つかぞうの半径2kmの日常 Season2

神奈川県平塚市発、狭小な世界で繰り返す由無し事のブログがSeason2となりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

100g、いやいや80g、まさかの・・・司亭

2017-09-23 17:29:27 | 平塚で昼ご飯(市内その他)

お彼岸だもの、親族での集まり。お昼は「ホテルサンライフガーデン」の「司亭」にやってきました。

 

ゴチになる身のつかぞう、何も申し上げることはございませんが・・・・・・ずいぶんとさみしい土日祝日のランチメニュー😭こちらで海鮮系のメニューでもなかろうと(各自が皆思ったかも)、全員が「牛陶板定食」(税込1,944円)をお願いすることに。

 

お茶をいただきながら、お品の登場を待ちますね。

 

お品書きの写真を見て覚悟はしておりましたが・・・・・・さしの入りも良く美味しそうなお肉ちゃんではありますが、如何せん量が少ない。100gあるかな、いやいや80gぐらいかな。

 

「海老入り湯葉のきのこ餡掛け(仮)」に「きんぴらごぼう」、「おじゃこのサラダ 山椒でピリリと(仮)」に「香の物」、そして「ご飯」(お代わりOK)ね。(まさか)「餡掛け」が「お椀」の代わりなのかしらん?

 

 

固形燃料で陶板を熱し、牛脂でお肉を焼きますよ。かなり脂をバチバチ飛ばしながら、早速1枚焼き上がりました・・・・・・おうおうおうおう、柔らかくて旨いぜ、この肉。ただね、いかんせんわずか5枚のため、間合いを長く取ってはやる気持ちを抑えながら1枚ずつ焼くしかありません。味噌とわさびが添えられていますので、お好みでお召し上がりくださいませ。今回のつかぞうは、断然味噌派です。

 

食後の「コーヒー」を追加でお願いしたら・・・・・・え、え、えッ、セルフサービスで各自自由に飲んで良いんですと!なんだ、なんだ、「お椀」もセルフサービスで各人が注いで席まで持ってくるんですってよ!覗いてはいませんが、「つみれ汁」のようなものがステンレスの保温容器にありました。うーん、早く言ってよ🤑😤

 

「デザート」は「水羊羹」。甘さ控えめ水羊羹に栗とザクロの実、そしてクリームが添えられておりました。

 

いまひとつ釈然としないまま、ランチタイムは終了です。本日も美味しかったです。はい、ごちそうさまでした。またまたつかぞう、“ゴチ” になりまするm(_ _)m。

 

 

司亭(つかさてい)

神奈川県平塚市榎木町9-41 ホテルサンライフガーデン本館2F(地図

TEL 0120-20-3591

営業時間 喫茶 9:30-21:00(L.O.20:00)、ランチ 11:30-15:00(L.O.14:00)、ディナー 17:00-21:00(L.O.20:00)

年中無休(年末年始は要確認)

 

 

こんな素敵なドレスを(居れば)彼女に着せてみたいもんだ・・・・・・りすちゃんは呆れ顔。

 

 

(追伸)

帰りにスーパーの精肉コーナーに寄ったら、予想の80gよりも少ない60gぐらいのお肉の分量でした。

 


(和食 日本料理 会席料理)


珍しくも本格中華を・・・Breeze of China BIRCHLAND

2017-06-17 18:14:29 | 平塚で昼ご飯(市内その他)

 

本日は親族での集まり。調べてみると3年ぶりの訪問でした(前回記事)・・・・・・ランチタイムは「Breeze of China BIRCHLAND(ブリーズオブチャイナバーチランド、中国料理バーチランド)」にお世話になりました。イギリスから移築したヴィクトリア王朝時代の建物でいただくチャイニーズです。このビクトリア王朝、日本では大阪にて大塩平八郎の乱が起こった頃ですな。

 

居候三杯目にはそっと出し・・・・・・隣のテーブルでは御仁が「瓶ビール」を嗜(たしな)んでいらっしゃいますが、居候的つかぞうの立場ではゆめゆめアルコールが欲しいなどと申し上げることは出来ませぬ😭卓上の調味料は、「醤油」に「酢」、そして「ラー油」が並んでおりました。

 

本日は皆で “カジュアル” なコースをランチにいただきます。まずは「3種冷製」、「ねぎ載せの蒸し鶏とトマト」+「くらげの冷製」+「大根と茗荷の甘酢漬け」の登場です。それにしてもなんとくらげの旨いことよ。

