終には覚むる夢の世の中 part2

終に前ブログはACCESS不能に。新たに此方で情報を共有させて頂きたいと思います。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

セルフガバナンスとは

2017-08-30 11:24:18 | 世界の過誤

ミスター M・K氏

https://ameblo.jp/geneumi/entry-12305768382.html


ミスター M・K氏

 

人間は独立した霊格である。

何ものにも所属せず、何ものにも支配されない。

 

ところが集合体になると、そこに統治上の隙間が生じる。


明治以前の日本は殿様がいて、地域のとりまとめ役、名主がいる。

その下に大中小の地主がいて、各々の地主の下に

最小行政単位の集落(コミュニティー)がある。

 

これは、現在のフィリピンに置き換えられる。

最小行政単位がバランガイ。

例えば13のバランガイが集まって、一つの(ビレッジ・タウン)になる。

そこに役場があり、判事がいて警察がいる。

学校、農圏、商圏の調整、街路や市場の維持管理などが行政の主な仕事。

個々の問題は基本的に、各バランガイキャプテンが取りまとめる。

 

ビレッジやタウンの上に州があり、中央政府。

しかし、自治(セルフガバナンス)の軸はそれぞれのバランガイが主体。

 

田舎にいけば行くほど、主な収入源は第一次産業。

そこで地主とのただならぬ関係が生じる。

なぜなら、フィリピンでも日本と同じGHQによる農地解放が断行された。

だが、恐ろしくいい加減で徹底されていない。

従って現在も大地主が残っている。

新たに土地を買い占める新興勢力もいる。

 

悪魔と1%オルガーキの代理人

日本植民地統治密約の一方の責任者

 

土地所有をどう捉えるかでセルフガバナンスのクオリティーが決まる。

 

例えば、大地主が公平を重んじる人物なら、領内の農民家族は安定収入を得られる。

ほぼ一つ、丸ごとバランガイをカバーする大地主の元で結束できるなら、

自動的にセルフガバナンスのクオリティーが高まる。

 

コミュニティー・メンバーは土地に関する心配が少ない。

 

バランガイキャプテンは他のバランガイと同様に領民から選ばれるが、

後見人として地主がいる安心感も後押しする。

 

地主は地主で自らの事業として耕作や畜産を営むが、それに必要な人材は領民を雇う。

地主は自らの土地を領民との公共財として扱う。

もちろん所有権は地主だが、

領民の求めに応じて土地を無償で貸し出し、労働報酬で報いる。

 

賢い地主はバランガイと連携し、耕作適地を区分けして、

3年ほど耕作したら2年休ませる。

土地に余裕があるので土壌は豊かさを維持できる。

収量も安定し、利益の配分も増える。

領民はローテーションで土地を高度利用できる。

繁忙期は皆で手伝う。

軸になる人物が賃金を役割に応じて分配するので、不平不満も生じない。

 

そんな理想的な大地主を知っている。

ミスター M・K氏。

(スペイン系フィリピン人。本名を書くと誰か分かる人は分かるかも知れない)

 

若いときは先祖代々受け継いだ広大な領地は領民にまかせ、資本力を生かして

フィリピン・ナンバーワンの井戸掘り会社をつくった。

ビジネスマンとして成功する傍ら、領地の農業にも力を入れ、

彼なりの考えで効率が良く極力化学肥料や農薬を使わない栽培方法を採用。

また、絹の生産を試みたり、伝統的な産物ながら廃れてしまったコーヒーやカカオ、

胡椒の栽培にも力を入れる。

晩年は当ブログ管理者が以前参加していたNGOと提携し、日本種の野菜の栽培を試みた。

 

彼の右腕ナンバーワンテクニシャン、アーネル氏は極めて有能。

 

彼の土地は土壌が肥えている。

土地の一部に20年~30年経過した鶏糞の地層がある。

そのまま鶏糞堆肥として販売可能。

品質は特級品である。

 

しかし、残念ながら、この尊敬すべき人物は10年ほど前に亡くなった。

当ブログ管理者は、亡くなる2日前に彼の家を訪問し、最後の面会者になった。

 

葬儀も終わり一息つくと、何と、彼のバカ息子が領地を仕切り直し、

今までの仕組みを破棄、地主の総取り型に変えてしまった。

(彼は最初の奥さんとの間に子どもがいるが長男の出来が宜しくない。

最後の面会のとき、今のプロジェクトの継続を望むことと、息子が心配の種だと

現在の奥さんと顔を見合わせて悲しそうな表情を浮かべた)

 

さて、領民はどうしたか?

