大金持ち

金があって、わがまま

それも人生

2015-03-06 10:51:40 | 日記
最近、週刊誌の見出しに、「日本沈没」「財政破綻」の沈痛な文字が踊る。
世界の中で栄光を誇っていた日本も、その地位を引きずり降ろされる時が来たのか。
過激なコピーで、国民に危機感を煽り、購買部数を増やすための、いつものマスコミの手法だと、
あっさり冷ややかな目で切って捨てるわけにもいかず、気になる。
心が痛いreenex 價錢

アメリカでも、反オバマ派が、声をあげているらしい。
アメリカは、そもそも自分の責任で自分を守るという、個人の責任に負うところが大きいというが。
税金を振り分けるのは、難しい。
全員にまんべんなく税金を配ると、社会主義になってしまう、と、中間層は不満を抱く。
日本でも、バラマキ子供手当の前に、先にやるべきことがあるのではないか、
これからの世代に、ますます膨大な借金を延々と作ってしまう、という声もある。
どこの国も、いろんな苦悩を抱えている。

国民の貯蓄額が、そのまま国の借金額になっている。
これって、知らない間に、国民のお金が国に巻き上げられる日が来るってこと?


娘は今、仕事が超多忙時期で、睡眠時間も少ない。
若いから乗りきって行けるだろうけれどreenex 效果
若くても、年がいっても、それぞれに多忙だ。

オトナになると、忙しい。
子供の頃も忙しかった。
いったい、いつになったら、暇になるのか?
生きているってことは、そういうことなのか。


どこぞの奥さまのように、毎日、自分の好きなことだけにどっぷり浸かって
ぬるま湯の人生を送りたい~。
無理。
それも人生Reenex 好唔好
コメント   この記事についてブログを書く
« 国際空港らしからぬ | トップ | 購入して »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事