はむすぽ。-Go! Go! Fighters!!

ファイターズをぬるく見守るブログだったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

好守には好守を。ネタ打撃にはネタ打撃を!

2008-08-28 | 過去のはむすぽ
6回のズレータの好捕のあたりで「これはノーノーくらうな」と確信した私が来ました。

小谷野にヒットが出るまでは「藤井の1000投球回を被ノーノーで飾る」という
ネタ球団ならではのユニークなお祝いなのかと思ったのですが、違ったみたいです。
…もちろん、ノーノーなんか食らったら、このブログは完全に喪中に突入していたし、
あのまま、小谷野の1本だけで終わっていたら「ウチの小谷野が空気を読まずに
ヒットなんか打ってしまって申し訳ありません」
という自虐挨拶で入るつもりでした。

9回に、どういうわけか一発出れば同点というチャンスができてしまったわけですが、
あの清水直行様からヒット2本打っただけでもすごいのだから、
そんな大事な場面でHRを望むなど酷すぎます。あまりに酷すぎて、逆に泣けてきます。

まぁ、藤井が相変わらずの見殺し王子っぷりを発揮したことで、この3連戦では
いろんな意味で、ファイターズらしさがいかんなく発揮されたことになるわけです。

◇千葉ロッテ×北海道日本ハム22回戦(11勝11敗/千葉マリン・16522人)
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1 1 0 0 1 0 0 0 X 3
F:●藤井―菊地=鶴岡・高橋
M:○清水直=里崎
勝:清水直     20試合10勝8敗
S:
負:藤井      16試合2勝7敗
HR:里崎13号(ソロ=2裏/藤井) 今江11号(ソロ=5裏/藤井)

■ 好守には好守を!
7回裏一死二塁。田中雅の打球はセンターライン一直線。抜けるか!と思われた当たりを
われらがマック会長が横っとび好捕!抜けていれば、ホームクロスプレーになるか?という
ピンチをしのぎました。直後の8回表。先頭打者のマック会長の打球はふらふらっと
二塁後方へ。その打球をセカンドに入っていた田中雅が背走しながらナイスキャッチ!

この場面以外にも両チーム随所に守備で好プレー連発。負けはしたけどしまったいい試合。

■ ネタ打撃にはネタ打撃を!
7回表。小谷野がチーム初安打。一気呵成に行きたかったものの、次打者・ボッツは
止めたバットにボールが当たってしまい、中途半端な投ゴロ。一気に盛り下がってしまう。
直後の7回裏。先頭打者・竹原の打球はボテボテ三塁ゴロ…のはずが、三塁ベースに
ボールが当たりバウンドが変わる。稲田が必死に手を伸ばしグラブに当てるが捕球できず。
打線があまりに非力すぎるせいか、ツキも味方しなくなってしまいましたorzorz……。

そんなわけで、ものの見事に完封負け。きっと、きょうもベンチ裏では打撃コーチの
「何か対策ない?」という諦めにも似た言葉が飛び交うに違いない。(^^;;;

これほど見せ場がない試合も実はそう珍しいことではないのが、
いささか悲しいのですが、チームで1安打の段階で監督とその唯一のヒットを打った
小谷野が何やらにこやかに談笑しているってのが、もうとにかく歯がゆくて、ですね。
たかだかヒット1本打っただけで満足してんじゃねぇよ!という怒りの気持ち半分、
敗色濃厚でもベンチの雰囲気が明るい…のはいいことなんじゃない?という気持ち半分。
とにかく、モヤモヤっとしてます。北京五輪の野球日本代表のあまりの打てなさ加減に
イライラした全国の皆様。ハムっ子は普段からそんな気持ちで野球を見ています(^^;;;。
一年中、そんな気持ちを心のどこかに抱いて試合を見ています。そんな極貧打線を
長年見続けていると、悲しいかな耐性もついてくるものなんですよ。きょうの私なんか
「6回までハム打線はノーヒット」と聞いても、まったく動じませんでしたからね!ww
むしろ、先ほども書きましたが、このままこうなったらこう書こうとかああしようとか、
ブログのネタ構成を考える心の余裕ができてきました。(^^;;;
 はたして、それが
いいことなのか悪いことなのかはわからんが…。そのくらい「ハム打線が打てない」のは

日常茶飯事なのであります。むしろ、こないだみたいに1イニングで
6点とか取る方が不思議なので、そっちの方が逆にパニクってしまいますねww。

はたして、いいんでしょうか、こんなことで。よくないとは思うんですけど……。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« いったいいつぶりだろう?ク... | トップ | 対オリ7連敗……。ひたひたと... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日常茶飯事のレベル(^^; (球場ウオッチャー)
2008-08-29 15:19:25
私が、いつもの相方とファイターズ戦を観戦する時は、
1)まず、完全試合を回避する。
  (死球でも失策でも良いから、塁に出ろ!)
2)ノー・ノー回避を目指す。(できればヒットを一本)
3)スコアリングポジションを確保せよ(二塁くらい踏んでくれー!)
4)できれば、三塁も踏んでおく。
5)完封負けを阻止する。
 (追いつかない程度の反撃でもなんでもいいよぉ)
6)勝ちを目指す。

と、いうように、段階を踏んで期待しています。
「小さな事からコツコツと」とお互い励ましあいながら、
小さな幸せをかみしめるようにしておりますですよー(棒読み)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・特に西武Dではね(遠い目)。

今日は、3連戦のうち、
グリンで勝った&マイコー劇場も最高レベルまではいかなかった
水曜日に、千葉マリンへアタック掛けた
自分の幸せを噛み締めている所です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

過去のはむすぽ」カテゴリの最新記事