未来は僕らの手の中

『どうせ人生は死ぬまでの暇つぶし』
どうせなら楽しく暇つぶす方法を一緒に考えよう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あなたに必要なものとは?

2017-03-12 05:45:50 | 日記
私たちは小さい頃から『頑張って勉強すれば絶対夢は叶うから』『努力は必ず報われるよ』と周りの色んな人たちから言われながら育ってきました。

果たしてそれは本当なのでしょうか?

頑張っても叶わないことはたくさんあります。
どんなに努力しても報われないことは山ほどあります。

私は悲しい現実を話したいのではありません。

少し視点を変えて考えてみましょう。

叶わなかった事、努力しても報われなかった事というのは、自分にとってその時必要でなかったものなのではないでしょうか?

これだけだと『言っている意味がよく分からない』と思う方もいらっしゃると思います。

例えばあなたが第1希望の国立大学医学部に合格したいと思っているとしましょう。

1浪しているあなたはこの1年間寝る時間も惜しんで、全く外出もせず、楽しい事、好きなことは全部封印して勉強に打ち込んで来ました。

親も応援してくれましたが、経済的な面からもさすがに今回がラストチャンス。

『とにかく大学に合格したい』という思いだけで辛い時間を乗り越えて来ました。

もし、努力は必ず報われるなら、あなたは必ず合格するはずです。

でも、現実は同じ様な境遇でも受かる人と受からない人がいます。

その差は何か?

単に頭がいいとか多く勉強したからでしょうか?

私は少し違うと思います。

『大学に合格したその先になにを見ているか』
言い換えるなら、大学に入った後、何を勉強して、どうなりたいのかを考えている人は合格率が格段に上がります。

あなたはその大学に入って何がしたいのですか?

例えば医者になって何がしたいのですか?

例えば医者でなければあなたのしたいことはできないのですか?

確かに収入の面やら現実的な事を考えてしまう部分はあるかも知れません。

けれども、本当に重要なのは『あなたがどうしたいのか』『あなたがどうなりたいのか』なのです。

大学に受かるのも受からないのも全て意味があります。

大学に受からなかったのにはそれなりの理由があるからです。

増して、受からなかったこと=人生の失敗ではありません。

『他のアプローチをしろという』メッセージです。

それにこだわるのは少し辞めて、執着していることから手を離してみてはどうでしょうか。

仕事や人間関係、恋愛、結婚に出産、健康や死ぬこと、人生におけるイベント全て、流れに任せて自分は行き先だけ見失わない様に見ていればいいんです。

ただし、不要な執着、悪しき習慣は捨てる必要があります。

不要なものを手放さないと新しいものは手に入りません。
不要なものを抱え込んだまま、あれもこれもはできない仕組みです。

欲しいものがあるなら、要らないものを捨てる。

そうすると本当に必要なものが手に入ります。

けれどもそれは必ずしもあなたの欲しいものではないかも知れません。

あなたにとって必要なものが手に入ります。

それこそが本当に今のあなたが必要としているものなのです。


ちなみに私の場合、タバコを辞めたところ、タバコに時間と行動を支配されることがなくなり。(とりあえず1本吸ってから考えようというのがなくなった)フットワークが軽くなり、交友関係も広くなりましたし、浮いたお金で車も買い換えました。

テレビを見るのを辞めたところ、元々好きだった読書の時間ができ、自分の人生を振り返る心の余裕が出来ました。

好きで好きでしょうがなく、心から依存していた彼に別れを告げたところ、1週間後に結婚を申し込まれました。(別れる寸前まで行っていました)

大好きだけどずっと辞めたいと思っていたお酒を辞めたところ、1ヶ月で諦めていた子宝に恵まれました。

少し考えただけでも、これだけのことが私の周りでは起きました。

とは言っても、いきなり習慣を変えることは難しいので、とりあえず1ヶ月何か自分が前々から辞めたいと思っていた事を辞めてみてください。

一生じゃなくていいんです。
たった1ヶ月です。

けれど1ヶ月あれば十分効果を上げられるので、多分そのまま継続することになると思います。笑

まずは簡単に出来る身の回りのことから始めてみてはいかがでしょうか。

何か変化が起こったら、是非コメント頂けると嬉しいです。

きっとあなたにも素敵な変化が起こりますよ。
コメント