つかぞうの半径2kmの日常 Season2

神奈川県平塚市発、狭小な世界で繰り返す由無し事のブログがSeason2となりました。

(閉店しました)MILD、HOT、VERY HOT・・・インドレストラン ガネーシャ

2017-08-28 05:33:15 | 閉店・店仕舞い

ご近所さんとカレーランチ・・・・・・5ヶ月ぶりにインドレストラン ガネーシャ」へとやってきました。

 

「生ビール」が切れているとのこと。インドのビール「KINGFISHER」だとたぶん330mlボトル・・・・・・呑兵衛のつかぞうは、Asahi「スーパードライ」をもらいます。中瓶、中瓶、500ml。

 

「ほうれん草のチキンカレー」(サグチキン)を選びたかったので、 “ちょいと良い” セット(つかぞう談)にしたのに・・・・・・

 

フロア担当のお兄さん(インドの出身の方)にうまく聞き取ってもらえずに・・・・・・ほうれん草なしの “普通の”「チキンカレー」になっちゃった、😥ぐすん。もうひとつは「シーフードカレー」を選びました。辛さはね、前回の反省を踏まえて、🌶🌶 “辛口” にしましたよ。カレーの辛さは、普通(MILD)、辛口(HOT)、大辛(VERY HOT) の3段階から選べます。

 

にんじんドレッシングの掛かった「サラダ」、「シシカバブ」に「チキンティッカ」が各1ヶ、フルーツを浮かべたヨーグルトの「デザート」付き。

 

「インドワイン」(白)をボトルでもらって皆でシェア。

 

〆の「プレーンラッシー」でクールダウン。

 

額にはうっすらと汗、じわりじわりと辛さがやってきましたよ。はい、美味しかったです。ごちそうさまでした。


閉店しました


インドレストラン ガネーシャ

神奈川県平塚市菫平8-30(地図

TEL 0463-34-2686

営業時間 ランチタイム 11:00-15:00(L.O.14:30)、ディナータイム 17:00-22:00(L.O.21:30)

年中無休(年末年始は要確認)

 

 

(追伸)

酔いも回って傾いた写真ばかり(笑)・・・・・・河岸(かし)を変え、某嬢宅に押しかけ飲み直し。日曜の午後は長い。

 

 

(カレー インド料理)


(閉店しました)ちゃん爺、今宵はアダルトに・・・酒処・喰処久昇

2017-06-02 07:01:28 | 閉店・店仕舞い

辛抱たまらず、本日は藤沢まで遠征。背筋を伸ばしてアダルトに、「酒処・喰処久昇(さけどころくいどころきゅうしょう)」にお世話になりましょう。17:00時少し前、提灯に火(厳密には電気でしょうけど)が入りました。

 

カウンターもテーブルも席は予約でいっぱい(座敷は余裕があった模様)。ひとりのつかぞう、19:00時に予約された方がいらっしゃる前にちょっとカウンターの席をひとつ拝借。まずは「びんビール(中びん)」をもらい、お通しの「セロリとかにとほうれん草(小松菜かも)のさっと炒め(かな)」をつつきます。

 

縁起物だもの、定番の「おから」をいただきます。香ばしく、うんまい、うんまい。あとは何をお願いしましょうか・・・・・・

 

(6月になりましたが)「五月の推せん料理」より「槍いかの友肝炒め」お願いしました。イカは柔らかく、肝キモで大人の味わい。日本酒を合わせたいね。ちなみに「六月の推せん料理」は、来週火曜日(日曜・月曜定休のため)からの登場だそうです。

 

ということで、福島は会津若松の銘酒、花春酒造ここ)の「花春 会津印 生貯蔵酒」をグビッとな。淡麗系、癖もなくすっきりとした味わい。良いね、良いね。

 

つまみをもう少し。「しじみ入り玉子焼」をハーフでもらいます。

 

目の前には美味しそうなものがいろいろ。

 

もう1本お酒を頼んじゃうと腰が重くなりそうで・・・・・・名残惜しゅうございますが、これにてお暇いたしましょう。

今宵も美味しかったです。はい、ごちそうさまでした。本日は小3.5枚でお釣りあり。

 

閉店しました 

 

