初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ミチタネツケバナ    ヒトの48年     東京都江東区都立の森

2020-01-25 00:08:52 | みんなの花図鑑

 

驚くほどどこででも繁殖してる。

早春を告げる代表種のひとつ。

しかし、比較的新しい外来種。

僕が南関東に渡来したのと同じくらい。

ヒトの48年は長い。

繁殖は穏やかだけど・・。

 

(道種浸け花)アブラナ科タネツケバナ属。越年草。

ヨーロッパ原産。1970年代に渡来。

花期。2~3月。花径、5~7mmくらい。

名の由来、道は、タネツケバナより乾燥した場所に生えていることから。

種付けは、米作で種籾を水に浸ける時期に咲くことから。

ナワシログミのように、季節を纏ううつくしいなまえ、うつくしいにほんご。

 

 

 

アーカイブ。

2月初め。

 

2月中旬。

 

 

3月下旬。ホシノヒトミと。

 

仲間。

タネツケバナ

(種浸け花)アブラナ科タネツケバナ属。

北半球の温帯に広く分布。

花期は3〜5月。3mmくらいの花弁。

雄しべの数、6本が多い。ミチタネは4本が多い。

 


コメント (14)   この記事についてブログを書く
« ハコベホオズキ    風が... | トップ | マメグンバイナズナ    ... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (breezemaster)
2020-01-25 07:12:35
おはようございます^^

ミチタネツケツバナが、もう咲いているんですねって
思いましたが、花期。2~3月なんですね。
早春の代表、咲いているのを見つけると、小さい花ですが、
撮りたくなりますね^^
この子も今鉢には一杯(^-^; (しいちゃん)
2020-01-25 08:02:01
ショカさん、おはよ~。

今日は一番じゃなかった・・
attsu1さん、一緒におはようございます^^

多分うちの子はミチちゃんの方だったはず。
万歳の手がお花より長いから??
雄蕊の数でも解るの?
一回見てみよう♪

もう今日はお休み~って思うくらいなかったけど、有る有る(笑)

そう人の48年は長いね、
関西へ渡来して57年はもっと長いわ~(^-^;


街中で見られる (fukurou)
2020-01-25 09:31:25
ショカ様
おはようございます。
大阪でも街中で見られるタネツケバナのほとんどが、ミチタネツケバナです。
最近では普通のタネツケバナを見つけるのは宝くじに当たるようなものです。
少し大げさですね。
田んぼに行けばかなりの確率で見つけられます。
ただその田んぼがありません。(笑)
種付け花 (ran1005)
2020-01-25 11:52:35
時々見かけますが、ミチタネとタネツケバナの区別はして居ませんでした。
が・・・振り返れば6本のオシベが多かった印象です。
小さな花の繊細な区別。私には気が遠くなりそうな分野ですヨ。
でも、春が近付いてきている事だけは判ります(笑)
attsu1さん、こんにちは~ (ショカ)
2020-01-25 12:46:10
早春の初めての出逢いは、
毎年のことながらうれしいです。
まだ、咲きそうな場所をゆっくり観て回らないと
見逃すくらいですね。
暖冬だからといって特に早くもないかな。
しいちゃん、こんにちは~ (ショカ)
2020-01-25 12:48:57
すでに過充電(笑)。

ミチちゃんだろうね。
乾燥平気だから。

渡来して57年!!
いやいやとても長い♪
fukurouさん、こんにちは (ショカ)
2020-01-25 13:21:52
タネツケバナの生育環境は少ないですね。
僕のリストにも僅かです。
この子の群生のようすは、
普通の日本の風景になっていますね。
ホシノヒトミとの組み合わせも、
ヨーロッパの風景♪
ran1005さん、こんにちは~ (ショカ)
2020-01-25 13:28:33
この二種を区別するのは特にたいせつなことではありません。
野や公園で説明するのも困難ですし、
された方も困ります(笑)。
タネツケバナ、で♪
ショカさん今日は~ (のんこ)
2020-01-25 15:41:48
タネツケバナ よく知りません。私にとっ
ては雑草❔多分花が咲く前に抜き取るか?
咲いていも気付かずづにいるか?よく解り
ません。この先気を付けて見ようと思い
ました。気を付ければあぁ~これなんだと
思いつくかもです。
のんこ姉さん、こんにちは~ (ショカ)
2020-01-25 16:09:48
この子は乾燥地でも繁殖してます。
おそらく観てるとは思いますが、
間違いなく引かれる野草。
繁殖力強いから、ほっとくのは大変。
盛りはこれからです。
観察できたらいいのですが。

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事