初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

キュウリグサ    時空を超える、薄藍色のちいさなドア     千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2020-03-18 00:05:09 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

地球を何周しても、

宇宙の果てまで行けたとしても、

時空を越える日がきても、

この子のうつくしさを知らずに生きてしまったのなら、

ホントウは、

どこにも行っていない。

 

 

(胡瓜草)ムラサキ科キュウリグサ属。越年草。

アジアの各地に分布。

別名、タビラコ(田平子)。春の七草のそれとは異なる。

花期、10~7月、真夏以外(一般的には3~5月)。

花径、2mmくらい。草丈、15-30cmくらい。

名の由来、葉をもむとキュウリの香りがすることから。5点。

属の違いを越えて、ヒメワスレナグサ(姫勿忘草)とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ。

12月中旬。

 

1月下旬。

 

2月中旬。

 

 

2月下旬。

 

3月中旬。

 

4月初め。

 

4月下旬。

 

 

 

仲間。

ハナイバナ

(葉内花)ムラサキ科ハナイバナ属。1〜越年草。

日本全土、アジア東部温帯に分布。

花期、3~11月。花径、2~3mmくらい。

草丈、15cmくらい。
名の由来、葉と葉の間に花がつくことから。

 

 

ワスレナグサ

(勿忘草)ムラサキ科 ワスレナグサ属。多年草。

原産地、ヨーロッパ。

花径、5~10mmくらい。花期、3~6月。

草丈、50cmくらいに。

名の由来、ドイツ名「vergissmeinnicht(私を忘れないで)」。

英名「forget-me-not」と、直訳。

ドイツ、騎士ルドルフと乙女ベルタのドナウ川での伝説から。

 


コメント (14)   この記事についてブログを書く
« ヤブチョロギ     太古... | トップ | ネンジュソウ(野沢菊)  ... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちゃんと行ったよ ♪ (しいちゃん)
2020-03-18 07:11:00
ショカさん、おはよ~。

鳥と競争して早起きしたの(笑)
負けたけど(笑)
小さな鳥が家の中に入ってきた夢、けどメジロじゃない・・。
昨日は一か所だけ雨戸開けて寝たから気になってみたのかも。
エサ台一杯散らかしてあったから、今先に取り替えてあげてきたところ ♪
今日も暖かくなりそう。

この子もう咲いてるの?
お向かいの家の前で咲いてるのに長い事気づかなかった子、灯台下暗し・・。
わざわざ吉村さんに頼んで探してもらったのが思い出すとおかしくなるね。
小さいお花は見てても見えてない、いい例だったお花。
さぁ次は、ハナイバナ!!
似てるけど小さそう・・。

今日は賑やかになるね。
嬉しいね ♪

Unknown (ran1005)
2020-03-18 08:41:45
小さな花を何と美しく表現されているのでしょう!
キューリグサもアスファルト植物園の住民なのですか?
ワスレナグサはロマンチックな伝説と共に乙女(?)の憧れの花。
fukulou様のお住まいになる開田高原の湿地にはワスレナグサの群生地が在って、花を見に出掛けたのが開田高原を訪れた最初のきっかけ・・・
キュウリ草は少し違った環境に育っていますが、自然の中では少し野生的な印象を受けますネ。
ハナイバナは未だで逢った事がありません。
この色が (fukurou)
2020-03-18 09:13:34
ショカ様
おはようございます。
この勿忘草色がたまりませんね。
姫ワスレナグサ、いい名前だと思います。
属の違いなんか、これまでつけられてきた名前、イヌとかキツネとかと比べたら小さい小さい!
ヒメワスレナグサ、覚えておきましょう!
Unknown (t71127aichan)
2020-03-18 09:52:54
ショカさん おはよう〜
もう咲いているんだだぁ。
ハナイバナもキュウリグサも超極小の花。
目が悪いと咲いていてもわからないかもね。
手術する前のしいちゃんはそれだったかも(笑)
しいちゃん、こんにちは~ (ショカ)
2020-03-18 13:07:13
気温ぐんぐん上がってる!
おまけに四つのエネルギー源だから(笑)。

鳥の活動時間ってどうなのかな?
二度寝はしないね(笑)。
観察カメラでもないと難しいのかな。

この子、例年12月には咲いてる。
というより、真夏以外かな。
元気なのは早春から初夏。

ハナイバナは僕もめったに逢えない。
花径同じくらいだから、気づきにくいし。
こんにちは^^ (attsu1)
2020-03-18 13:16:56
キュウリグサ、この花も小さいけれど、
春が来たのを感じさせてくれて、嬉しい花です。
ワスレナグサに似ていますよねぇ
そして、名の由来、ドイツ名「私を忘れないで」からとは、φ(.. )メモメモです^^
ran1005さん、こんにちは~ (ショカ)
2020-03-18 13:17:07
ありがとうございます♪

花見も制約あって楽しみにくいですね、残念です。

この子は、アスファルト脇植物園に繁殖してます。
近所の側溝脇植物園にいた子が除草剤被害(笑)に遭いそうで救出したのが始まりでした。
今はあちこちの鉢に侵入して、しばしば整理してますが。

ワスレナグサは、山間での群生をみたことあります。
ヨーロッパから来たのにフシギですね。
fukurouさん、こんにちは (ショカ)
2020-03-18 13:25:03
この子には最上級の賛辞です。
おおむね同じことばを添えますから、
これ以上が難しくなってしまって(笑)。
で、キュウリでしょう(笑)。
いやいや、そこっ?
キュウリ好物で、5点!
ヒメワスレナグサなら100倍美人に♪
ピエロねえさん、こんにちは~ (ショカ)
2020-03-18 13:31:52
こちらでは、この子もネンジュソウと同じくらい年中咲いてる。
ちっちゃい子のうつくしさに気づくと病みつきになる。
レンズ通して初めて分かる子も多いね。
attsu1さん、こんにちは~ (ショカ)
2020-03-18 13:37:13
初夏のような陽気が続きそうですね。

どちらもすてきな花ですね。
すてきななまえだったらもっと良かったのにと。
forget-me-notは尾崎豊の歌にも。

コメントを投稿

千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園」カテゴリの最新記事