 

続いて「コーンスープ」。熱い熱い熱い・・・・・・優しい甘みのスープ。むむむっ、1本、2本、3本、ふかひれも入っているのかな。

 

こいつは「2種飲茶」。「海老蒸し餃子」と「ふかひれ入り餃子」をいただきます。海老はプリッと、ふかひれはまあなんだ、肉肉しい餃子です😁 お好みで卓上の調味料をお使い下さいませ。

 

お次は「海の幸チリソース」。海老が高いからこうなったんでしょうか、うーむ。大きなプリッとした海老(1尾)に柔らかいイカ、白身のタラ(かな)が、ちょっと見は甘そうなチリソースに絡まっていますが・・・・・・思いのほかヒーハーしやがる。うんまい、うんまい。

 

「本日の肉料理」は「豚ヒレ肉のオイスターソース」です。柔らかな豚ヒレが、シメジとともにとろーりとオイスターソースで炒められております。抜群の茹で加減のブロッコリーも、鳥の形(かな)に飾り包丁の入った人参も楽しいです。

 

腹ごしらえには庶民的な「チャーシュー麺」。優しい塩味のスープ。柔らかなチャーシュー(煮豚ではなく焼豚)に青梗菜(かな)がオン。むちむちっとしたコシのある麺もよござんす。こいつは旨いや。

 

〆の「チャイナデザート」と「中国茶」は、「ピスタチオのシャーベット」と「マンゴープリン」、そして「ジャスミン茶」。細かく砕かれたピスタチオからローストの良い香りがしてね、辛抱たまらん。マンゴプリンも果肉たっぷりで皆がニヤニヤニヤケ顔。

 

おおー、すこぶる美味しかったです。はい、ごちそうさまでした。不肖つかぞう、本日もゴチになりますm(_ _)m。

 

 

Breeze of China BIRCHLAND(ブリーズオブチャイナバーチランド、中国料理バーチランド)

神奈川県平塚市榎木町9-41(地図

TEL 0463-21-3222

営業時間 ランチタイム 11:30-15:00(L.O.14:00)、ディナータイム 17:00-21:00(L.O.20:00)

水曜定休(水曜日が祝日の場合は営業)

 

 

自宅に戻ってひと缶を。

 

 

(中華料理 中国料理)


セクシーピンクの憎い奴・・・とんかつやまと

2017-05-08 16:08:07 | 平塚で昼ご飯(市内その他)

 

「東急ハンズ」や「無印良品」、ほか諸々のショップをひと巡り・・・・・・思い立ったが吉日で、いろいろ調達にららぽーと平塚湘南まで出掛けてきました。間もなくランチタイムが始まる時間、混み合う前に食事にしちゃいましょう。今日は「とんかつやまと」で肉を喰らいます。

 

まだ12:00時前、店内のお客は疎(まば)らです。お気付きでしょうが、つかぞうは本日ノンアルコール・デー。冷たいお茶で喉を潤します。

 

フロア担当のお姉さんより、卓上の調味料の説明がありました。ソースは甘口・辛口の2種、ドレッシングも和風とゴマ系が用意されています。

 

さあ、皆さん、ご一緒に・・・・・・♪ごまーをーすりーまーあしょー よおきにごまーをね♪♪(by 植木等)今回は甘口ソースを注いでいただきます。

 

面目ない、ランチタイムのお得なメニュー「特選やまと豚ロースカツ膳(100g)」(税込980円)ではさすがにもの足りないので・・・・・・奮発して通常メニューの “150g” の「特選やまと豚ロースカツ膳」(税別1,650円)をもらいました。

 

どうも店内、いろいろな照明が混ざり合ってきれいに写真が撮れない。見直すべきだな、店内のこのライティング。「ご飯」に「味噌汁」、そして「香の物」ね。「ご飯」は「白米」と、「十五穀米」だったか「十六穀米」だったかのどちらかお好きなものを選べます。そうそう、「ご飯」に「味噌汁」、そして「キャベツ」はお替り自由とのことです。

 

見て見て見て、この揚がり具合。肉眼ではお肉がもう少しセクシーに、ピンク掛かっていたんだけど・・・・・・写っていないや。まったくもって下手くそな写真でゴメンナサイ。脂身もきちんと確認、ウハウハ。

 

願わくば、さらに上質の「やまと豚 米(まい)らぶ」の「極厚ロースカツ膳」(250g、税別2,800円)を食べればもっと幸せかも。そう、とんかつ屋では1番高いメニューを頼むのが正しい、って説が巷(ちまた)にはあるらしいね。つかぞうには無理だけど・・・・・・😂 


