村づくり 夢作り ふる里の創生

滝沢ひであき 村議会報告

 生まれ育った「ふる里」への思いをつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

季節

2017-03-31 09:06:44 | Weblog
 西の空がどんよりしている。今日は年度末だ。若い時分は、家の周りの景色が春めいてくると、気分が高揚してきたものだが、季節の変化に鈍感になってしまった。勤め人にとっては、今日と明日は気持ちに大きな差があるはずなのだが、そんな感覚を忘れてしまった。

 私の社会人第一歩は、3月の1日だった。配属予定の部署が大きなプロジェクトを抱えていて、卒業式の前から出勤していた。日本中が元気で不思議にも思わず、一か月ほど早めに仕事についた。無論、アルバイト扱いだが。最初に与えられたのがタイガーの計算機と電動のタイプライターだった。全く経験がなかったのでこれには参った。仕事の流れが覚えられたのは正解だが、余り役にはたたなかった気がする。鷹揚な時代だった。

 一応卒業式には出席した。

 昨日撮った道脇のクロッカス

 

 
コメント

廃屋

2017-03-29 16:07:44 | Weblog
 午後、時間が出来たので前の家まで歩いた。日陰には一昨日の雪が残っているが、大分春めいてきた。道脇のクロッカスが一斉に咲き出した。スマートフォンを向けたが逆光で諦めた。日の出とともに出てくるようでないといい写真は撮れない。

 玄関の引き戸を開けるが、基礎が狂って鍵はかからない。居間には農作業の道具が雑然と置いてある。家主のいない家は年々廃屋となる。先日、嬬恋村に移住したいと考えている人が、一戸建ての空家を探したがなかったと聞いた。結果、仕事の話も立ち消えになったようだが、考えさせられる。

 農作業に向けて体を少し鍛えよう。

 
コメント

紅梅

2017-03-28 14:05:00 | Weblog
 中之条の印刷所まで行ってきた。1日の夕方までに上がらないかとお願いしたところ、31日中に届けてくれることになった。配達が回らない場合は宅送便に回してくれるということなので、助かった。編集作業の遅れが取り戻せた訳だが、配り終えるまでは気が重い。中旬を目途に終わりにしたいものだ。考えてみると、丁度今回が40号だ。
 
 先日、知人から以前の号があるかと聞かれた。埃をかぶった段ボールをひっくり返してみると、4号以降は大分残数が見つかった。1号から3号までもパソコンにはデータとしてある。自分では読み返そうという気にはならないが、誰でも必要とする人がいるとすれば、嬉しいことだ。

 中之条は紅梅が盛んだった。本当に春だ。

 
コメント

地面

2017-03-27 16:46:16 | Weblog
 午後、議会報告の原稿チェックが終わったと連絡があり、早速受け取りに伺った。一日で済ませてもらって感謝だ。誤字、脱字よりも、意味不明なところを何か所か指摘された。やはり、第三者の目を通さないと駄目だ。冷や汗ものだ。今回は彼岸の間サボって短期間で仕上げたので、チョッと不安だった。結構練った一般質問については問題なさそうだ。PDFに変換した。明日、印刷所に持ち込めれば月内に上がるかも知れない。何とか頼んでみよう。

 今朝の雪には閉口した。湿っていて重いうえに、地面が緩んでいて「雪かき」が滑らない。庭の舗装が必要なのは分かっているのだが。それでも3月末、一気に溶けた。
コメント

機能

2017-03-26 15:55:51 | Weblog
 朝5時から議会報告を作っている。半ば仕上げてチェックのためプリントしようとしたが、上手く印刷できない。考えてみたら、元が2007のワードなので変換が出来ていないのかも知れない。結局、前のパソコンを引っ張り出し、それで仕上げをしている。次は新しいワードで最初から編集しないと同じ事になる。多くの機能がありそうだが、使えこなせていない。これもパソコンスクールだな。

 どうにか仕上げて原稿のチェックを頼んだ。年々、文章に切れがなくなった感じだ。元来、論理的というより感覚的な文章なのだが、感性が鈍った分だけ劣化したということか。経験ではカバーできないことを悟った方が良いのかも知れない。

