雨曇子日記

ご近所散歩日記です。だけのつもりでしたが、だんだんカテゴリーが増えました。

秋深し

2018-10-12 11:14:26 | 俳句修行

 

     秋深しフレイル防止旗立てて

 

柏駅東口ダブルルデッキに、ストップフレイルの旗が並んでいた。

”フレイル”は英語 frailty 虚弱 を語源として作られた造語だそうで、要介護の状態は、健康体からフレイルを経て陥るとされています。

市としても要介護の人が増えることは財政上の理由からも阻止したいところなので、このようにフレイルストップをアピールしているのでしょう。

 

     秋彼岸寺の催す落語会

 

     ともかくも達成感の栗ご飯

 

     鬼灯の色鮮やかな今朝の庭

 

     上州のうどん定食秋の色

 

上州の例えば舘林にでも行って、うどん定食でも食べたいなと思っているだけで、まだ行っていません。

 

     幾万の小菊の手勢満を持す

 

我が家の数鉢の小菊が蕾を持ったので、大げさに表現してみたのです。

 

     地下道の書道展まで文化の日

 

 

柏駅西口、東葛飾高校前、国道 6 号の地下道にあった書道部の展示を見ての句です。。他にも美術部の作品など多々ありました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2018 プロ野球 日本一はどこだ❓ | トップ | 相馬馬追 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
秋の趣き滲む名句に出会う (谷氏)
2018-10-12 17:37:25
雨量子さま。
心身ともに澄んでいますね。
天は曇でも心は秋天満天。

フレイルの社会的関心を述べ、一転、
晩秋の気配を見事に活写された名句を生む。

<幾万の小菊の手勢満を持す>
小さな蕾が、いまにも爆発的に咲き出す、
勢いを「満を持す」としたところなど、
鋭い感性がうかがわれます。

だらだら駄文を書き散らす谷氏には、
眩しいレポートでした。
早速読んでいただき恐縮です (雨曇子)
2018-10-12 21:09:41
大学時代の同級生が仙台で句誌「澪」の代表となって誘ってくれたので、昨年より会員となりましたが、毎月 7 句の投句が義務付けられ、四苦八苦です。
「俳句修行」というカテゴリーを作ったのでこれから毎月大胆にも(恐れも知らず)発表することにしたのです。

大いにけなして下さい。

コメントを投稿

俳句修行」カテゴリの最新記事