初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

フラサバソウ     植物たちへの感謝をできるだけうつくしいことばで   東京都江戸川区小川の辺

2020-02-18 00:03:47 | 植物の名前

 

早春のヒカリが遊ぶ、

水辺の花の森。

 

 

オオバコ科クワガタソウ属。

ヨーロッパ原産。

明治初期に長崎県で初めて確認。

草丈10-30cmほどの越年草。

花径、3~4mm。花期は12~5月(一般的には4~5月)。

名の由来、19世紀のフランスの植物学者

フランシェとサバティエの名前を組み合わせた。

二人は共著で1879年に『日本植物目録』を出版。

同科・属の、最悪な標準和名を持つホシノヒトミがうらやむ、

とてもうつくしいなまえ。

 

 

 

アーカイブ。

11月下旬。

 

2月下旬。

 

 

3月初め。

 

 

3月中旬。

 

 

ゴマノハグサ科クワガタソウ属の仲間。

標準和名に、役に立たないことを、

犬に例えるセンスのなさがここでも使われてる。

 

ヴェロニカ シムバラリア(コゴメホシノヒトミ)

標準悪名 コゴメイヌノフグリ(小米犬の陰嚢)。

花径は、5mmくらい。

 

 

 

ホシノヒトミ(星の瞳)

宇宙の果てに捨ててきたい標準悪名 大 犬 の 陰 嚢(オオイヌノフグリ)。

花径、1cm前後。

 

 

 

ヴェロニカ アルベンシィ(タチホシノヒトミ)

ヨーロッパから来た、青い瞳の少女のような、

ヴェロニカ アルベンシィ。花径、4mm前後。

標準悪名 立 犬 の 陰 嚢(タチイヌノフグリ)。

犬の陰嚢(イヌノフグリ)に似ていて、直立してるから、と。

コレハニホンゴデスカ?

 

 


コメント (11)   この記事についてブログを書く
« フシネハナカタバミ    ... | トップ | オオフタバムグラ    真... »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フラサバソウ (ran1005)
2020-02-18 07:53:38
おはようございます。
今朝こちらは粉雪が舞いました。
近隣の屋根が少し白くなって居ます。

フラサバソウは群生するのですネ
ショカ様が時々取り上げておられるので私も時々観察するのですが・・・
葉で識別ができますネ
我が家で見られる葉はどの葉もオオイヌ・・・です。
小さな葉、小さい花
とても私には手におえない翼物です。
文字転換 (ran1005)
2020-02-18 07:58:17
「植物」が私の不注意で間違った転換になりました。
最近、指が間違った入力をします。
老化現象に悲観しています。(すでに立派な老人ですが・・・)
難を逃れた子 (しいちゃん)
2020-02-18 08:03:20
ショカさん、おはよ~。

風が強くて気温が低くて、屋根はうっすら白くて・・・
サブ~!!…久々の言葉。

中々咲いてくれないし周りからも芽吹いてくれないから、庭の子こんな日が来ること解ってたのかしらね。

最初に目立って咲くホシノヒトミを元に、
小さいから、匍匐しないで立ち上がって咲くからと同じ名前が連鎖的につけられた名前・・。
フラサバちゃんはその時は見つからなくて良かった♪
この子、ショカさんの所ほどこちらでは群生してないのが不思議。
一か所だけしか私はまだ確認していないよ。
なので連れ帰ったんだけど。

ホシノヒトミ、輪が広がっていく。
嬉しいね♪
フラサバソウ (fukurou)
2020-02-18 09:14:25
ショカ様
おはようございます。
小さな春探しを続けていますが、フラサバソウにそう言えば今年はまだ出会っていません。
群生地があるので見に行ってきます。
この毛に覆われた小さいコバルトブルーの花を見つけるのが楽しみです。
ran1005さん、こんにちは~ (ショカ)
2020-02-18 11:47:14
真冬が全国的に戻ってきましたね!

環境が合えば大群生になりますが、
近所で観られるのは奇跡です。
ホシノヒトミと混在することは珍しくはありませんが、
たいていは住み分けしています。
すぐ近くにいる可能性は高いでよ。
しいちゃん、こんにちは~ (ショカ)
2020-02-18 11:57:26
そちらも真冬!!
こちらは穏やかなフツウの冬(笑)。

この子は、都心の公園でも見かける。
でも大きな群生ができる環境は難しい。
草刈り機が入らない自然な緑地は贅沢だからね。
そちらなら、どこかに大群生があるかも。

すてきななまえが広がってくれるのは、
とてもうれしい♪
世界観の共通するヒトはたくさんいるはずだから。
fukurouさん、こんにちは (ショカ)
2020-02-18 12:00:38
群生地があるのですね。
もうすっかり盛りになっていることでしょう。
今年の陽気でもこの子は、
こちらでは例年と変わらぬ時計ですね。
ショカさん今日は~ (のんこ)
2020-02-18 12:53:16
フラサバソウ 小さな植物なのに❔生まれ
た時から、葉っぱに縁取りと共にトゲトゲ
が一杯で、小さな花を守っているのかしら?
自然の摂理に感心です。
のんこ姉さん、こんにちは~ (ショカ)
2020-02-18 13:20:41
トライコーム・毛状突起ですね。
虫除けとかいくつかの役割があるようです。
確かに登りづらいでしょう(笑)。
ちいさなうつくしい花との対比がすてきですね♪
おやすも~ショカさん (しいちゃん)
2020-02-18 22:21:52
今日は失礼しましたm(__)m
誤字消してくれてありがとうね。
2つ書いとけば気づいてくれるって思ったの。

夕方ごろには普通の冬になったけど、10℃は超えないまま・・。
寒かった~。

フラサバちゃん2/13に撮ったときと変わってないけど、まだ5日だから仕方ないかな?
この子を連れて帰った空き地すぐ近くなのに覗きに行けてないの。
又行ってみるね。

また、アシタね~。
zzz~♪

コメントを投稿

植物の名前」カテゴリの最新記事