花咲爺さんの独り言

昔は花を咲かせた事もあったのか? 自慢話ばかりするお爺さんです。歳に似合わず山登りや庭園鉄道、カメラいじりが大好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フライス盤のコラム補強に取り掛かりました。

2013年06月29日 21時23分53秒 | 工作機械
私の購入した卓上フライス盤は、コラムをベースに対して左右45度傾ける事が出来る構造になっています。しかしそれが禍してコラムが前後に傾きやすい(剛性が不足)と言う弱点があります。その点は購入前から承知しており、もし問題があればネットで紹介されているような対策を講じる積りでいました。



実際現物を手にしてみて、今まで色々な削り方をしてみましたが、ワークがアルミであったため、あまり気にすることもありませんでした。だが最近、多少強引に負荷を掛けて見たりする内に、やはり補強しておいた方が良いのではと思うようになりました。



そこで3度目の分解(1度目は玄関から2階に上げるため、2度目は作業台に載せるため )をしました。そして今回はコラムとベースも切り離しました。( オイルパンは、後からバーべキューの鉄板を追加した物です )



ネットでは各種の補強方法が紹介されていますが、私は少々費用をケチって、コラム後方に1枚の鉄板を当てる事にしました。この写真はその補強の図面を描いて、念のため紙を切り抜き現物に当ててみたところです。

この補強板、材料の調達やら大きな穴を明ける必要もあるため、鉄工所に頼む事にしました。しかしその鉄工所が何処にあるか見当がつきません。昔は身近た所に必ず1軒や2軒はあったのに最近はほとんど目にしなくなりました。そこでネットで調べたら比較的近くにあることが分かりました。
早速図面を持って、断られるのを覚悟で鉄工所を訪ねてみました。ところがそこの社長が事の外関心を示してくれ,すんなりと商談成立しました。早ければ来週中頃には出来上がる予定です。それまでの間に、私はベースとコラムに各々2個ずつ穴を明けタップ立てをしておく予定です。

出来の悪い子供ほど可愛いとか!? 手の掛かる物を購入したものだと思う反面、いろいろと考えさせて貰ったり、作らせて貰ったりと、まんざらではない心境です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 我が家にまた1つロボットが... | トップ | 病気療養中だったカメラが退... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工作機械」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事