負けない MCTDとの気ままな日々

MCTD、シェーグレン症候群である大学生の気ままな毎日をリポートします。

小児歯科【ポリクリ再開】

2020-07-10 22:48:30 | 口唇口蓋裂
昨日は小児歯科でした。なぜこの時期にと思いますが、虫歯は痛くなると大変です。おまけに忙しい身なので行けるうちに行っとかないといけません。仕方ありません。行きました。

すると、どうやら7月一日からスチューデントドクター(いわゆるポリクリ)が再開した様子。この時期にやるとはなかなか大変ですなぁ。完全防護ですしね。ええ。

そんな感じで医歯薬看護は先に臨床実習が解禁になったわけですけど、CEは、というかウチのところではもう実習先が用意できるかどうか瀬戸際らしいです。そういえば最近の様子は知りませんが。なので下手したら臨床を知らずに世に放たれることになるかもしれませんね。そうなると一旦臨床実習も仕切れることだし、もはや国試浪人、通称国浪がありがたい。

でもうちの場合はもしかすると実習受けずに単位が出るかも?という話もあり、最高のパターンだと、かの落単奴でも今年国試を受けられる可能性もゼロではないとのことです。話を聞くにまぁまぁ低い確率っぽいですが。

いやこんな落単奴が免許もらって野に放たれるってどうよ?まぁうちは大学院行くからすぐには放たれないんだけど、すぐに放たれたら知識的に相当やばいやつもおるに違いない。数学が壊滅じゃなくて、臨床が壊滅という連中とかは多分出たくないって思ってるかもしれない。

実際うちにしたって「受けられるのは相当低い確率」ということで保育士の勉強なんかしてるしな。うん。これで突然国試受けろって言われたらやばい。まぁ2年の時点で国試も合格点は取れているのでそんなに心配はしていないが。いやでもやばい。保育士試験勉強期間三ヶ月、臨工二ヶ月とかになったらちょっと笑えませんね。実際保育士、筆記で受かったら12月半ばまで二次試験対策しなきゃいけませんから。で臨工の国試は2月ですから。本業の方が勉強期間短いじゃねーか。それやったら多分同窓会で一生ネタにされてしまう。でも多分受けられるかどうかが分かるのは、かなりギリギリになってからなので(10月とか?かな)そうなると保育士試験も後には引けなくなってるし、もし受けられることになった場合、その可能性は限りなく高いということはお伝えしておきます。

ところで虫歯はありませんでした。心配していた詰め物の減りも思ったほどではなかったようです。次回は三ヶ月後。対面授業と実習が再開した後になるわけですが、いけるのかーっ?

本日もポチッとよろしくお願いします。みなさん頑張っておられます。

にほんブログ村 病気ブログ シェーグレン症候群へ
にほんブログ村
href="//sick.blogmura.com/cleftlippalate/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 病気ブログ シェーグレン症候群へ
にほんブログ村
href="//sick.blogmura.com/cleftlippalate/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へ
にほんブログ村

膠原病ランキングへ

油彩画ランキングへ

医療機器ランキングへ
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

にほんブログ村

膠原病ランキングへ

油彩画ランキングへ

医療機器ランキングへ
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村


コメント   この記事についてブログを書く
« 取り切れるか | トップ | M進恐れ慄いてた奴、D進検討① »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

口唇口蓋裂」カテゴリの最新記事