 雪景色にはもううんざりだ。
コメント

整備

2017-03-24 18:09:58 | Weblog
 今日は例月出納検査と定期監査を行った。定期監査は今後再整備や資源の磨きが必要となる鎌原資料館を中心に監査した。地権者の協力を得て、借地している用地が取得できるようなので、地域の発展につながるような開発構想が必要か、と考えている。青山構想も必要だが、この地域の整備が試金石となる。幾度となく議会でも議論してきたが、ようやく緒に就くというところだ。

 午後、議会報告を作り始めたが、なかなか進まない。一般質問をしたので簡単に埋められると思っていたのだが、そんな簡単ではない。パワーポイントの資料をワードの図形に挿入できず苦戦した。結局、職員に教わり実行できたのだが、言われればなるほどと思う次第だ。

 役場も異動の内示があったようだ。
コメント

成長

2017-03-23 16:47:31 | Weblog
 西部小学校の卒業式に参列する。統合後2回目の卒業式だ。卒業生38名。体育館は気温3度で少々参ったが、子どもたちは元気だ。最後の合唱の後、会場を去る6年生の姿を追うように、低学年が嗚咽する姿にこちらも感傷的になった。多分、このような関りの中で子供たちが成長していく、それは確かだ。やはり、子どもが育つには祖父母がいたり、兄弟、姉妹と関われる環境が良いのかも知れない。来年入学するはずの孫のことをチョッと思い出した。

 終了後、役場に顔を出し昨日の区の役員会の宿題を2,3こなした。役員会では「大前に役場があって、農協があって、終着の駅がある」この見慣れた風景が将来も変わらないとは限らない。しっかり、次の世代に引き継げるよう努力しよう、というような話をした。

 大前区も新体制ができて新しい年度の準備が整ったようだ。
コメント

義理

2017-03-20 17:32:22 | Weblog
 彼岸の中日。母方の親戚の葬儀に参列した。近頃、葬儀に参列する機会がとみに増えた気がする。現役の頃世話になった方がそんな年齢に達しているのだ。これからも当分減ることはない。新聞の死亡欄を真っ先に開くなど、決して面白い話ではないのだが、義理は欠かせない。それでも見落とすことが年に何回かある。昨日も落としてはならない知人宅に伺い、お詫びかたがた線香を上げさせて貰った。
 
 姉と妹が墓参りに来た。家内が赤飯をふかし持たせてやった。彼岸の中日が静かに終わる。
コメント

彼岸

2017-03-19 16:58:32 | Weblog
 あわただしく春のお彼岸となった。彼岸入りの前にお墓の掃除をしておきたかったが、結局今日になった。珍しく家内と2人で掃除をしてきた。珍しくどころか初めてかも知れない。父親が昭和55年に建立したもので、周囲から見るとかなり古めかしいものだ。我が家の墓参りは彼岸明けとしているので、花も線香も手向けなかった。15分ほどで終わったが、気持ちが先祖に伝わったかどうかは分からない。

 午前中、観音堂に顔を出した。地区の老人たちが集まって彼岸のお灯明をつけ、お念仏を講じてくれている。古くからの儀式だが、この先は続けていくのも難しいようだ。昔は跡取りが結婚すると世話役が回ってきた。私の母親の頃は観音堂に泊まり込んでいた。確か、布団を持参したような記憶がある。あの頃は地域が元気だった。昔からの行事がつないでいけない、というのは衰退の証に違いない。

 彼岸の石仏を一枚
  
コメント

流石

2017-03-17 11:23:06 | Weblog
 3月定例会が終わった。昨夜は職員との懇親会に出て、9時過ぎに戻った。流石に疲労感が残っている。昨日の一般質問は久し振りのせいかあまり出来が良くなかった。焦点が定まらないと原稿段階から感じていたが、そんな感じだ。詰めが甘いと同僚から言われたが、自分の頭の中が整理出来ていなかった。国会の予算委員会とは違うのだが、やはり、当局の姿勢に対する突っ込みは必要だ。

 朝、議会事務局に電話をして、議会だより掲載の原稿について確認した。質問の趣旨が分かるようにまとめなければ。
コメント