初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

アメリカオニアザミ、と    驚きあきれる鬼きれい     千葉県市川浦安アスファルト脇植物園

2019-07-21 00:01:51 | みんなの花図鑑

 

勝手にソラから、ホソナガカンバス花壇に。

近所で見かけていたからいつか来るんかなとは。

すごい大きな株になる。そして、棘がすごい。

野にあってこれでは動物らに食べられないし繁殖が止まらない。

「驚きあきれる」の「あざむ」が名の由来というのが分かる。

さらに鬼・・(笑)。

 

 

(亜米利加鬼薊)キク科アザミ属。

ヨーロッパ原産。1960年代北海道で確認。

花期、5~7月。

草丈1.5mくらいに。

要注意外来生物。

名の由来、古語「あざむ」の説。するどい棘に「驚きあきれる」の意味。

 

 

アーカイブ。

7月初め。 近所の側溝脇植物園に。

 

 

 

 

ツルソバ

 

育てて分かるつよくてきれい。

しかし、

まさか、

側溝脇植物園に侵入するとは!!

タネかちぎれた一部が落ちて、と推測。

ショカ園はどんどんフシギキレイ園に(笑)。

 

(蔓蕎麦)タデ科タデ属。多年草。

日本(関東南部以西の海岸近く)、中国、マレーシア、インドに分布。

 

 

アーカイブ。

8月下旬。シロバナサクラタデと混植。

 

10月下旬。

 

11月初め。

 

12月初め。

 

コメント (10)