 

全員は無理だが、ミスター M・K氏の奥さんの土地へ移住。

2度目の奥さんはアメリカ人だが、以前の仕組みのまま、

領民のセルフガバナンスを尊重して今日に至っている。

 

農業の軸になるテクニシャンは以前、我々と日本種野菜を手がけたアーネル氏である。

彼は止むなく別の土地で新たに農業を営むかつての領民にも支援の手を差し伸べている。

 

バカ息子は広大な土地に孤立状態。

途中、外国人に農地付き居住権を切り売りしたり、

ロクでもないビジネスに手をだすも次々と失敗。

独自に集めた雇い人に農耕や畜産を任せるも、人件費に見合う売り上げはままならず。

人望がないので無理もない。

賃金目当てで集まる雇われ農夫は皆、やる気ゼロ。

 

と、言う訳で、当然の事だが、そもそも土地は誰のものでもない。

これを理解しない地主は能無である。

 

であれば、政府なり行政が管理すべしという人もいる。

いやいやとんでもない。

 

本来、何ものにも所属せず、何ものにも支配されない立場を理解しない植民地根性丸出しの

一番愚かな考え方である。

 

土地は、基本、そこに住む住民の専権事項。

 

ところが、住民にセルフガバナンスの意識が恐ろしいほど希薄ならどうなるか?

 

行政や大金持ちや農協がその薄汚い手を突っ込んで金縛りにする。

 

植民地統治に於いて、日本式であれ、フィリピン式であれ、

ミスター M・K氏のようなセルフガバナンスを知る人物に力を発揮されるのが一番困る。

 

大地主だったり、それに準じる人望ある人物を一気に排除するには

農地改革に勝る悪手はない。

GHQの悪辣な狙いを真に受けた日本は見事に籠絡された。

 

小作人に土地を与えよ。

一見良さげに見える政策だが、

実際はセルフガバナンスの土台を木っ端みじんに粉砕する爆弾である。

 

人間はひ弱な生き物で、一度植民地暮らしに慣れると、

否が応でも行政依存に拍車がかかる。

農家ならJAに依存して、借金漬けになっても離れられない。

 

最初は耳ざわりがいいが、徐々に締め上げ真綿で首を絞めるのが常套手段。

 

早い話が、寄らしむべし、知らしむべからずの官僚制統治構造、

藤原摂政関白時代の荘園制度に逆戻り・・・。w

 

我が世の春・・・

 

荘園時代に逆戻りなら、土地の境界線争いや水争いで我欲丸出しの争乱が起こる。

そこで荘園主は暴力装置(武士)を強化。

自動的に中央政府の権限が拡大。

終いには主権剥奪・・・。w

 

二重代理支配の正統化にはもってこいの仕組み。

 

しかし、ミスター M・K氏の場合もそうだが、大地主世襲制にも落とし穴がある。

それがバカ息子、バカ娘問題である。

(ジミン党も世襲三代目、四代目に苦しんでいるが・・・)

これもセルフガバナンスを狂わせる大きな要因。

 

では、どうすればいいのか?

 

マトモな意識を共有した最小行政単位の構成員、ひとりひとりの意識を

標準レベルより上に押し上げるしかない。

 

大富豪の家に生まれようと、

貧乏人の小せがれに生まれようと、

帝王学を学ぼうと、

余人の及ばない秘技をさずけられようとも、

器に収まる分しか受け入れないのが人間。

 

器のないトカゲの尻尾切り要員とか、出来損ないのサイコパスを量産しても益はない。

一流大学を出ても人望のない人間は所詮、役に立たない。

これは教育制度(カリキュラム)の問題ではない。

 

独立した意識を持つ個人、個人の資質を高める。

器をつくる、あるいは広げる。

これを涵養するには、成長期に自然循環に接するのが一番である。

 

