初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

アカバナルリハコベ    ふたつの時計   千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2019-07-09 01:02:37 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

今、二つの鉢がふたつの時計を生きている。

 

A鉢は、

昨年春の発芽。 秋にタネを付けたのに、

枯れずに冬を、屋外で越して、

1月にはぽつぽつ咲き始め、

初夏にはいつものようにうつくしいスガタに。

そして、ふたたびタネを付けて枯れた。

 

 

B鉢は、作秋にこぼれ種から芽吹いたものを試しに室内で越冬。

春から屋外に出して、6月後半から咲き始めている。

 

 

(赤花瑠璃繁縷)サクラソウ科ルリハコベ属。1年草。

ヨーロッパ原産。戦後に確認。

花期、4~9月(一般的には3~5月)。

花径5mmくらい。草丈、10~20cmくらい。

実は3~4mmくらい。8月くらいから花と並行して観られる。

似ているためナデシコ科のハコベが付く。

古代ギリシャから薬草とされ、さらに毒性を併せ持つ。

ヨーロッパでは、神秘的なうつくしさが古来より特別な花として扱われた。

サクラソウ科には、ニホンサクラソウ(日本桜草、サクラソウ属)、

オカトラノオ(丘虎の尾、オカトラノオ属 )など。

 

 

アーカイブ。A鉢。

4月下旬。

 

 

11月下旬。

 

1月末。

コメント (14)