鐔鑑賞記 by Zenzai

鍔や小柄など刀装小道具の作風・デザインを鑑賞記録

活け花図笄 Kougai

2020-01-18 | 鍔の歴史
活け花図笄

 
活け花図笄 

 植物図は多いのだが、束ねられた植物図が間々見られる。明らかに飾るための植物、活け花の文化が隆盛したことが示されている。左の水仙は束ねられているだけだが、右の笄は壁に掛けられる花入れに活けられている椿の図だ。茶室の飾りと考えてよいだろう。下の小柄は、桶に放り込まれた梅の花。これも、活けられるためにある梅、あるいはこの梅の放り込まれた桶そのものが飾りなのかもしれない。鉢や桶などは、植物を活かすための道具として脇役ながら存在感を示している。

コメント   この記事についてブログを書く
« 瓜に桃図小柄 古金工 Kokink... | トップ | 自在鉤図目貫 古金工 Kokink... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