ま、現在の教育制度は遠からずゼロから見直すしかあるまい、と思う次第である。

 

・・・

Mind of the Earth Batangas

【NGO : マインドオブデァース・バタンガス】

https://goo.gl/photos/jdqpimnqk8ssQmkC7

【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】

http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

ドネーション受付ページへ

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfZ_fIYUaBmOxamKTI-xW-8OE3TQiU8gIpW1JBQVV1PwxsqNw/viewform

電子を放出/世界初!空間まるごと還元空気清浄機。

【e-bless】

http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

 

転載以上


南無妙法蓮華経

 

コメント

自作自演

2017-08-30 10:50:32 | 日本侵略構想

 

不正選挙 茨城県知事選 期日前投票2倍、

自民党県議45人に130万

https://ameblo.jp/ruroibrown/entry-12305581154.html

 

不正選挙の特徴は、期日前投票が異常に多いこと。


つまり、票のすり替えを行うのに当日票では難しいので、

期日前投票を事前に準備した偽票にスリ替えるという手口。


更に、今回も自民党県議45人に130万で、合計6千万円が使われた。

これも税金から盗みんだものだよね。

 

転載以上

 

GS被害者の方は皆やられている軽い嫌がらせ☆

意味不明な嫌がらせが次々と繰り出される(笑)。

 

咳をするおばさん

https://ameblo.jp/arisutama7/entry-12305808164.html

 

ドラッグストアに着いて、商品を探していると、白髪頭のおばさんと目があった。

そのおばさん、やけに私をジロジロ見るのである。
そして私が行く後を付けてきたのである。

どうも、私をターゲットの人物か確認している様子だった。



しばらく後を付けてきたので、私もあっこれは工作員だとわかり、おばさんをチラチラ見ていたら、

そのおばさん、私がターゲットだと確信したのだろう

いきなり咳をし始めた。



その様子が私には、かなり笑えたので、私は笑いながら、そのおばさんに近づき「工作員」と言ってあげました。


そしたら嫌な顔をして私から離れていきました。

~中略~

 

咳の嫌がらせは、2002年からやられている。

その当時はすさまじかった。電車に乗ればそこら中で咳、咳、咳の連続だった。

あのころは大変だった。


今は、ウォークマンで防御している。


音に対する嫌がらせは、その音を聞かなければよいのである。
聞くから頭にくるのである。

 転載以上

 

 

で、何故彼ら同和はこんなにも基地外なのかというと、

このような要素があるからかもしれない。

戦後、被差別部落民が在日を「朝鮮人」と侮蔑したという話を伺うが、

笑止千万、同じルーツ同士で優劣をつけ、金の為なら躊躇せず結束して犯罪稼業に精を出す。

理解不能だ。


但し、南朝鮮本土の方々で非常に礼儀正しく道理を重んじ、

品位ある方々に多く接してきたので、総括しての感想ではないことを追記しておく。


まるでGS部落同和に共通するメンタリティー。↓

 

 

日韓問題(初心者向け)

韓国特有の「自分がやっているのだから相手もやっているはずだ」

との飛躍

http://sp.ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar972549?fref=gc


以前から書いているように韓国社会は特異な価値観を持ち、

私達とは異なるルールに基いて行動しているが、

多くの韓国人は世界中殆どの人々が自分達と同じ価値観を有していると考えており、

なにか物事が起きると「その前提で」分析を行う。


また、「蔑視ありきの自民族中心主義」という独特の価値観に基き、

自身に不都合が起きたり批判された場合には、


他者の劣等性を見つけ出し相対化することで、自身の問題を打ち消し

自己の優越性を確認する特徴があるため


問題が発生すると上記の考え方と合わさり

「自分たちがやっているのだから、

相手も(相対的に自分達より劣等な)同じような事をやっているはずだ」


と考える傾向にある。


そのため、度々私達から見て

「なぜそれを問題にしているのか解らない」

「なぜそこに怒るのか解らない」

「なぜそこまで自分の事を棚に上げる事ができるのか解らない」

という事態に陥る事が多く、日韓の間のトラブルになる場合が多い。

 

転載以上

 

 

【 北朝鮮に有能説が浮上。ミサイルの軌道を分析したら…

気配り上手じゃん! 】
http://netgeek.biz/archives/102005...

