終には覚むる夢の世の中 part2

終に前ブログはACCESS不能に。新たに此方で情報を共有させて頂きたいと思います。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

虚妄の世界

2018-10-19 05:59:24 | 世界の過誤

残念ながらじゃなくて大変喜ばしいことです

~人工地震船ちきゅう故障

https://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-12412770888.html


いまちきゅうに乗船している御用学者の皆さんもですね、

自分がもらえる金のために、知って知らぬふりしているんだと思いますが、

もうメジャーレベルで皆さんのギャラに尻尾振る姿勢がバレバレですから。

こうなったら、BOPだけじゃなくて、ちきゅうさん全船にわたって

故障したままでおってくださいよ。

BG梅さん以外、誰も困る人いないし。

転載以上


無保険の日本人が死亡し、

詐欺で保険を悪用している中国人が元気になる日本

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52031291.html

 

 このように野蛮な害人が急増すると、

日本の制度を利用した詐欺が横行し、

損をするのは日本人であり、正直者は損をすることになります。

そしてグローバリズムを先導している日本では外国人への
お・も・て・な・し・が重視されています。

例えば:詐欺師も犯罪者もテロリストも熱烈歓迎、
どうぞごゆっくりおくつろぎください、好きにしてください、
利用できるものは全てご利用ください。
外国人のためのサービスが充実しているのが日本です。
世界一外国人に優しく暮らしやすい国が日本です。
世界中の皆さん、どうぞ、こぞってお出でください。。。。など。

そのせいで、外国からの犯罪者やスパイの
巣靴になっているような気がします。
一方、同じ日本人の貧困層は放置されています。 

転載以上


小室圭さん NYで5人の美女との飲み会動画

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52033165.html


日本の皇室も謎だらけ。

表向きは清く正しく美しい国民のお手本として見られている

皇室の皆々様ですが。。。

一体、国民にどれだけ真実(事実)を隠しているのでしょうね。

謎ばかりです。

皇室維持に税金が流れているのですから

公共機関と同じです。

公共機関は国民に秘密があってはならない

はずですけど。。。


転載以上


 【ポツダム宣言に謳われた現在でも有効な法律・政令・省令

(02/27)


相反する勢力を作り、互いに争わせる。

一方、日本人は朝鮮、中国の王族に入り込んでいません。

逆に入り込まれています。

主導権はイスラエルから中国、朝鮮を経由して来た
渡来人が握っています。

彼らの中にベルベット・ファシストがいるということ。

アフリカで奴隷が取引されていた時代、
直接、白人が鞭を振るっていた訳ではなく、
同じアフリカ人の中にいた支配者が鞭を振るい、
売り渡していたと私は考えます。

これは現代のフィリピンにおける、人身売買、臓器売買でも
同じ事が言えます。
臓器を欲しているのは外国人ですから。

以前、書きましたが、
アジアのすべての国は客家に乗っ取られています。

日本に於いても同じで、

三国人がヤクザになり、カラスがおり、そのてっぺんに3トップ。

日本の為ではなく、彼らの利権ですべてを判断します。

中略

【日本が役割を果たしていないからG20、BRICSな訳です】
でも書きましたが、世界の市場は日本、イギリス、アメリカと
開いてゆく訳です。

インドネシアに集められた金塊を日本のある組織が
番狂わせ的に手に入れ、所有者である、ヘッセン、
オラニエ等を命だけは助けてやり解放しました。
この判断が現在まで影響しています。

これが敗戦国日本と、勝者イギリス、アメリカ
この三国で世界経済を回す事が決まった理由。 

転載以上


税金廃止=カースト制廃止 特別会計=血税横領 

官僚・公務員が、日本を滅ぼす! 特権階級の脱税免除

https://ameblo.jp/z777x888/entry-12298362759.html

 

 

 狂った社会の根本原因は、世界王族と税金による、

王と奴隷の、特権階級のカースト制

https://ameblo.jp/z777x888/entry-12337051678.html

 

 

