初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

コイチジク(イヌビワ)    ただうつくしいだけ     東京都江戸川区小川の辺

2021-07-11 00:01:36 | 植物の名前

 

四季折々、葉も実もうつくしい。

 

小さなイチジク、美味しそうにみえますが、

ただうつくしいだけ。

 

 

 

 

小無花果(犬枇杷)クワ科イチジク属。

標準悪名、イヌビワ。別名は他にイタビ・イタブ。

原産地、日本(関東以西に)、朝鮮半島、台湾。

雌雄異株。花期、4〜5月頃。

樹高、5mくらいに。秋に熟す、食べられるが不味い。

イチジク(無花果)の由来、花が咲かずに実をつけるように見えることから。

イチジクは、1日に1個ずつ熟す「一熟」の説等。

標準悪名の由来、食用にならず、ビワに似たカタチ。0点。

犬に失礼、ビワに似ていない。

小さなイチジクが相応しい。

 

 

 

アーカイブ。

6月中旬。

 

6月下旬。

 

7月中旬。

 

 

7月下旬。

実食。

まだ熟してないかもですが、無理!

因みにイチジクは好物で、乾燥ものを毎日少しづつ、

すこしのチーズとクルミにグラス一杯のワインで♪

 

 

 

8月初め。

 

 

10月中旬。

 

 

11月中旬。

 

 

11月下旬。

 

 

1月中旬。

 

 

1月下旬。

 

 

仲間。アーカイブ。

イチジク

(無花果)クワ科イチジク属。

原産地、アラビア南部、西アジア。江戸時代に渡来。

樹高、5mくらいに。

「不老不死の果物」と呼ばれるほど古よりすぐれた食物。

アダムとイブが身に付けた最初の衣服。

 

コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする