つかぞうの半径2kmの日常 Season2

神奈川県平塚市発、狭小な世界で繰り返す由無し事のブログがSeason2となりました。

胃に優しい食事をば・・・鮨匠紀文

2015-10-24 18:15:40 | 平塚で昼ご飯(南口)

本日は(ほぼ)月に1度の親族で集まり。各人年齢が年齢だけに、身体の具合がどうだこうだの話から・・・・・・ふふふ、初めて知りました、“逆流性食道炎” の罹患者が多いことを。ランチタイムは「鮨匠紀文(すししょうきぶん)」にお世話になります。今日は暑かったのでね、冷たい「ウーロン茶」でまずは喉を潤しました。

 

皆が同じもの、土・日・祝日限定の「プレミアムランチ」をいただきます。毎度のことですが、本日も不詳つかぞう、ゴチになりますm(_ _)mペコリ。まずは魚料理、「ブリの黒酢餡掛け(仮)」的なものが登場。ああー、この餡がなんと旨いことよ。小ねぎや水菜(かな)を長いまま添えているのも面白いね。

 

続いて🍣寿司と味噌椀。

 

「紀文」名物、出汁香るとろとろふわふわの「卵焼き」に、「中トロ」と「甘海老」。「サーモン」に「イカ」、「カンパチ」(たぶん)に「帆立」。

 

「イクラとたこわさび軍艦」に「イカ黄金と数の子軍艦」、「巻物」はパリパリシャキシャキ食感の野菜が巻かれておりますね。。そして滋味深くお上品な味付けの「茶碗蒸し」、中には細いうどんが入ってました。

 

「大名かきあげ」の「恵比寿」をシェア。イカやイカゲソ、小海老などの海の幸に、椎茸や三つ葉(かな)、青銀杏の山の幸がてんこ盛り。種も大きく、揚げたてホクホク。つかぞうは塩でいただきました。

 

デザートに、青リンゴと柑橘の香りが漂う「ゼリー」、ひんやりと口直し。

 

苦味のそこそこ効いた「ホットコーヒー」で〆ました。こちらのコーヒーも皆から高評価。

 

はい、美味しかったです。ごちそうさまでした。でも、「かき揚げ」と「ホットコーヒー」(ブラック)は、弱った胃には刺激が強すぎたかな。本日も😊アザース。

 

 

鮨匠紀文(すししょうきぶん)

神奈川県平塚市袖ヶ浜18-25(地図

TEL 0463-21-1463

営業時間 11:00-14:00、17:00-21:00

月曜定休(ただし、祝・祭日は営業)

 

 

(寿司 回転寿司)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 新しい朝が来た | トップ | ♪もしかしてだけど♪♪・・・洋... »

平塚で昼ご飯(南口)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事