笛
C-1、お出まし。待ってました!

237237 posted by (C)月笛
カブキC-1のお披露目。

245245 posted by (C)月笛
C-1展示飛行。…展示?機動じゃなく??

280280 posted by (C)月笛
C-1ファンブレイク。

293293 posted by (C)月笛
テストを経て、空挺降下。見ているとよく空中で絡まらないな、と思うし空間認識が常人ではないな、とつくづく思う


316316 posted by (C)月笛
C-1が着陸態勢に入る。オーバーヘッドアプローチ(名称未確認)。すさまじく綺麗だった。


375375 posted by (C)月笛
着陸もカブキC-1だけ一味違って、逆噴射を用いた短距離着陸。きっちり止まってみせた。

C-1もあと何年どうかと聞いたこともあるが、好きな航空機であることには変わりないだろうなと思う。



好きなものが続くと疲れは感じないらしい。T-4シルバーインパルス、おでまし。

385385 posted by (C)月笛
1番機離陸。

409409 posted by (C)月笛
次々飛び立っていく。

425425 posted by (C)月笛
…これ、ブルー関連の人の監修入ってないか、と離陸を見送りつつ思う。何か、似ている。


469469 posted by (C)月笛
編隊飛行その1。


485485 posted by (C)月笛
ブレイク。

529529 posted by (C)月笛
傘型隊形?


途中、パイロットの紹介を同じ部隊の人?が人となりを交えてメッセージ付きで一人ずつしてくれた。
1番機は1佐でこの航空祭が最後の航空祭になるとのこと。動きの切れ味の鋭さも全部納得。
パイロットさんは明るい人が多いな、というのと、意外に普通の人なんだな、とちょっと拍子抜けした。もっと「別の世界の人」なのかと思っていた。

569569 posted by (C)月笛
ラストはオーバーヘッドアプローチ?。すさまじく、綺麗だった。
同じ軌跡を描いて次々着陸していって、祭りの終わり、といった感だった。

622622 posted by (C)月笛
主役の帰還。


会場の外で見たのも楽しかった、会場で見るのもまた楽しいなと思う。

コメント

入間航空祭2018 その1

2018-11-21 22:10:46 | 飛びもの
迎えた当日、天気予報も心配なくて雨装備ははなから抜く。
機材も軽量化を目指して軽く仕立てた。おそらく地上展示は撮れないだろう、かつ、いざとなったらスマホかコンデジで、という体勢である。

現地について人の多さに出遅れたかなと列の後ろについた。わかってはいたが人が多い。
ほどなくして列が動き出したのには驚いた。早めに中に入れてくれるらしい。

段階を追って、門を通過、手荷物検査、外周、エプロン前の通路、と列が進んでいく。途中他の門からの入場列と合流して一瞬殺気立った。危ないところには近寄らないのが一番。

エプロン前でスタンバイしてまだかまだかと緊張感が高まっていく。
間もなく開門、のアナウンスがあった後規制線は解かれずじわじわと進んでいった。これは?と思ったらそのまま規制線が横に広がる。結局開門ダッシュはしたくてもできない状態。
いつまでついていっても規制線は解かれず、聞いてみたら向こう側の群衆の規制線と合流するまで規制線が生きるらしい。
…目指すところに行く頃には埋まっている。
じわじわと規制線が広がるごとに群衆がバラけ、合流するだろう頃にはかなり密度が薄れていた。
流れに乗って自陣も確保。これで安心。

最低限整えて、時間に余裕が少々あったので買い物へ。目的は赤塚聡先生の卓上カレンダー。一昨年は混雑にもまれて買い逃した。恐ろしく見事な航空機写真が程良いサイズで月替わりで見られる幸せを手に入れられる。
歩きだしてすぐに離陸の爆音が聞こえて一瞬ほぞをかんだが離陸はパス。どのみち同じ航空機が部隊の飛行展示で離陸を見せてくれる。

途中、展示が設けてあって見入った。発案した人も作った人も腕利きだなと思う。


無事にカレンダーと早めの10時のおやつを入手し陣地に戻ると、地上展示が遠目から見ても混みだしたのが見えてこちらもあきらめた。飛んでいるところを撮れればいい。
歌舞伎C-1が撮れなかったのは少々残念だが。
また、過去地上展示を見に行ったらミス航空祭だかの着物美女パレードに遮られて撮れなかった記憶も蘇り、無理はしない。
なにせこれからの一日が長い。


そろそろ時間か、と思っていたら来た。

003003 posted by (C)月笛
オープニングフライト、YS11とT4。


間をおかず飛行点検隊、飛行展示。
035035 posted by (C)月笛
編隊飛行。


042042 posted by (C)月笛
YS11。逆光の赤は私の腕だと綺麗にでない。。


055055 posted by (C)月笛
U125。見た目のイメージより切れ味鋭く飛んでいくと思うのは私だけか。


064064 posted by (C)月笛
YS11のお腹。昨年のアナウンスにあった「ダート音」を堪能。



前後しつつエンジン音を轟かせてC-1が上がっていく。本当にエンジンに火が入ったときから離陸までの動きと音は無条件にテンションが上がる。

087087 posted by (C)月笛
ついにカブキC-1を間近で見られた。

092092 posted by (C)月笛
ノーマルC-1。


107107 posted by (C)月笛
C-1とブルー。水平が狂ってるのは自覚済みorz



あまり(飛ばないな…)と思った記憶はない。矢継ぎ早にプログラムが進行していく。気づかないうちにUH-60Jのエンジンが動き出し、ローターブレードが回りだしていた。