 

 

 

【 安心して下さい。ミサイル落ちてきません。

北朝鮮=日本皇室のご親戚 Two party systemについて 】
http://golden-tamatama.com/blog-entry-north-korea-play.html

 

 

【 日本のイルミナティについて 】
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1402.html

 

 

【 北朝鮮またミサイル発射。戦争の作り方。

第二次世界大戦中のヨハンセングループ。

広島第2総軍から北朝鮮に続く茶番劇 】
http://golden-tamatama.com/blog-entry-how-to-make-war.html

 

 


転載以上

 

 

 

南無妙法蓮華経

コメント

CERN / 地獄への扉 (2015) [日本語字幕]

2017-08-30 10:27:48 | 世界の過誤

 

原発、水素燃料電池、EVも止めて、大政酸水素ガスで時間稼ぎしろ 

電気と空気から食料の作成に成功?

https://ameblo.jp/z777x888/entry-12305967115.htmlより以下転載

 

映画スライブの、一家に、一台、メンテナンス半永久的にフリーな、

6.66万円クラス供与まで、この、混合ガスにしない、酸水素ガス、大政ガス単独、

認可すれば、良いのに。

しかし、渡来系ユダヤ満州人朝鮮人支配の、皇室以下、政官財の、

ピラミッド魔トリックス死ステムで、

武器麻薬医療製薬人身売買以上の、エネルギー利権、解禁、認可するわけないね。

ッテカ。Φ(´゜π゜`)φ

 

綾の光時通信:電気と空気から食料の作成に成功!

https://plaza.rakuten.co.jp/kagoshimalife/diary/201708290001/

電気と空気から食料の作成に成功!
【電機と空気を使った食料の作り方】
あらゆる原料を空気から作ることが可能・・・

 

鋼の錬金術師

 

え・・・本当に?



電気と空気から食料の作成に成功・・・

食糧危機に備えて(フィンランド研究)

 

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0825/kpa_170825_3765036815.html

 

科学者によって電気と空気から食料が作られた。

(上の画像は電気と空気から作った食品の粉末)

この技術はいつの日か世界から飢餓を一掃するかもしれない。

 

この研究はフィンランド・アカデミーの資金提供を受け、

VTTフィンランド技術研究センターとラッペーンランタ工科大学によって、

世界の飢餓問題を解決するという野心的な目標のもと開始された。

 

【電機と空気を使った食料の作り方】

 

具体的にこの食料を作るには、まず原料(空気から取り出された二酸化炭素、水、微生物)を

コーヒーカップ大のタンパク質リアクターに入れる。

 

そして、これを電気分解(イオンを含む液体に電流を流すプロセス)によって化学分解させる。

プロテインパウダー1グラムを生産するにはおよそ2週間かかる。

パウダーの構成はタンパク質50パーセント、炭水化物25パーセント、残りは脂質と核酸である。

 

多分、美味しくはないし、有名シェフが飛びつくような食材でもないだろう。

だが、再生可能エネルギーを用いて空気から作られるのは美点だ。

 

大規模なスケールで、効率的に生産されるようになれば、世界の飢餓を解消するうえで

大きな役割を果たすことになるかもしれない。

 

あらゆる原料を空気から作ることが可能・・・とも!

食品メーカーさん、是非、おいしい食品を創ってください(笑)


 

過去には、フリエネ関連のお話も、たくさんありましたね!

 

「Kedhe財団」の燃料電池が8万円で発売になった?

 

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1063.html

 


 

ケシュ財団がフリーエネルギー装置の設計を完全公開

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1113.html

 

電気メーカーさん是非、創ってください(笑)


 

OHMASA-GAS(オオマサガス)

 

http://ohmasa-gas.org/05what_gas.html#03

 

水の電気分解によって生まれたクリーンなエネルギー

 

水を特殊な振動撹拌で電気分解を行うことにより、振動流動下での電解時に

ナノ・マイクロバブル(酸素と水素のガスが微細な泡になったもの)が生成します。

 

これが破裂することで、強力なエネルギーが起こり、その結果、

安全な酸素と水素の結合体のガス(OHMASA-GAS)が得られます。

 

大政社長是非、普及させてください!