酒処・喰処久昇(さけどころくいどころきゅうしょう)

神奈川県藤沢市鵠沼橘(くげぬまたちばな)1-17-2(地図

TEL 0466-23-5003

営業時間 17:00-23:00(少し早めにオープンするようです)

日曜・月曜定休



(居酒屋 和風)


(閉店しました)古い人間ですから、語尾を伸ばしてシシカバブー・・・インドレストランガネーシャ

2017-03-28 15:02:38 | 閉店・店仕舞い

自宅で昼飯を作るのが面倒になっちゃって、ご近所「インドレストランガネーシャ」へとやって来ました。お店の前は何十、何百回と通り過ぎているのですが・・・・・・ごめんなさい🙏、本日初めてお邪魔します。

 

いきなり1,500円の「スペシャルランチセット」のメニューを見せられてびっくり。少食のつかぞうにはカレーの3種類は荷が重いので、もう少しお手軽価格のものから選びます。

 

「バターチキンカレー」を食べたかったので、「Cランチセット」(税別1,000円)をお願いしました。「ほうれん草チキンカレー」(サグチキン)を食べるには「Sランチセット」(税別1,180円)になっちゃうので、うーむ、そこまではしなくていいね。

 

先客がひと組、店内静かな時間が流れます。とはいっても、インドのテレビ番組なのかインド歌謡が流れて来ます。あれっ、そういえば、カレーの辛さを訊かれなかったぞ。とりあえず今日のところはデフォルトの辛さで参りましょう。

 

セットの「プレーンラッシー」を先にもらってね、ちびりちびり。

 

本日選んだのは「バターチキンカレー」と「ポークキーマカレー」の2種。「(グリーン)サラダ」に小さいけど「シシカバブ」と「(冷製)スープ」付き。

 

まずはナンを千切って「バターチキンカレー」を掬うように浸してひと口・・・・・・う、う、旨いじゃないですか!デフォルトの辛さのままなのでかなりマイルドですが、スパイシーな香りとともにバターのコクも相まってお見事。「ポークキーマカレー」もね。キーマカレーっていうとつかぞう的には鳥のイメージが強くて豚はあまり馴染みがないけど、ヒンドゥーの皆さんだから大丈夫なんだろうね。いくらかサラッとしつつもこちらも良し良し。

 

語尾を伸ばす「シシカバブー」って呼び方は、トルコ風になまったものなんですって。へぇー、「シークカバブ」ですか。

 

ナンのお代わりも出来ますが、緩い糖質制限ダイエット中の身・・・・・・カレーは飲み物(!)としていただきます。

 

すこぶる美味しかったです。はい、ごちそうさまでした。マイルドだったので、胃にも優しく・・・・・・次回は少し辛くしてもらおうかな。

 

閉店しました 

 

インドレストラン ガネーシャ

神奈川県平塚市菫平8-30(地図

TEL 0463-34-2686

営業時間 ランチタイム 11:00-15:00(L.O.14:30)、ディナータイム 17:00-22:00(L.O.21:30)

年中無休(年末年始は要確認)

 

 

(カレー インド料理)


(閉店しました)年の瀬のご挨拶・・・酒処・喰処久昇

2016-12-22 07:20:40 | 閉店・店仕舞い

藤沢駅南口のバスロータリー、クリスマスイルミネーションが灯りました。今宵は「酒処・喰処久昇(さけどころくいどころきゅうしょう)」にてちょっとだけ。予約をせずにふらりと立ち寄ったものだから、19時のご予約さんが来るまでの早い時間、カウンターの1席をお借りします。

 

「びんビール(中びん、サッポロ黒ラベル)」とお通しの「セロリととびっ子の和え物」でスタートです。とびっ子のプチプチとセロリのスースーが楽しい小鉢。緑の刻まれた葉っぱのようなものは何かしらん?


「師走の推せん料理」はこちらです。

 

お隣さんが熱燗を注文したものだから・・・・・・こちらも日本酒、岐阜羽島の銘酒「千代菊」のお燗を大きい方の徳利で。 

 

「つづら玉子焼」をハーフでもらいます。小海老と椎茸を確認、他に何が入っているのかな?