117117 posted by (C)月笛
UH-60Jが離陸する。気づけば棒付き。あまり見ない、気がする


U-125Aの離陸は全滅した。ヘリを撮っていたまま撮った、でお察しください。。


CH-47Jもさり気なく離陸してローター音を響かせている。が、予想外だったのはここから。
アナウンスが、予想の遥か斜め上を行っていた。

小気味よくアナウンスしているな、と思ったら
「右手を上に上げて」
「チヌーク!」
「チヌーク!!」

どこかで聞いた覚えのあるフレーズ。もしやチヌーク兄さん再来か。

とにかくアナウンスに笑かされて記憶がさらに曖昧になっている。

122122 posted by (C)月笛
力持ちチヌーク。


140140 posted by (C)月笛
チヌーク、放水。

143143 posted by (C)月笛
チヌークコールを受けて飛ぶCH-47J。「皆さんの声は届いていると思います!」と言われてもおそらく物理的に生では無理でh、そうですよね届いていますよね!


146146 posted by (C)月笛
更にチヌークが動く。
チヌーク加速のスタイル。いきなり動かれてついていけなかったorz

166166 posted by (C)月笛
チヌーク勇姿。


いや笑った、アナウンスに誘発される笑いをこらえながら撮ったからかほぼ全滅。腹筋の鍛えが足りなかった模様。
アナウンスで「ひゃっほー!」を聞く日が来るとは思わなかった。めっちゃ楽しかった。


やっと笑い収めて体勢を整える。救難展示と聞いたら気を抜いたら全滅する。。

168168 posted by (C)月笛
U-125A登場。


178178 posted by (C)月笛
こちらもさくさく飛び回る。ヘリの背中を撮れたときにはこんなにヘリって動くのか、あっけにとられた覚えがある。特にこのUH-60Jは気を抜くと全部ブレる。


204204 posted by (C)月笛
見ているうちに「遭難者を発見した体」でロープが落ち、リペリングが始まった。


213213 posted by (C)月笛
救助者が吊り上げられている最中にもU-125Aは周りを飛ぶ。


217217 posted by (C)月笛
ラスト、このまま終わるかと思ったら救難員?からお手振り。


228228 posted by (C)月笛
展示が終わって駐機場所に戻る途中を切り取ったら、茶色い影が。もしやこれが噂のひゃくりんか
コメント

入間航空祭予行(本番前日)

2018-11-16 21:27:47 | 飛びもの
入間航空祭本番前日、この日はもともと予行を撮りたくてスケジュール調整していた日だった。


柳の下のどじょうならぬ(あわよくば撮れないか)という考えで位置取り、最初のブルーインパルス予行開始を待つ。


001
001 posted by (C)月笛
暇なので飛びものを1枚。この後警戒されたかスピードを上げて逃げられたのは事実。


更に待つ。
時間になってエンジン音が聞こえだした。
飛んでこない。
……飛んでこない。

これは位置取りを間違ったと悟り、動ける範囲で修正をかける。なんとか見つけて1本撮り逃し、カメラを構えた。


008
008 posted by (C)月笛
ようやく撮れた。スモークが伸びていくのが本当に綺麗だった。


010
010 posted by (C)月笛
スタークロス(のきれはし)。ブルーは本当に低いところで飛んでいるんだな、と改めて実感。


ラストの課目を眺めつつ明日会場で見るのが楽しみになる。




時間をおいてシルバーインパルス予行。今度こそ、の心境である。


051
051 posted by (C)月笛
来た。


054
054 posted by (C)月笛
続いて、2機。


061
061 posted by (C)月笛
格好いい、これは撮らねば、と思ったモノ。会場正面でもなんでもないのになんでこんなきっちり格好いいのか。


064
064 posted by (C)月笛
傘型隊形?電線がorz


076
076 posted by (C)月笛
本当に、時間が経つのを忘れる。


082
082 posted by (C)月笛
来た、と構えて心の中で(なんぞこれ!!)と絶叫した一コマ。語彙力がなくなる。何の課目の前後か分からない、しかし「何が起こった」くらいの衝撃。
いつぞや初めて見たシルバーインパルスのナイフエッジで飛びもの沼に片足落とし、ブルーインパルスでもう片足落とし、岐阜のファントムに魂持っていかれて完全にハマったんだった、と書きながら思い出していた。


091
091 posted by (C)月笛
今日もいいものを見せてもらった、と最後の隊形を見送りつつつくづく思った。
会場で見上げるのもいいけれど、自分でポイントを探して見るのもまた面白い。

コメント

整理中

2018-11-05 12:03:14 | 飛びもの
入間航空祭に行っておりました。

そして画像データ整理がまっっったく追いついておりませんw
予行とお見送りと1本ずつ上げる予定ですが、上げられるときに上げますので珍妙なタイミングになったとしてもお見逃しください。


本番当日、晴れの特異日が今年も発動し、青空バックでいいものを見せていただけた1日でした。
コメント