初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

モガシ(ホルトノキ)      みてほしいヒトにみせたくて      千葉県浦安市

2021-07-13 00:01:26 | 植物の名前

 

ちいさな女の子をみつけると、

秋でもないのに真っ赤な葉を降らす。

見上げてもそこにはないけど、

女の子はそんなことは気になんかしない。

 

みてほしいヒトにみせたくて。

 

 

 

ホルトノキ科ホルトノキ属。

常緑だが古くなった葉は、1年中うつくしく紅葉。

千葉県南部以西、中国南部、台湾、インドシナに分布。

花期、7~8月。果実は晩秋から冬に熟す。

樹高、20mくらいに。

樹皮と枝葉は織物の黒色染料になる。

標準名の由来、在来種なのに、ポルトガルを指すホルトになっている。

平賀源内がオリーブと勘違いして呼んだことが定着と。

ただの間違いなのに、科属にもそのまま使い続ける意味が分からない。0点。

モガシ等古来より呼ばれた日本名があるのに。

なんて残念な業界なんでしょう。

モガシは、意味不明。

 

 

アーカイブ。

7月中旬。クズが絡んで!

 

 

 

11月初め。

2017年.一年中真っ赤な葉が落ちてるから、

姫たちには魔法の樹でした。

 

 

1月初め。

 

1月中旬。

 

 

2月末。

ヤハズエンドウ、ネンジュソウ、オランダミミナグサ、

ツクシ、スズメノカタビラ、ホルトノキ、キュウリグサ、

コゴメホシノヒトミ、アベリア・・

つめたい魔法が解けて開いた早春にも

モガシの赤い葉。

コメント (12)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする