愛猫・西子と飼い主・たっちーの日常

西新宿で保護した今は亡き西子、阿佐ヶ谷で保護したキジロウ、
譲渡会で出会ったわおん、その飼い主・たっちーの日常…です。

2月1日なので…

2020年02月01日 | たっちーの部屋

七草、小正月も過ぎ、2月に入るというのに、新年のあいさつのままというのはいかがなものかと思い、更新しました。
とはいうものの多忙を極めており、頭の中の整理が追いつかず話をまとめることができずにいるため、思いつくままに書き連ね、わおんのコラージュでゴマしております。
だらだらと数年続けてきたせいか、それとも世の中が私のブログに追いついてきたのか、原因は不明ですが、なんとなーく訪問者数が高止まりをしているので、更新をするモチベーションも上がっております。
引き続き、ぼちぼち更新していきます。
そーいえば、2月1日は西子の命日。やっぱり更新すべき日ってことなのかも?

 

コメント

2020年 明けましておめでとうございます!

2020年01月01日 | たっちーの部屋

新年、明けましておめでとうございます!

今年も不定期に気が向いたときにゆるゆる~と更新します。

引き続き、ゆるゆる~と見に来ていただければ幸いです。

ちなみに、年末にキジロウとわおんを病院に連れて行きました。

病気ではなく、毎年恒例の血液検査です。

そこで判明した事実……わおんが体重でキジロウを上回りました!

口内炎の影響もあってか、食が細くやせっぽっちだったわおん。

最近はだいぶふっくらしてきたのですが、予想以上の肥えかたでした。

でも、体重が増えて抵抗力も増したのか、最近は口の中を気にする気配もありません。

これも飼い主の努力の賜物……なのですが、わおんは病院に連れていかれたことでとっても不機嫌になっていました。

まあ、年に1回くらいの病院は我慢してもらいましょう!

コメント (2)

わおん、2019年を回顧する

2019年12月27日 | わおん

今年も暮れてくわねぇ~。私、わおん。たっちーに、お前もたまには1年を振り返ってみろって言われたんで、ボヤキになりそうだけど「回顧」ってやつをしてみるわね。

まあ、1年間いろんなことがあったけど、一番頭にきたのは季節感なく秋に話題になった桜の話ね。
なんでも今年は参加者1万8200人ですって? ふざけるのもいい加減にしてほしいわ!
だって招待されてるのはみんな人間よ。猫を招待しなさいよ! 猫を!
猫がどれだけ社会に貢献してると思ってるのよ!
どーせロクでもないことに税金使うんだったら、日本中にいる恵まれないにゃんこを新宿御苑に招待してカリカリくらいふるまえってのよねぇ~。
えっ? なに政府に忖度できなければ桜を見る会には招待されないって?
忖度かぁ~……で忖度ってなに? 
なんだかよくわからないけど、私もたっちーも招待されることはないってことがわかったからもういいわ。
だいたい、お偉いおっさんの顔見ながらカリカリ食べたっておいしくないしね。
でも季節感と言えば、今年は台風の被害がひどかった。
だいたい東京に近い千葉の復旧が遅れるってなんなの?
人間だけじゃなくて、被害に遭った猫もたくさんいるのよ。
風の音とかにちょっと驚かされたけど、私はおウチがあるし、たっちーもいたから大して気にならなかったけど、多摩川に住んでいる猫は大変だったみたい。
ここ数年、自然災害で大きい被害が出て、亡くなった人もいるから来年も気を付けないとね。
亡くなったといえば、今年もいろんな人が亡くなったわね。
たっちーは、医師の中村哲さんが亡くなったことにショックを受けていたようだけど、10月には日本人で初めて国連難民高等弁務官を務めた緒方貞子さんも亡くなってるのよね。
年を重ねてもかわいらしかった八千草薫さんとかも亡くなっちゃったし……。
なんだか寂しい限りよねぇ~。
「平成」から「令和」に変わったとか言っても、変わる前後の数日間はお祭り騒ぎでも、変わっちゃえばどーってことないしね。
そんなことより消費税が8%から10%に上がったことのほうが大変よねぇ~。
なんて、やっぱりボヤきになっちゃったけど、来年もがんばりましょうね。
みなさんにとって、来年も良い年でありますように!

コメント

クリスマスイブ

2019年12月24日 | たっちーの部屋

ここ数年、のんびりとしたクリスマスとは無縁に季節感なく過ごしています。

唯一、このブログだけが私にとって季節感を持たせてくれているかもしれません。

う~ん、それって良い生活ではないんだけどなぁ~とは思いますが、きっと来年も変わらないのだろうなぁともあきらめています。

ということで、季節感をだして今年もクリスマスソングを1曲ご紹介。

ツアーを中止したと聴いて心配しています。

来年には復活してもらえることを信じています。

よろしく!

コメント

2019年 哀悼と平和祈念

2019年12月08日 | たっちーの部屋

とても衝撃的で悲しいニュース

中村哲医師がアフガンで殺されました。

まったく面識はありませんでしたが、井戸を掘る医師の存在は「そんなことをやる人がいるんだ」という単純な驚きでした。

中村さんは「私は医師だから」といえば井戸を掘らずとも誰にも責められることもなく、咎められることなどなかったはずです。

しかし、彼は井戸を掘ること自ら戦地の砂漠で重機を操り水路を引くことを選んだのです。

「決して戦車や武器では解決しない」

現実主義者と思われた中村さんの言葉は、夢想家と呼ばれるかもしれないと歌うジョンレノンの歌に重なる気がしました。

今年は、平和を祈念するこの日に、哀悼を込めてこの歌を送ります。

 

コメント