新たなニコラ・テスラが、世の中を変えていきますね・・


転載以上

 

CERN / 地獄への扉 (2015) [日本語字幕]

コメント

現代版農奴制(スライヴより)

2017-08-29 09:42:52 | 世界の過誤

☆軍需産業と情報機関のボスは、同じファミリー。


☆怪しい危険な情報を議会やジャーナリズムに

故意に流して戦争準備を促し、

結果国税が軍需産業に流れ込む仕組みが

昔から出来ている。

...

(広瀬隆・赤い楯2より一部要約)



ミサイルで騒ぐのに大切な農業は潰す自公

https://ameblo.jp/sannriku/entry-12305712791.html

 


戦争に行ったアメリカ兵の告発!

「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 

(「戦争は儲かる!」by アメリカ)

 



日本政府による日本人弾圧。

戦争屋の傀儡・

特権階級同和↓

https://ameblo.jp/aidubushidou/entry-12305601479.html

 

 

あはは!

騒音オバサンは創価の被害者だって、とっくにバレていますよ。

こちらは同和の仕込み?

それともストーカー被害者を嵌めたの?


こちらの方が真のGS被害者ならば、近隣住民は同和工作員。

そうでなければどなたかGS被害者を陥れる猿芝居。

この、腐れ同和!

 

新・騒音おばさんが殺人未遂で逮捕も

近隣住民が警戒し続ける衝撃の理由

 

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%96%B0%E3%83%BB%E9%A8%92%E9%9F%B3%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8C%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E6%9C%AA%E9%81%82%E3%81%A7%E9%80%AE%E6%8D%95%E3%82%82%E8%BF%91%E9%9A%A3%E4%BD%8F%E6%B0%91%E3%81%8C%E8%AD%A6%E6%88%92%E3%81%97%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E8%A1%9D%E6%92%83%E3%81%AE%E7%90%86%E7%94%B1/ar-AAqQiSZ?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp

 

 

 

 

内部告発!(元アメリカ国家安全保障局)

『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が

核兵器を使った!』

 

 

 


米国世論 流れは反ポリコレ

http://tokumei10.blogspot.jp/2017/08/blog-post_437.html

 

日米のマスコミは白人至上主義ガー!とかほざいてますが

米国の流れは反ポリコレですな。


仮に白人至上主義者の中の人がユダヤだとバレ始めたら一気に行くでしょうな。



報道されてないだけで米国民のポリコレ厨に対するヘイト(笑)レベルは

限界にまで達してると見るべきでしょう。


米国 たとえヘイトスピーチで傷つく人がいるとしても言論の自由は守られるべき85% via kwout

そもそもだからトランプ大統領が爆誕したわけで・・・

トランプ氏、人種差別で有罪宣告を受けたジョー・アーパイオ元保安官に恩赦 via kwout


米国ではこれから、人種に関係なくやたらヘイトだの差別だのポリコレだのとほざく連中が

追い詰められていく流れになりそうですな。

そうなるとマスコミも掌返しせざるをえなくなるでしょう。(爆wwwwwwww

 

転載以上

 

 

2017.08.28 tamazo

オランダの銀行家が暴露

http://golden-tamatama.com/blog-entry-revelation-from-insider.html

 

