goo

アウトサイダー・アート

アウトサイダー・アートからもう1作品ご紹介です

X

不思議な生き物がいっぱいの絵・・・
なんというデザインセンスでしょうか。1本取られました!という感じです。
スコッティ・ウィルソン(イギリス)の作品です。
少し、パウル・クレー(スイス)の画風にも似てますね。

----------------------------------------------------------

彼は全くの文盲で、作品のテーマや技術はすべて独学。
(スゴイ)

幼い頃から自然が大好きで、木や鳥を見られる所ならどこでも
喜んで散歩したそうです。
(この時点で既に親近感アップ)

その後、移動露天商の行商人となり、定期市やサーカスで古道具を商う。
自分の屋台に絵を飾るのが好きで、気に入ってくれた人には二束三文で絵を売る。
(太っ腹です・・・)

イギリスで複数の画廊に才能を認められ、展覧会を開くが、
この時に味わった不愉快な経験がもとで「美術愛好家」を毛嫌いし、
(なんとなく分かります・・・こういうことってきっとあるでしょうね)

儲けなど関係なくても、本当に自分の絵を愛してくれる人とのつながりを
大切にした。
(これ、理想論かもしれませんけど、重要なトコですね)

そして、自分の展覧会が開かれている画廊の前に露店を開き、
自分の絵を通りすがりの人に“ただ同然”で売ったりしたそうです。
(反逆児ですね。やることが過激です・・・)

中で買えば100倍もするのに・・・
(画廊の人、大迷惑&大激怒だったでしょうね・・・笑えます(^_^;)

----------------------------------------------------------
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アゲシリーズ 兄妹、深まっ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。