初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

オオケタデ   セミの歌が降る盛りの夏       東京都江東区都立の森

2021-07-21 00:01:27 | 東京都江東区都立の森

 

タデ種のうつくしさ。

野に咲くうつくしさ。

セミの歌が降る盛りの夏。

 

 

 

(大毛蓼)タデ科イヌタデ属。1年草。

中国原産。江戸時代に薬草として導入。

花径は1cm以下。

花期は8~10月。

草丈、2mくらいに。

名の由来、タデは、辛みが強く、口がただれるの説。

大毛は毛の多いようすから。

 

花も犬も、

ヒトの、たいせつなともだちだから、

イヌタデ属。

ショカの花図鑑。

 

 

 

アーカイブ。

6月下旬。

 

 

 

 

7月末。

 

 

 

8月初め。

 

 

8月中旬。

 

 

 

仲間。アーカイブ。

 

イヌタデ

(犬蓼)タデ科イヌタデ属。

アジアの温帯から熱帯に分布。

花期、4~11月。草丈、40cmくらいに。

果実を赤飯に見立て、アカマンマと。

野趣に富むうつくしいスガタ。

 

 

 

オオイヌタデ

(大犬蓼)タデ科イヌタデ属。1年草。

日本全土に分布。

花序、7cmくらいに。花期、6~11月。草丈、2mにも。

 

 

 

シロバナサクラタデ

(白花桜蓼)タデ科イヌタデ属。

日本全土、東アジアに分布。

水湿地に生育。

草丈、1mくらいに。

名の由来、花の形や色が桜(バラ科)に似て。

 

コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする