徒然スキーヤー日記

冬は毎週志賀高原レポート
夏は子連れダイビング情報
スキー試乗や旅行記の目次は「このブログについて」カテゴリー見てね

2016シーズンモデル,スキー試乗レポート第8回…ROSSIGNOL編

2015-04-03 01:17:05 | スキー雑談
あれれれ?
現在の最新の予想天気図を見ると.
4日土曜日の地上天気図は,昨日とは大きく変わって.
こんな感じになってるんですが…

これは.
昨日の予想では日本全土を覆っていた降水域が,
本州より南に下がっちゃってますが…!??
…土曜日.この天気図どおりになるなら.
志賀高原,雨は降らなさそう!
曇り,時折日も射す…って程度かも!
…気温がすごい高いって予想は相変わらずですが.

…ただ.
まだ,正確な予想は難しいので.
また明日,最終予想をします…

ってことで.
まだ続く,2016シーズンモデルのスキー板,試乗インプレッション.
今日は,ロシニョール編です.
では,どうぞ~!

○ROSSIGNOL DEMO ALPHA R21 Racing 167cm







基礎小回り用.

今シーズンモデルの「R20」プレートから進化して,
来シーズンは「R21」プレートになるようですね…

やはり,今シーズンモデル同様,かなり固く,しっかり重めで.
全体的にちょっと手ごわい板です….
かなりの体力,スピードがないと,板をたわませられない感じで,
さらに,かな~りグリップが強いです.
しっかりした重さとも相まって,ずらしてコントロールしようとは
思えません.カービングスペシャルな板です.
実用域のスピードはかなり高く,
しっかり力を使って抑えて行かないと,サイドカーブに乗って
板の行きたい方向に回されるだけの感じ…

でも,かなりのスピードを出して,割とトップ目荷重気味に
しっかり抑えて行けば,強力なグリップで板が回ってきます.
強烈なグリップによる板の旋回力で,板が反対側まで
回り込んで切り替わっていく感じ.
VolklのSDのように,返りの速さで板が反対にすっ飛んでいく…
という,強いばね感の返りがある板ではありません.

この重さ・強さと過度に早すぎない返りのおかげで,
高速で滑ると,しっかり雪面に張り付いたターンができます.
高速耐性はかなり強いです.
強烈なグリップ・高速耐性を持つSALOMONのX-RACEよりも,
さらにグリップが強く感じ,高速耐性も高い気がします…

体重・体力のある人が,技術選本番で,フラットなバーンを
超高速で強烈なカービング小回りする…って感じの,
気合いの入った滑りをするには,無敵の板かと思います.

ここ一番…ってときに,整地でガッツリグリップ小回りさせるには
すごいポテンシャルの高さを感じますが.
コブとかはつらいだろうし.
気楽に履いて,ゲレンデを一日中滑る板じゃないかな~.


○ROSSIGNOL HERO Master R21 WC 175cm







GSマスターズ用.

これは,DEMO ALPHA R21と同じ,R21プレートがついてます…


結構フレックスは柔らかめ.
割とテール荷重で,板を抑えるポイントはセンターからテールより
のような気がしたんですが…
なんだか,ATOMICブーツと相性が悪いのか?
かかと部分を押さえていくと,ヒールピース付近にたわみが
集中しすぎてしまい,板が窒息してトップとテールの
グリップが抜けていく感じ.
あまり強く板に仕掛けていく板ではなさそう.
また,リアルな高速域では,トップが多少ばたついて,
グリップが抜けていく感じが….

ただ,優し目のフレックスとグリップのおかげで,ずらしで
動かしやすく,谷回りで板を動かして
板を好きなところにもっていける自由度は高いです.
いろんな小技が使えます.

体重が軽め・脚力がそれほどない人や,板にあまり仕掛けず
板なりに曲がっていく人の大回り用としては,適当に動かしやすく,
コントロール性も高いので,向くかも.

コメント   この記事についてブログを書く
« 定番!この週末の志賀高原は…... | トップ |  2016シーズンモデル,スキー... »

コメントを投稿