 

とんかつやまと

神奈川県平塚市天沼10-1 ららぽーと湘南平塚1階 湘南Kitchen Street(地図

TEL 0463-86-6211

営業時間 11:00-22:00(ランチタイムは11:00-14:00)

定休日はららぽーと湘南平塚休館日に準じます。

メニューはHP(こちら)を参照してください

 

 

(とんかつ)


3連休、春のお彼岸・・・がってん寿司

2017-03-18 15:24:16 | 平塚で昼ご飯(市内その他)

お彼岸だもんね・・・・・・親族で集まりを。ランチタイムは肩肘はらずお気楽希望で、がってん寿司平塚徳延店」にやってきました。毎度毎度ではありますが、不肖つかぞう、またまたゴチになりまするの巻。せめてタッチパネルの操作ぐらいはしないとね。

 

まずは小田原で上がった「朝獲れぶり」に「真あじ」をば。

 

男性陣は貝好きが多し・・・・・・磯の香り豊かな「活白みる貝」をもらい、最初に頼んだつまみの「白海老の唐揚げ」が登場です。ビールが欲しいよ。

 

「本まぐろ赤身」に「うまづらはぎ」もいただきます。「うまづらはぎ」に掛かっているのは肝醤油、少し時間を置いて肝の香りが鼻から抜けて行きました。

 

〆に好物の「かれいのえんがわ」をお願いしちゃった。

 
はい、美味しかったです。ごちそうさまでしたm(_ _)m。

 

 

がってん寿司平塚徳延店(がってんずしひらつかとくのぶてん)

神奈川県平塚市徳延579-1(地図

TEL 0463-37-3090

営業時間 月~木・日祝日 11:30-22:00(L.O.21:30)

     金・土・祝前日 11:30-23:00(L.O.22:30)

年中無休(年末年始は要確認)

 

 

自宅に戻ったら、ひと缶開けちゃった。

 

 

(寿司 回転寿司)


むふふな昼ご飯・・・うな勝

2017-02-03 17:00:02 | 平塚で昼ご飯(市内その他)

 

本日は「ららぽーと湘南平塚」までちょいとお出掛け。ちょうど昼時、館内のレストラン街で食事にしようかと思ったものの・・・・・・どこもかしこも財布に優しくありゃしない。少食のつかぞう(?)、ましてや食べ放題のお店なんて元が取れずに絶対に無理だもの。結局「ららぽ」を抜け出して、近くの「うな勝」にお邪魔することに。はてさて何年振りでしょうか、前回お邪魔したのがこの時でした(関連記事)。

うなぎを取り巻く環境もずいぶんと変わり、この5年の間に値上がりしたのはいたし方なしですよね。

 

まずは「瓶ビール(アサヒスーパードライ中瓶)」(税抜470円)をもらってね、うなぎの焼き上がるのを待ちましょう。いかにもな社名入りのグラス、良いじゃない。

 

目の前には、匂いまでは確認出来なかったので「しょう油」か「ソース」のどちらかに、「七味」に「山椒」、そして「うなぎのたれ」が並んでおりました。

 

注文順にお品が各人の目の前に運ばれてくるようです。予想に違(たが)わず、ほどなくつかぞうのお願いした「梅鰻重」(税抜1,380円)がやってきました。このお値段ですが、きちんとした「肝吸」に「香の物」付きですよ。

 

繰り返しますが、このお値段ですけど立派なうなぎじゃないですか。願わくばもっと身がふわふわで脂が乗っていて欲しいけど・・・・・・ それじゃあ、高級店のうなぎ。高く付いちゃうもんな。ご飯に染み込むたれがちょっと少なかったので、たれ差しから追加でご飯にちょろちょろっと掛けちゃいました。


一気呵成(いっきかせい)、あっという間に完食です。むふふ、美味しかったです。はい、ごちそうさまでした。さあ、酔い覚ましに、駅まで歩いて戻りましょう。

税込2,000円で “ぎり” お釣りあり。厚手の不織布のおしぼりを今回は出してくれました。

 

 

うな勝(うなかつ)

神奈川県平塚市天沼7-25(地図

TEL 0463-22-9242

営業時間 10:00-21:30(L.O.21:00)

水曜定休

※2月のお休みは、毎週水曜日と16日の木曜日です。

 

 

(うなぎ)