はむすぽ。-Go! Go! Fighters!!

ファイターズをぬるく見守るブログだったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファイターズ投手陣から強烈な劇場魂を感じる

2009-05-16 | 過去のはむすぽ
初回、藤井が3四球で押し出し1失点。中劇場。
8回、建山が満塁のピンチを招くも代打・古木を打ち取り無失点。小劇場。
9回、宮西が二死から3連打で1失点。武田久のセーブを演出。中劇場。

こんなに劇場てんこ盛りでも普通に勝ってしまうファイターズ、どうやら強いらしい。

■ オリックス×日本ハム10回戦(日本ハム8勝2敗/京セラドーム大阪=21965)
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
1 1 0 1 0 0 1 2 1 7
1 0 0 0 0 1 0 0 1 3
日)○藤井―菊地―建山―宮西―[S]武田久=大野
オ)●小松―清水―吉野―金澤=鈴木・日高
勝:藤井     6試合3勝1敗
S:武田久    16試合1勝9S
負:小松     6試合5敗
HR:スレッジ9号(2表=ソロ) 糸井2号(4表=ソロ)

で、結局、武田久がたった2球でセーブ。

あれ? 4点差なのにセーブつくの? …と疑問に思った私。

調べてみると、セーブのつく条件は。(Wikipediaより)
  1. 3点以内リードの場面で登板し1イニング以上登板
  2. 迎える2打者に連続ホームランを打たれたら同点または逆転される場面での登板 9回4点リードながら2人以上の走者がいる場合に登板など)
  3. 点差に関わりなく3イニングス以上登板

きょうの場合は、この「2」に該当するので、4点差の場面でもセーブつきました。
記録的にはおいしいんですけど、できれば宮西にきっちり締めてほしかったかな。

藤井の初回は一体何だったんですかね? マウンドから大野を呼び寄せて何やら
コソコソやってましたけど…。そのあとは、まぁ、普通に抑えてはいただけに、ねぇ。
あの立ち上がりはちょっと独り相撲な感じがあった。なんか、審判の判定も藤井に
対してはかなり厳しかったようにも感じた…。押し出しの場面は特にそんな感じが。

賢介が猛打賞でお立ち台。いつの間にか打率も3割台。チーム打率も2割9分台を
維持してここまで来ました。投打がかみ合って5月はここまで11勝3敗。すげぇや。

きょうのワンポイントネタ。ラジオの実況が試合中にこんなこと言ってたらしい。

「ファイターズの9回のマウンドには…誰かが上がります」
…そりゃ、誰か上がらないと試合になりませんわね。(^^;;; そんなアバウトでええんか。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 1週間のごぶさたでした | トップ | どうして下山のところで継投... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
せめて (球場ウオッチャー)
2009-05-17 00:02:41
『吉井コーチが 上がります』
  位の事は言って欲しいっすね。
セーブ (つげちゃん)
2009-05-17 10:10:04
>球場ウオッチャーさん
後番組の中でいろいろ言い訳してましたけどね。(^^;;; セーブがつくのかつかないのかみたいな。

4点差でもセーブがつくケースがあるってのは勉強にはなりました。この1セーブのおかげでタイトルが獲れたとかいう話にならないとも限らないので、まぁ、ポジティブに考えておきましょうか。
勉強になりました (めたぼ)
2009-05-17 12:52:34
そういうコトでセーブが付くんですね。
勉強になりました。

自分的には久は出さんでも、と思っておりました。
が、あとで後悔するよりも・・・ですね。
まだまだ勉強 (つげちゃん)
2009-05-17 16:09:46
>めたぼさん
そうなんですよね。ブログ書いていると、間違ったこと書くわけにいかないから、いろいろ調べるんですよ。それで自分自身も勉強してます。

で、忘れないように記事の中に残しておくと。

打たれてから交代では、後手に回ってしまう感じもあるんで…宮西そのままでも最終的には勝てたような気もしますが、念には念を!の継投だったんだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

過去のはむすぽ」カテゴリの最新記事