 

へぇー、この時期でも立派な茗荷。大方の皆さんは「ミョウガチャンプルー」にして召し上がりますな。

 

「芝海老と百合根のかにみそ炒め」もお願いしました。香りが広がるとろりとしたかにみそ餡が、たっぷりの芝海老や百合根に絡んでうまうま。この百合根、もっとシャキシャキしているのかと思いきや・・・・・・あっ、そうか、百合根と慈姑(くわい)を混同してたよ(笑)。

 

時間にまだ余裕はありますが、酩酊する前に平塚へ戻りましょう。

今宵も美味しかったです。はい、ごちそうさまでした。 

 

閉店しました 

 

酒処・喰処久昇(さけどころくいどころきゅうしょう)

神奈川県藤沢市鵠沼橘(くげぬまたちばな)1-17-2(地図

TEL 0466-23-5003

営業時間 17:00-23:00(少し早めにオープンするようです)

日曜定休

日曜・月曜定休

※年末年始のお知らせ。12月31日(土)から翌年の1月5日(木)までお休みとなります。

※2017.06.02 定休日を訂正・追記



(居酒屋 和風)


(閉店しました)プノンペンの夕暮れ、猫ひろしはニャー・・・カンボジア家庭料理ジャヤヴァルマン

2016-06-23 07:27:07 | 閉店・店仕舞い

チャンジーのつかぞうにおきましては、“民主カンボジア” とか “ポル・ポト政権” とか “クメール・ルージュ” とか、負の歴史を思い浮かべてしまうカンボジア・・・・・・そんなカンボジアの家庭料理が楽しめるお店が平塚駅西口にあるとの情報を得て、やっとこさつかぞう出掛けて参りました。今宵は「カンボジア家庭料理ジャヤヴァルマン」でスタートです。ふむ、ふむ、ふむ、こちら「スナックきゃっと」のあった場所(関連記事1関連記事2関連記事3関連記事4)の居抜きですかね。

 

せっかくだもの、カンボジアのビール「ភ្នំពេញ(PHNOM PENH、プノンペン)」をいただきましょう。このプノンペン、カンボジアの首都のことで、“東洋のパリ”って呼ばれているそうよ。うん、うん、うん、苦味を残しながらもさわやかな軽さ。良いじゃない、良いじゃない。

 

つかぞうが口開けの客、まだ店内は静かです。そうか、猫ひろしさんがリオ・オリンピック・男子マラソンのカンボジア代表になったんだね。

 

「空芯菜ナンプラー炒め」が登場。日本人にも安心・安寧のナンプラーの味付けとともに、柑橘系の香りがほんのりと・・・・・・バリバリバリバリ喰らいます。

 

この照明、やはり造作はスナック。ラジカセからはカンボジア民謡(かな)が流れます。

 

「生春巻き」もお願いしました。大きなエビちゃん、きゅうりに葉っぱ(種別不詳)、そうめんに蒸したチキン入り。タイ料理的にスイートチリソースで食べるのかと思いきや、細かく砕かれたピーナッツ入りのサラッとしたナンプラーベースのソースでいただきます。うん、食感も良く、うんまい、うんまい。

 

「プノンペンビール」をもうひと瓶。

 

カンボジアご出身の方でしょうか、ご常連が三々五々集まって、現地の言葉で井戸端会議。つかぞうにはまったくわからず、ぐへへ、ちんぷんかんぷん。「カンボジア風赤エビの殻ごとガーリック炒め」も食べたかったけど、赤海老が続いていることとお手手が汚れそうなので今回は辞退しておきました。

 

はい、美味しかったです。ごちそうさまでした。さあ、西海岸までぷらぷら歩いて帰りましょう。本日は小2.5枚ちょっと(消費税込み)のお支払い。

 

閉店しました

 

カンボジア家庭料理ジャヤヴァルマン

神奈川県平塚市錦町5-2(地図

TEL 未確認

営業時間 17:30-22:00

月曜定休

※ 店名のジャヤヴァルマン、クメール王朝の偉大な王様の名前ですって。

※ 思いのほか辛くないのでちょっこし拍子抜け。

 

 

(タイ料理 アジアンエスニック)

コメント (2)