初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ハイビスカス ロバツス 、と、クロホオズキ   精霊の守り花      千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2021-06-08 00:01:10 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

やさしい西風に乗ってきた、

精霊の守り花。

 

去年、どんどん成長するから、剪定して、取り敢えずの挿し木。

ところが、元の鉢がなぜか枯れた、が~ん!

幸、取り敢えず挿し木がなんとか生き延びて、咲いた。

でも、あんなに元気なようすからは程遠い・・。

 

マダガスカルは、地図では小さく感じるが日本の1.6倍。

気候も多様で、この花がどの環境なのか不明。

冬、早めに室内が安全かも。

 

 

 

(Hibiscus lobatus)アオイ科フヨウ属。常緑中低木。

原種ハイビスカス。常緑中低木。

原産、マダガスカル(アフリカ大陸の南東海岸沖)。

自然学者の『約束の地』とよばれる聖地。

花期、6~10月(適温であれば一年中)。

花径、4cmくらい。一日花。這性草丈、60cmくらい。

葵は葉の向日性、太陽を仰ぐ意。

 

 

アーカイブ。

3月中旬。コゴメホシノヒトミとなかよく。

 

 

8月末。

今日のイノチ。

こんな余裕もあったのに・・。

 

 

 

9月初め。

 

 

 

10月初め。

 

 

10月中旬。

 

11月初め。

 

 

クロホオズキ

 

(黒鬼灯・黒酸漿)ナス科オオセンナリ(ニカンドラ)属。

ホオズキは、ナス科ホオズキ属。

ペルー原産、オオセンナリ(大千成)の園芸品種。

花径:2~3cm。草丈:50~100cm。

開花期:7~10月。

ホオズキ名の由来、頬つき、が訛った、他。

実の紅が人の頬のようだと。

鬼灯は、赤い実が怪しげで、鬼の提灯に例えて。

 

 

アーカイブ。

今年、4月中旬。

オオフタバムグラを蒔いたはずが・・。

で、クロホオズキの鉢から、ミニトマトが発芽。

時空歪んだ!

 

7月下旬。

 

8月下旬。

 

 

10月中旬。


コメント (14)   この記事についてブログを書く
« マテバシイ    はるか遠... | トップ | ヒナキキョウソウ   風の... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます^^ (attsu1)
2021-06-08 05:49:29
ハイビスカス ロバツス、
南の遥か遠く、マダガスカルから来たんですか
言われてみないと日本より大きいとは、
初めて知りました(@_@)
そんなハイビスカス ロバツス、
小ささの中に、南国を感じる花ですね^^

そして、黒鬼灯が咲く季節、初夏が終わり、梅雨、夏が近いのを感じさせてくれていますね。

いつもの朝の出窓温度計、
今年の最高気温更新です。
ハイビスカス ロバツス (fukurou)
2021-06-08 08:30:11
ショカ様
おはようございます。
ハイビスカス ロバツスは遠いマダガスカルからやってきたのですか?
ハイビスカスにしては小ぶりの花ですね。
固有種のワオキツネザルの住む場所で咲いている花なのでしょうか?
Unknown (t71127aichan)
2021-06-08 13:46:02
ショカさん こんにちは~
ロバツス 剪定したら駄目になっちゃったってそんな事もあるの?
でも挿し木したのが元気に咲いてくれて良かった良かった!
家は駄目かも・・。 (しいちゃん)
2021-06-08 15:36:06
ショカさん、こんにちは~。

お久しぶり~。
忘れられそうやね(^-^;
昨日ワクチンで数日前から寒気がしてて、
何か有る度に具合悪くなるからまたまたいつもの感じかなとゆっくり寝て過ごしたの。
ワクチンの朝は元気だったけどちょっと緊張(笑)
ちゃんと接種できて、15分間の待機も問題なく、
帰ってから全身だるくて、夕飯もそこそこにお風呂も入られない(しんどくて)
寝ても節々痛くて眠られないで、とうとう解熱剤飲んだの。
そしたらいつのまにか寝て、今朝は普通??
そうそう打ったところは今も痛いけどね。
体調すぐれないと危ないかもね。
そんなことで今日はゴロゴロでヒマ~(笑)
ブログ覗こうかなってパソコン立ち上げたの。
一応順調に過ぎてるよ。

ロバッスちゃん、ほんと突然枯れたよ。
慌てて種採ったけど撒いても発芽しない。
ショカさんさすが!!
ちゃんと挿し木した子が生き延びてて良かったね。
大事な子はやはり保険要るね。

所で、関東は梅雨入り無しで夏日???
意地になってる?(笑)
ハイビスカ ロバツス (ran1005)
2021-06-08 15:45:33
ハイビスカス ロバツスは挿し木してから1年で咲くのですか?
エネルギーのある花みたいですのに・・・
剪定して枯れたとは、植物って気難しい処がありますネ。
コゴメホシノヒトミと並ぶと極小のハイビスカス ロバツスなのですネ。
クロホウズキのドライフラワー
素敵に出来上がって居ますネ。
attsu1さん、こんにちは~ (ショカ)
2021-06-08 15:58:07
真夏日になりました!

大陸から近そうですが400km離れてる、と。
世界地図では、感覚がつかめません。

南の表情でしょう。
フシギな国、想像しますね♪
fukurouさん、こんにちは (ショカ)
2021-06-08 16:10:04
植物も動物もガラパゴスと同じように、
隔離環境で固有種がたくさんですね。
南アフリカ同様、興味はありますが、
機会有っても行きませんが(笑)。
ピエロ姉さん、こんにちは~ (ショカ)
2021-06-08 16:13:00
年数浅いからよくわからなくて。
繊細だね。
挿し木はたまたま。
でも、良かった♪
しいちゃん、こんにちは~ (ショカ)
2021-06-08 16:20:56
良かったね!
僕も7日から予約スタートで、
夜になって今月末が取れた。
その日から翌日くらいに、
そういう症状はよく出てるみたいだね。
元気な方が反応が大きいとか。

ロバツスは発芽まですごく長かったと思う。
突然出てくるんじゃない。
ウチの子は、咲いたけど弱弱しくて、
今年元気に育つか心配。

梅雨は長い中休み(笑)。
ran1005さん、こんにちは~ (ショカ)
2021-06-08 16:24:28
そうなんです、咲くまでは早くて、
成長も。
油断しました。
強い子かと。

クロホウズキはただの自然乾燥なんです(笑)。

コメントを投稿

千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園」カテゴリの最新記事