初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ヌマツルギク   マタライネンと枯れてゆく野に       東京都江東区都立の森

2019-11-05 00:17:31 | みんなの花図鑑

 

マタライネンと枯れてゆく野にひときわ元気。

1975年といえばついこの間(笑)。

乾燥地でも生育。

 

(沼蔓菊) キク科スピランテス属。

北アメリカ原産。

1975年福岡市で発見。本州以西に野生化。

草丈20~60cm、花径1~1.5cm、花期9~12月。

名の由来、地面を這い、湿地や沼地に生えることから。

 

 

ハコベホオズキの中で♪

 

 

アーカイブ。

10月下旬。

 

 

12月初め。


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« クロガネモチ    アキモ... | トップ | シャリンバイ   初夏の夢... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヌマツルギク (fukurou)
2019-11-05 09:12:22
ショカ様
おはようございます。
ヌマツルギクも知らない植物です。
いつも珍しい植物紹介していただいてありがとうございます。
水辺が好きな植物なのに、乾燥地でも生きていけるのは、順応性があるのでしょうね。
fukurouさん、こんにちは (ショカ)
2019-11-05 11:25:38
和の雰囲気薄く、ゼラニウムほど西洋的でなく、
花の少ない時期に華を添えます。

かなり乾燥した草地でも平気です。
側にある水辺に勢力拡大しないというフシギ。
採種して蒔こうか何年もずっと迷ってる子(笑)。
ショカさん今日は~ (のんこ)
2019-11-05 15:15:39
ヌマツルギク 見た事ある?無い?確り記憶がありません。似た花見たような気がしてるのですが、何処だったかなあ~?だからあやふやです。黄色の花は目立つのです。
のんこ姉さん、こんにちは~ (ショカ)
2019-11-05 16:10:48
1975年福岡市が最初の確認です。
外来としては最近になりますね。
キク科の似た感じ多いですから同定は困難かもです。
場所によっては駆除対象になっているようです。
しかたありません。
Unknown (ピエロ)
2019-11-05 23:16:51
ショカさん こんばんは(^^♪
またまた知らぬ植物 見たことが無い植物
ヌマツルギクっていうの?
本州以西だったらことらで見ることは不可能に決まっているよね。
外来種は元気が良すぎるね。
ピエロ姉さん、こんばんは〜 (ショカ)
2019-11-06 00:16:11
九州から北上してるのかな。
北アメリカの子だから寒さには弱くないと思うけど。
こちらでも割とレア。
つよすぎて困ってるトコも!

そちらにはもうそろそろ雪の便りの気配。
一気にだね。

おやすみなさい、
またアシタね〜。
Unknown (hiro-yuu-hono)
2019-11-11 14:57:02
ほんとだ‼️ついこの間(笑)

ショカさん.お久のこんにちは~。
雨予報だったけど、病院つくまでは上がってて、良いお天気。

それでも私は二児のお母さんになってた❤️
同級生より、まだ小さかった同級生のお父さん。

ヌマツルギク、見たことあるかも。黄色が元気になれるね‼️
ハコベホオヅキと仲良し😃🍒😃
しいちゃん、オヒサいらっしゃい (ショカ)
2019-11-11 15:16:50
こちらはここのところずっと穏やかで安定した晴天が多い。
荒れた10月が遠い日のよう。

1975年でしょう、記憶に新しいよね。
若かったなぁ~。

この子、先日タネの入れ物観たら採種してた。
う~ん、どうしようか悩む!

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事