初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ホシノヒトミ      植物たちへの感謝をできるだけうつくしいことばで       東京都江東区都立の森

2019-11-24 00:10:33 | 植物の名前

 

広大な森で一輪。

僕をよぶ声が。

 

植物たちへの感謝をことばにする、

できるだけうつくしいことばで。

 

群生し咲く様子を、

夜空にまたたく星に例えたホシノヒトミ(星の瞳)。

この美しい花・実にふさわしい、

うつくしいなまえ、

うつくしいにほんご。

 

ゴマノハグサ科クワガタソウ属。越年草。

ヨーロッパ原産の帰化植物で、1890年頃に東京に帰化。

花期は、12月~6月(一般に2~4月)。 花径、1cm前後。

草丈、匍匐して25cmくらいに。

古からの別名には、ホシノヒトミ(星の瞳)、

瑠璃唐草(ルリカラクサ)、天人唐草(テンニンカラクサ)。

宇宙の果てに捨ててきたい標準悪名 大 犬 の 陰 嚢(オオイヌノフグリ)。

役に立たないことを犬に例えるセンスのなさが、

さらに追い打ちをかけている。

犬も花もヒトのともだち。

 

 

 

 

アーカイブ。

12月下旬。

 

 

1月下旬。

 

 

2月中旬。

 

 

 

3月下旬。

 

 

今日のイノチ。

すこしもらって、そばにおいて。

 

 

4月中旬。

 

 

6月初め。

 

6月下旬。

 

 

 

ゴマノハグサ科クワガタソウ属の仲間。

 

ヴェロニカ シムバラリア(コゴメホシノヒトミ)

ヨーロッパ原産。

標準悪名 コゴメイヌノフグリ(小米犬の陰嚢)。

花径は、5mmくらい。

 

  

 

 

ヴェロニカ アルベンシィ(タチホシノヒトミ)

ヨーロッパから来た、青い瞳の少女のような、

ヴェロニカ アルベンシィ。花径、4mm前後。

標準悪名 立 犬 の 陰 嚢(タチイヌノフグリ)。

犬の陰嚢(イヌノフグリ)に似ていて、直立してるから、と。

コレハニホンゴデスカ?

  

 

難を逃れた、フラサバソウ

ヨーロッパ原産。

名の由来、19世紀のフランスの植物学者

フランシェとサバティエの名前を組み合わせた。

  


コメント (14)   この記事についてブログを書く
« コムラサキ      実が... | トップ | ムラサキカタバミ  いえの... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hiro-yuu-hono)
2019-11-24 06:49:29
たった一輪咲いてたの?

ショカさん、おはよう~。
台風崩れの暖かい雨は、お花には優しかったね。
テレビ見てての情報だけど、東京は真冬日の次に夏日一歩手前ってねえ

お花も迷ってしまうよね、
咲いてたら嬉しいけれど。
この子達が散らばって咲くには、まだもう一寸先。
ヤッパリ呼ばれた?

ライザップって何って調べたよ(^^;
ほんと、コトバしらなさすぎ・・。
ホシノヒトミ (fukurou)
2019-11-24 09:26:34
ショカ様
おはようございます。
ホシノヒトミ、素敵な名前です。
ホシノヒトミもサオトメカズラも広めていますよ。
それと蚊に刺されたらセロテープもね。(笑)
一番星見つけた!
でしたね。
星のひとみ (ran1005)
2019-11-24 10:04:26
小さな花をきれいに写していらっしゃいますネ
信州の寒い場所でも陽だまりには小さな星の瞳が開花していて思わずしゃがみ込むことが在ります。
開花の時期が長いので今度からは、星のひとみと私も認識しますネ
細毛いっぱいのフラサバソウまだ気づいたことが在りません・・・
ショカ様の観察眼は星の瞳!
しいちゃん、おはよ~ (ショカ)
2019-11-24 10:51:27
ようやく長い雨上がって久々の陽射し♪
でも、この先数日間も晴れマークがない!

昨年も最初の出逢いは11月。
まだ迷い咲だね。
2時間近く散策しての一輪♪
絶対呼んでる!

インナーマッスル、継続だけがチカラ!
リハ、ファィト♪
fukurouさん、おはようございます (ショカ)
2019-11-24 10:59:14
ご賛同いただきうれしいです。
2014年からずっと続けている改名運動。
多くのアツレキもあり、それなりのエネルギーが必要です(笑)。
社会問題という認識なのですが、
肝心のケンイあるところに動きがみられず残念です。
あきらめませんが!

テープはとても順調に(笑)。

一番星は幸運を呼ぶと信じています。
ran1005さん、おはようございます (ショカ)
2019-11-24 11:11:19
ヨーロッパから19世紀に渡来して、
今やかなりの山間でも観察できるくらい広まりました。
すでに日本の早春に欠かせない花でしょうか。

僕は視力もいいのですが(笑)、
みんなが呼んでくれるから♪
ほしのひとみ🎶 (ひろ)
2019-11-24 11:13:51
早春の陽だまりでこの花が集まって楽しそうに咲いていると
「はるがきた~~🎶」とうれしくなります。
子供時代を思い出させてくれる花でもありますね。
ほしのひとみ・・・いい名前(*^-^*)
ひろさん、こんにちは~ (ショカ)
2019-11-24 12:03:47
まだ迷い咲。
1月、最初にフラサバソウ、それからこの子ですね。
南関東の短い冬のオワリを知らせる花♪

ひろさん、子供のころに記憶があるんですね。
ふるさと新潟では観た記憶なかったんです。
今はどうなんかしらね・・。

ホシノヒトミ、咲いたらスケッチお願いしますよ。
ショカさん今日は~ (のんこ)
2019-11-24 14:48:36
ホシノヒトミ  可愛い名前 可愛いちっちゃな花 見つけてドッキリしたでしょう。
いやな名前 フグリ⁈ でも大事な器官? 
無いと大変なことになりますよね????
のんこ姉さん、こんにちは~ (ショカ)
2019-11-24 15:51:12
可愛い花♪

そうなんです、こんなところで非難浴びてるのは、
使い方のセンスだと思います。
たいせつな器官に対しても失礼。
犬にも失礼。

コメントを投稿

植物の名前」カテゴリの最新記事