私の「認識台湾」

個人的な旅行(写真)の記録を主眼としつつも、実態は単なる「電子落書き帳」・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

〝日の丸〟芸能界も台湾攻勢~細川たかし・松田聖子

2005年06月28日 | 台湾
鉄道に続いて、このところ芸能界の台湾公演も何かと目立つようです。キンキキッズ(近畿小子)は何回か公演を行っていると聞いたことはありましたが・・・・あ、台湾の第4原発で初の「日の丸」輸出案件という快挙もあったようですね。

◆細川たかし 台湾で「北酒場」(デイリースポーツ)

細川さんは、歌手生活30周年の節目の記念公演に台湾を選んだようですね。空港にもファンが横断幕を掲げ出迎え、3公演全てがソールド・アウトでスタンディング・オベーションも浴びるなど大成功だったようです。記事からも細川さんや観客の感激ぶりが伝わってくるようです。細川さんは、
「これだけ(演歌が)盛んなら台湾に来て公演するのはいいこと。日本に帰ったらいろんな方に話しますよ」
とコメントしていますが、大御所の細川さんのお勧めとあれば、演歌界の台湾巡業も今後盛んになるでしょう。
それにしても、細川さん(側)は15年目の区切りをブラジル、30年目を台湾と中々選眼が優れていますね。ソウルとか上海と言わないところが流石です。

◆松田聖子:8月に台湾で初の海外公演 豪華ステージで(毎日)

まず、「初の海外公演」というのが大変意外に思えました。まぁ、彼女も大陸反攻、いや、全米ツアー何かを夢見ていたのではないかと思いますが、デビュー25周年という区切りの記念ツアーのトリとして台湾を選んだようです。
記事中台湾での聖子人気は高いと指摘されていますが、〝哈日族〟(ハーリー族)と呼ばれる台湾の狂信的日本信者の教祖であり、日本でもかわいいイラストを交えた台湾ガイドブックを種々刊行されている哈日杏子さんも、取材で福岡にいらした際、カラオケボックスで松田聖子を熱唱していたとさる筋から聞いたことがありますから、本当なのでしょう。
「中国語圏全体でいまだに根強い人気を誇るのは酒井法子、谷村新司、松田聖子の3人」(同関係者)
というのも、へぇという感じですね。のりピーは今NHKの朝ドラに出演中で、しかも母親役やってますね。(そもそも歌手はもう廃業?)
毎日の記事中にはさらに、
「事実、母娘騒動など最近あった聖子の一連のニュースは現地でも報じられ、話題になっている」
とありますから、現地での報道を拾ってみましょう。

[松田聖子海外處女秀 8月獻聲台北(自由電子報)]

「眼前這個體重只有四十公斤的日本偶像女王,真的已經芳齡四十三了嗎?」(この眼の前にいる体重40キロの日本のアイドルの女王は本当に43歳なのか?)
何かそんな意味みたいですが、私もいつだかテレビの対談番組に出ている彼女を見て、生き血でもすすっているんじゃないのかな?と思った記憶があります。
確かに、〝日本「話題女王」〟と書いてありますね。そこで別の報道を探して見ると、

[松田聖子 唱出夢幻旋律(聯合新聞網)]

大阪城ホールでの公演の様子やファンの反応等が大変詳細に書かれていますが、記事冒頭の、
『松田聖子果然是夠本錢被稱為「魔性之女」』
という一言に思わず噴出してしまいました。確かに報道されている内容は詳しい・・・・
検索しただけでも10数件ヒットし、中には「SAYAKA期待復出之日」という娘に関する記事までありました。娘なんて日本では既に忘れられているような気もしますが・・・・
中国語は解らないし頭痛くなってくるのでこの辺りにしておきますが、大変な話題となっていることはよく解りました。
まぁ、彼女は私が小学生の頃は飛ぶ鳥を落とすどころか、大陸間弾道ミサイルをも撃ち落とすような勢いでしたからねぇ・・・・〝雀百まで踊り忘れず〟の息の長い芸能生活には賛意を表したいと思いますし、細川さんのように、歌手生活の節目となる台湾での公演が大成功となることを祈念したいと思います。
松田聖子さんと同郷の柳川の歌人北原白秋は、1934年に台湾総督府並びに教育会の招聘で一月ほど全島を巡歴したようですが、船が台湾の基隆港に着いた際の第一印象は、何だか九州と大差ないなぁいったようなものだった(多分南の楽園のようなイメージを抱いていたのでしょう・・・・)そうですが、彼女も前回プロモーションで初訪台した際は同様の感慨だったかもしれませんね。

このところ政治がらみで両国はごたごたする局面もありましたので、こうした民間外交の成果にも大変期待したいところです。
他にも、大相撲、歌舞伎、NHKのど自慢とかの台湾巡業は間違いなくウケると思うんですよね。宝塚とかもそうかもしれません。
のど自慢の海外巡業で一番面白いのは間違いなく台湾だと思います。台北、台中、台南、高雄、台東、花蓮という具合に1月半位台湾回っても大ウケだと思います。ロンドン、北京、ソウルとやっておきながら台湾がないのは絶対納得がいきませんね・・・・
まぁ、色々あるんでしょうが、その辺にも不偏不党のNHKという虚構を見る思いがいたします。

※写真・・・・台北、臨江街夜市

「櫻桃小丸子」というTV番組、やってましたねぇ・・・・

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 私のお腹は〝朝鮮半島〟?~... | トップ | チャイナ・リスク~〝教科書... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
台湾でウケル芸能人 (スナッチャー)
2005-06-28 15:19:28
どうも、芸能ネタも・・OKですか?

松田聖子、酒井法子、・・山口百恵・・もっと古くは中野良子

何でか、中華圏で大ウケらしいですが、どこがウケルのでしょ



酒井法子は、笑ってても寂しそうなところとか?

ちなみに、聖子ちゃんの歌結構好きです。

CDで聴いていても・・モーマンタイ(ノープロブレム?



やっぱり、伊達にアイドル25年やってないかと・・・



PS:下の記事がコメント受け付けないになってますから、ここに

書かせてください。

盲腸・・ある日突然・・やって来ましたワタシの場合。

あさ眩暈が「グラッ」っときて、下腹にズーンとミサイルが

午後には手術をしてました。

北から、トマホークが飛んで来ませんように・・ナムナム
Unknown (笹団子)
2005-06-28 21:51:22
個人的には台湾の「おじさん、おばさん」の幼少期に良く歌った童謡のコンサートを安田姉妹にやってもらいたいですね。



台湾だけでなく、インドネシアでもうけると思います。
Unknown (さる筋)
2005-06-29 23:06:13
どうも。久しぶりに覗いたらネタが使われていた(笑)。Nです。



細川たかし、節目で「ブラジル・台湾」ですか・・・かなりポイント押さえてますね。



Unknown (さる筋)
2005-06-29 23:07:40
どうも。久しぶりに覗いたらネタが使われていた(笑)Nです。



細川たかし、節目でブラジル・台湾ですか・・・ポイント解ってるなぁ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

台湾」カテゴリの最新記事