米民主党活動家らはカルト教団の熱狂的な信者と同じ

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52033098.html


ルトは信者に催眠(マインドコントロール或は洗脳)をかけて従わせます。

イルミナティ(カバラ)はもちろんカルトですから
世界中の人々に催眠をかけてコントロールしています。
 
カルト教だけでなく従来の宗教や新興宗教の殆どが
催眠手法により信者をキープしています。

さらに政治思想も催眠です。
(ちなみに右翼と左翼の出所は同じです。
 
アメリカではイルミナティ(影の政府、ディープステート)の
策略により悪魔崇拝カルト教が拡大しています。

そのため催眠にかけられた人々が増えています。

特に多いのが左翼及び民主党員及び民主党支持者のようです。

彼等は政治活動(ほぼ暴力活動)を行う前に悪魔儀式の呪文のように
リーダーの言葉を復唱します。

世界中の人々が催眠によって動かされています。

転載以上

 


 

米国の民主党議員エリザベス・ウォーレン(マサチューセッツ州)は、

かねてよりアメリカ先住民の血を引いているものの代表として

差別問題や権利を訴え弱者の味方として、

ある意味アメリカ先住民を利用した政治活動を行っています。 

 

その主張はともかく、同氏についていつも問題になっていたのは

本当にアメリカ先住民の血を引いているかどうかということ。 

なぜならば、証明するものは具体的には何もなく、

同氏が主張する「母親のほほ骨がでている」という事だけ

だったからです。 

しかも、チェロキー族は、同氏が

アメリカ先住民の血をひいているという主張を認めていません。


転載以上


ネトウヨと浅薄な政治家「愛国スーツ」にご用心 

https://ameblo.jp/ryobalo/entry-12412250725.html

 

私は自身の本能の赴くまま世相を斬っているだけで、

正しいことは正しい、間違っていると思うことは間違っている、

と当たり前のことを言っているだけです。 


私が見てきた限りネトウヨもネトパヨも
上っ面しか見ず、
本質を見抜く力がなく、誰かにすがり、
居場所が欲しい、出会いが欲しい、1人では行動できない、
教祖様と利用される信者という構図です。

とにかく自身に都合の良い側面しか見ようとしない。

そして少しでも意見が食い違うと鬼の首を取ったかのように
連合赤軍事件を批判できないような集団総括
(集団で標的を取り囲み、罵声を浴びせたり、
排除するための作り話を風評するらしい。)
があると聞いたことがある。

バランスが保てない、自分がない、自信がない人ほど
染まりやすく
宗教の信仰的な部分があり、群れる傾向があります。

つまるところ右も左も同じ。

そして私がこういうことを書くと
“批判した”“嫉妬だ”“アンチになった”
自身に都合の良いように解釈するのがネトウヨ。

なんでも自身の価値観から少しでもズレると許せないという
視野の狭い人生経験のない薄情者の集まり。

仲間内でやっていることは
大嫌いな朝鮮人、サヨクと同じなのです。

転載以上

 

まっとうな日本国民はお気をつけ下さいね。
特権同和関連企業
三菱・NTT・ソフトバンク・天皇財閥系企業

秘書センタードットコム

http://hisyocenter.com/html/company/#director


さまざまな業種の依頼を受けている秘書センタードットコム株式会社では、
秘書代行・電話代行を単なる 「応対→取次ぎ→報告」 

といった業務と考えておりません。
お客様をビジネスパートナーと考え、さまざまなビジネスチャンスを提供しております。
営業方法やシステム開発などのご相談に対して的確なご提案をさせていただくことが可能です。
実際、弊社の中で関連企業のご紹介などが頻繁に行われております。

今後もこれからの秘書代行・電話代行の新しいビジネスモデルを提案し、

その普及に邁進して参りたいと思います。

会社名 秘書センタードットコム株式会社
事業内容 受電代行、電話秘書業務、コールセンター受電委託業務
代表者 代表取締役 岡本英行
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-22-10 見真ビル2F
TEL 03-4330-5555
FAX 03-3770-5444
URL http://hisyocenter.com
E-mail info@hisyocenter.com
従業員数 85名
資本金 5000万円
主要取引先 NTT東日本株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、KDDI株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社
主要金融機関 三菱東京UFJ銀行

転載以上

 

中国・公務員による犬虐待

 

画像は全てネットより

 

南無妙法蓮華経




 


 

 


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 勤勉が彼らをせわしなくさせ... | トップ | 端綱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界の過誤」カテゴリの最新記事