サイコパスしか巨大銀行のトップにはなれない。
これは内部事情を知った人なら知ってることです。
トンデモ情報と言われても、本当だからしょうがないではないですか。

オランダの銀行というところもミソですね。
オランダやベルギーの方が上。

例えばウォール街のゴールドマンとかそういう連中より
INGグループ等々オランダの金融グループの方が位が上なんですね。
知らない人が多いのですが。

だって遡ると直近でも400年以上も前の北イタリアにいたベニスの商人達なのですから古い連中なのです。

まぁ、張っときます。


エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201708_post_14250.htmlより


オランダの新興メディア「De Vrije Media」のインタビューに応じたのは、

オランダ人のロナルド・ベルナルド氏(オランダの金融会社「de blije b」の創設者)。

もともと企業家として財を成したセレブだったが、成功への欲望はそれで満たされることなく、

“マイナス100度の冷凍庫に良心をしまって”金融業界に参入。

出所の怪しい金のマネー・ロンダリングなど違法な業務に、最高レベルで5年間携わりながら、

世界金融の仕組みを学び、銀行・各国政府・諜報機関・テロ組織がいかに結託して

世界のマネーを回しているかを理解したと語っている。

その間、ロバート氏は冷徹無常な“サイコパス”になる訓練を受け、

たとえ携わった業務の影響で自殺者が出ても、同僚と笑い飛ばすような人間になっていたそうだ。


「私たちは、人々を見下し、嘲笑っていました。

人もモノも単なる商品、廃棄物であり、全ては無価値なゴミです。

自然、地球だってそうです。全てを燃やし破壊したって構わないのです」

(ベルナルド氏)

 

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/39YQbv6vEFA?feature=oembed" frameborder="0" width="728" height="410"></iframe>

 

金融業界でかなりの実力者となったベルナルド氏は、クライントの紹介で悪魔崇拝者の

秘密サークルと終身契約を結ぶことになる。

ベルナルド氏曰く、彼らの教会では、まるで映画『アイズ・ワイド・シャット』の

1シーンのような異教的で官能的なミサが開催されており、

ベルナルド氏も大変楽しんだとのことだ。

しかし、終わりは突然やってきた。

ベルナルド氏が良心を取り戻す事件が発生したのだ。

それは、生贄を捧げる儀式に立ち会った時のことだという。


「それでは、今回私がインタビューを受ける理由となった出来事をお話しましょう。それは海外で開かれた、生贄を捧げる儀式に招待された時のことです。これが、限界でした……生贄にされたのは子供たちです」(同)

「彼らはこんな儀式を何千年も続けているのです。私はかつて神学を学んでいたのですが、聖書にはイスラエル人がこういった生贄の儀式をしている記述があります。イスラエルの最初の10部族がバビロンで捕囚されたのも、子どもを生贄に捧げるこの儀式のせいです」(同)

ベルナルド氏は子どもたちを生贄に捧げるよう命令されたが、それを拒否。この時から彼の精神は徐々に壊れていったという。涙を流しながら告白を続ける。

「もう私はまともに機能することができませんでした。成果も振るわなくなり、仕事を断るようになっていきました」(同)


 それでもベルナルド氏は極めて責任の重いポジションにあったため、

簡単に仕事を辞めることはできなかったという。

そしてある日、ベルナルド氏の体は完全に機能が停止、

気が付くと病院の集中治療室で寝ていたそうだ。

辛い記憶のため多くは語らなかったが、これには組織脱退時の過酷な拷問が

関係しているとのことだ。


最後にベルナルド氏は、ある書物を読むことが、この組織のことを知るために重要だと語っている。


「『シオン賢者の議定書』はトンデモ本だといわれていますが

この信じられないほど退屈な本を読み通すことをおすすめします。

これを読んで理解すれば、毎日の出来事が新聞を読むように分かるようになるでしょう」


 以上がインタビュー第一弾(現在のところ第三弾まで公開されている)の内容だ。

これまで噂されてきたイルミナティの黒い話がほぼ事実だったことが、

これで明らかになったと言えるだろう。

第二弾ではさらに深く世界金融とイルミナティとの関係が詳細に語られている。

辛い記憶を掘り返し、涙を流してまで告白してくれたベルナルド氏の勇気に拍手を送りたい。

この暴露したロナルド・ベルナルド氏は良心の呵責に耐えられなくなったのでしょう。


それでyoutubeに暴露動画を載せたのが今年の4月27日。

そして、その後、先日8月24日。
このロナルド・ベルナルド氏の遺体がフロリダで発見されたようです。


転載以上



スライヴ (THRIVE Japanese)  

 

 

 

 

南無妙法蓮華経


コメント

アメブロ記事保存

2017-08-28 09:49:30 | 日本侵略構想

手持ちのスマホ・ハンディカム他、

録画・録音機能の付いた製品が全て、

遠隔操作によるのか機能が使えなくなっている。


それを良いことに、近所の大森・湯沢・小太刀・赤羽・

ダブルケンジ・岩本・青木・斎藤サッシ・北新・産廃業者等々

同和税金成金連中が大いに攻撃を仕掛けてくる(笑)。

流石基地外連中。

先ほど21時から、突然激しい臭気物噴霧車の往来。

ご近所の工作員宅からも

ヤニ臭やラウンドアップ臭が酷く吹き付けられてきていた。

ネットの繋がりも悪い。

こんな姑息な手法も、そろそろ使えなくなるだろう。

コイツラを共謀罪で逮捕せよ!腐れ同和政府!!


