B。「日本医療」の原点は七三一部隊だ
https://ameblo.jp/shinjyukuroujintou/entry-12264895491.html

1) 毒ガス兵器を開発していた七三一部隊

・  戦時中の満州で、七三一部隊(通称;石井部隊)が細菌兵器・毒ガス兵器を

開発していたことは今や多くの現代人が知る事実だ。また、多くの中国人捕虜を

マルタと称して生体実験(約3,000人)を行い、敗戦後新宿戸山に秘密裏に

持ち帰った。ところが、そこで予防衛生研究所や戸山ヶ原ハイツの建設・

建て替え工事が進められた時、数多くの人骨が発見された。この事情に関して

毒ガス研究者;常石敬一教授は「「満州・石井部隊のマルタ死体を

日本に持ち込んだ証拠」と指摘・告発した(七三一部隊・講談社現代新書)。

秘密情報が思わぬところ暴露してしまった。そこで慌てた厚生省

またまた秘密裏に「豊洲」に移送し・埋め立てた。それが、

現在の築地移転先での毒ガスが流出しクローズアップされている。

もともと東京湾から毒ガスが流出することはありえない筈だが、

毒ガスなどのさまざまな残土埋立地から有害なガスが発生することは当然だ。

でも「石井部隊の蛮行を秘密にしている自民党政権は「真実」を公

開できないから、秘密裏に処理したいと考えている。

これが「豊洲の事実」だから、自民党もこの点を隠して処理したいのだ。

最近は「豊洲の最新のシアン検査要領にミスがあった」とか、

「築地からより強いガスが出た」などの謀略情報も出ているが、

あれは石原の責任逃れのインチキ情報だ。

情報隠蔽には反謀略・反反謀略が付きものだ。

・  そもそも新宿戸山ケ原には陸軍射撃場・戸山学校など陸軍の中枢部があった。

その下部組織に川崎登戸に陸軍科学研究所の出張所があったが、明大キャンパスが移住し、

そこで研究者・学生の中から平和教育登戸研究所が設立され、戦時中の陸軍の活動実態が明らかにされ、

今公開されている。権力者による国家犯罪を隠蔽していても時間経過とともに、

人類の智慧によって明らかにされる典型例だ。

・  なお余談だが、敗戦後の帝銀椎名町支店で行員の毒物殺人事件があり平沢貞通が

逮捕されたが、時の敏腕刑事平塚八兵衛は真犯人はその毒物から見て七三一部隊関係者と

みていたが、結局平沢は冤罪のまま獄中死した。これも敗戦後の情報隠蔽の犠牲者だ

(松本清張;日本の黒い霧)。

 

2) 当時の日本医学界の粋を集めた研究

・  実は戦前七三一部隊には各地から医学界の超エリートが招聘された。

石井四郎自身が

「日本では実験できない研究が満州ではできた」と告白している。

・  滋賀医科大学名誉教授;西山勝夫はその著「戦争と医学」(文理閣)で、

「中国で日本陸軍が開発した毒ガスによる被害者が多数いたが、日本であまり報道されない

ことは大きな問題である」と告発している。

・  敗戦後に石井は「研究成果を米軍に提供する」司法取引で戦犯にならなかったが、

多くのエリート医学研究者は各地の大学医学部に復帰し教授・部長として活躍してきた。


3) 現代医療への研究資産の継続

・  石井部隊の業績は「細菌兵器開発」では陸軍戦略に大きく貢献する

「人間性無視」の暴虐だったが、同時に「医学の発展」にも大きく貢献する人類史上の

成果もあった。たとえば、ペスト菌・や赤痢菌・コレラ・ワクチン対策として

応用研究しており、今世界的に次々と新しい感染病が発生し、多くのヒトビトが

犠牲になっているが、それらの基本原理を研究している戸山の感染研究所は

日本国内への防波堤になっている。

 

・  京大の医学博士;内藤良一は石井部隊で重要な役割を果たしたが、

敗戦後血液バンク・ミドリ十字社を設立し、石井部隊の成果を新薬開発につなげた。

そこで後継者の安倍英が薬害エイズ事件を起こしている。

・  特に、長崎大学や金沢大学には優秀な医学専門家が帰り、学長・学部長・

名誉教授に就任している。すなわち、これらの医学部は石井部隊直系の組織だ。

・  彼らは戦時中の人類に対する犯罪行為をネグレクトしているが、本来

「人類を救う」医学倫理を無視していることが問題だと感じている。


4) 「がんセンター」も石井の残党が造った

・  ここに「重松逸造」という不可解な人物が登場する。彼は敗戦後、

米ハーバード大学に留学し、日本での「水俣病・イタイイタイ病・スモン病は

企業の公害・薬害でない」との諜報活動やチェルノブィリ事故に関して

「住民に健康被害はない」との報告書を書いている。

・  かつて東大医科学研究所の第7代所長になった田宮猛雄は七三一部隊へ

多くの若い医学徒を送ったが、敗戦後は日本医師会会長になり、医学界の実質的

「ドン」になった。さらに日本がんセンターの初代代表になり、日本の医学療法のトップとした。

要するにがんセンターも七三一部隊の残党が造ったものだ。


Private Investigator Roger Tolces on Targeted Individuals with Ella Free