栃木県内のこちらの市では、JAによりラウンドアップ使用が

強制されているという。

来年からは品種改良した新しい種を植え付けるとの

説明だったが、所詮際物だろう。



 

JA推奨!

 

日本でバンバン使われている

 

モンサントの除草剤ラウンドアップは

 

諸外国で使用禁止の猛毒

 

https://ameblo.jp/sunamerio/entry-11506272533.html

 

 

 

http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/kumikae510.htm より

ある調査によれは 

 

ラウンドアップを使用している地域では
非ホジキンリンパ腫というリンパ腺のガンが

 

その使用量と比例して増加するという。

モンサント社が行った

 

遺伝子組み換え大豆が

 

人体に与える影響の実験は、
なぜかラウンドアップを散布していない

 

農場で行われている。

ラウンドアップとラウンドアップ耐性大豆

 

が常にセットで販売されていることを

 

考えれば、非常におかしな実験である。

 


モンサント社は

 

ラウンドアップを使用していない農場での

 

実験データをもとに、
その安全性を宣伝している。

ドイツの科学者、タペーザーとワイゼッカー

 

は、この実験は消費者が実際にロにする

 

大豆とは異なるもので行われているとして、
実験の無効を訴えている。

日本でもラウンドアップは盛んに使われ、
除草剤の売上げトップの座を占めている。

しかも、ニューヨーク州ではすでに

 

「安全な農薬」という宣伝が
できなくなっているにもかかわらず、

 

日本では相変わらず安全性を強調して

 

販売しているのである。

 

 

 

ラウンドアップ(グリホサート剤)は、

 

既に成分特許が切れているため、
様々な名前で同剤が販売されています。

 

 

 


日本では住友化学園芸の「草退治」など
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00516.html

 

 

 

転載以上

 南無妙法蓮華経

 

 

 

 

 

 

ガソリン車、世界的に禁止へ

 

…日本の自動車メーカー、

 

大規模な人員削減と

 

下請け淘汰必至

 

http://biz-journal.jp/2017/08/post_20304.html

 

 

 

 

 

各国政府がエンジン車を禁止 EVを推進

 


 自動車メーカーだけではない。

 

多くの政府がエンジン車の販売を禁止し、

 

EV化を進めようとしている。

 

 

 

パリの大気汚染に泣くフランス政府は、4

 

0年までに国内のガソリン車とディーゼル車

 

の販売を禁止する。

 

 

 

インドはそれに先駆けて30年までに、

 

ノルウェー、オランダは25年までに

 

エンジン車の販売を禁止する。

 

 

 

また、自動車生産大国のドイツも、

 

連邦議会で30年までにエンジン車の販売を

 

禁止すべきという決議をしている。

 

 

 

トランプの米国もEVへ

 

 
 米国では、トランプ大統領は

 

パリ協定から離脱を表明しているが、

 

カリフォルニア州をはじめとする12州は、

 

実質的なエンジン車締め出しのZEV規制の

 

内容を強化して18年モデルから適用する。

 

12州の販売台数は

 

全米のおよそ30%である。

 

20年には、そこでは販売台数の

 

5台に1台から4台に1台がEVになる。

 

年間100~130万台ほどのEVが

 

販売されることになる。

 

ZEV規制に違反すると、

 

1クレジットにつき5000ドルの罰金である。

 

 

 

 中国では、米国のZEV規制と同様の

 

NEV規制が18年から実施される。

 

これは実質的なエンジン車の締め出し

 

であり、大気汚染がひどいことを考えれば、

 

当然の措置だろう。

 

 

 

転載以上

 

 


 

https://ameblo.jp/aidubushidou/entry-12304741616.html

https://ameblo.jp/aidubushidou/entry-12305404870.html

 

コメント