真実の泉 - ディスクロージャー

ホィッスル・ブロウワー・警告の笛を鳴らす人達が伝える世界の真相。私たちには、何が出来るのか?

⭐️銀河連合とは?アシュタールって何?⭐️エレナ・ダナンとイリアナの対談⭐️

2021-08-14 10:01:34 | エレナ・ダナン
Elena Danaan Interview: Abductions, Galactic Federation, ET Races, Secret Space Programs
エレナ・ダナン・インタビュー、誘拐経験、銀河連合、ET種族の種類、秘密宇宙プログラム
https://youtu.be/Y9zfhzG75io



概要です。

()内はマータの補足やコメントです。

読み上げ動画

https://youtu.be/oFBEq3UlKMo


**********




エレナ・ダナンの経歴:
生まれはフランス。フランスとエジプトで考古学者として働いていた。
ドルイド教(ケルト)のシャーマン(祭司)でもあった。アーティスト(絵を描く)。
ETとのコンタクトも幼少期からあり、彼女を守るETから情報を得ている。
本"A Gift from the Stars - Alien Races"を出版。

9歳の時にET種族、ゼタ・リティキュリによって誘拐されたが、宇宙銀河連合(Galactic Federation of Worlds)のノルディックスによって救助された。彼らがエレナをずっと守護してくれており、今もコンタクトがあり、彼らに守られている。





イリアナ:今日は、エレナの体験について聞いていきたいと思います。まずは9歳の時に何が起きたのか教えて下さい。

エレナ:私は、南フランスのマルセイユに住んでいました。ある日空にUFOが飛んでいるのを目撃しました。これは多くの人が目撃していて新聞にも掲載されましたが、その夜に私は誘拐されました。それはスモール・グレーでした。この記憶は、つい最近1年半前に退行催眠術を受けに行き、記憶を戻しました。

夜に家の上に円盤のUFOが来て、オレンジの光が下から光っていました。それが色々な色に変わって最後は白になりました。そして、ジグザグに動いてパッと消えました。翌朝起きたら、両手首に三角のマークが沢山付いていました。酷い頭痛と腹痛があり、ベッドは血だらけになっていました。2日間病院に入院したのを覚えています。

退行催眠術で分かったこと:その夜、何が起きたかというと、スモール・グレーがビームで私の寝室に入ってきて、宇宙船に連れて行かれました。寝巻きを取られて裸にされ、頭にトラッキング・デバイスを入れられ、お腹にも何かを入れていました。このオペレーションをされている間、両腕はストラップで固定されていましたが、そのストラップには針が沢山ついていて、そのせいで手首に三角の後があったのです。ET誘拐経験者には、よくこのような手首に後が残っています。この針からは、何か麻酔薬のようなものが体内に入っていくのか、神経が麻痺するものでした。

それで、途中でノルディックス(プレアデン)がきて、このグレーたちを殺し、私を救助してくれました。グレーは4人いました。1人は本物で、3人は合成(クローン?)でした。違いはハッキリ分かりました。背の高いノルディックスが2人来て、私を救助してくれ彼らの宇宙船にビームで移動しました。そのうちの一人がソーハンでした。彼は私が裸だったので、彼のジャケットを上に着せてくれました。そのジャケットがとても温かいのに驚きました。ノルディックスの宇宙船は、室内が温かくて、呼吸もしやすかったのを覚えています。中にいたのは、全員ノルディックスでした。テーブルやベッドが床から出てくる感じで、私はベッドに横たわり、女性が私の体をスポンジみたいなもので綺麗に血を拭いてくれていました。

女性は私の頭の中に埋め込まれたインプラントを取り出そうとしましたが、上手く出来ず、出来たのかもしれませんが、脳に傷害が出る可能性があったので、そのままにしておき、そのインプラントをノルディックスの使っている周波数に再調整することを選択しました。

あ、・・・今インプラントのスイッチがONになりました。(笑) ソーハンがこの話を聞いています。

私は宇宙船で一晩眠り、起きたら窓のようなスクリーンに地球が見えて、え?私は宇宙にいるの?っと9歳でそういう体験をしました。でもノルディックスたちのいる宇宙船は、自分の家という感覚があり、とても居心地の良い体験でした。ソーハンが私を地球の家に連れて帰ってくれましたが、私の誘拐された記憶は、深く眠らされ、思い出せないようにすると言いました。トラウマになってしまうような怖い体験でしたので・・

(前の動画で2018年にそろそろ思い出す必要があるとソーハンに言われて、退行催眠術を受けに行ったと言っていました)

イリアナ:ソーハンがあなたを今でも守護している存在だと思いますが、彼は何処からきているのですか?

エレナ:ソーハンはプレアデス星団のエラという星から来ています。アヘル種族です。大元はライラから来ている種族です。背が高くて金髪。大きな青い目。タイゲタというプレアデスの星のシステムの中にエラがありますが、タイゲタはギリシャ神話に由来する名前で本当の名前はアシャラと言います。銀河連合の一員です。偉い地位とかにいるわけではなく、一兵士です。見た目は人間でいう30代後半くらいでしょうか。年齢も地球時間でいうと155歳くらいでまだ若いです。彼らは900歳くらいまで生きますから。

イリアナ:それで貴方の頭の中にあるインプラントは、今周波数が変えられて、ソーハンとのコミュニケーションをとる時に使っているという事ですが、それはどういう感じなんですか?

エレナ:通常、銀河連合がコンタクトしたい人とコミュニケーションする時には、彼らのデバイスやテクノロジーがあるのですが、私の場合はオリオン座のグレー種族のインプラントが入っていて、それの周波数を変えて使っているという特殊な例ですが、とても上手く機能しています。私は、彼ともう一人女性のマイラともテレパシーでも話せます。量子で、意識と意識を繋げるのがテレパシーですが、このインプラントでのコミュニケーションは全く違います。トランシーバーで話す感じです。ラジオのように周波数で電波通信する感じです。とてもハッキリと声が聞こえます。

ソーハンがスイッチのオン・オフの仕方を教えてくれました。自分の気の玉を作って、それをインプラントの周りに集中させます。パルスを送る感じです。それでカチッという感じの音が聞こえるとオンになったと分かります。少しだけ痛みを感じますが、大した痛みではありません。静電気が起きた時みたいな感じです。オンになるとソーハンの声が頭の中でとてもくっきりと聞こえます。

最初にこれが起きたのは私が18歳の時でした。最初に声が聞こえた時は仰天しましたが。。彼が心配しないでちょっと調整しているだけだからと言って・・それから起動されて、それ以来通信を続けています。

イリアナ:貴方は、チャネリングもすると思いますが、それはどのようにしてやっていますか?

エレナ:私は一般的に言われるチャネリングはしません。チャネリングというのは。ある霊体あるいはエンティティを呼び込み、自分の体に取り込んでメッセージをもらうというものです。私もやろうと思えば出来ますがやりません。あまり好きではないし、ちょっと気持ち悪いと思うからです。

私がソーハンからのメッセージを出す時には、彼が私を憑依する感じではなく、私の了解の元に彼がインプラントを使って、私の声を使ってメッセージを伝えるという感じです。ですから一種のチャネリングかもしれませんが、一般的なチャネリングとは違い遠隔で行われています。肩から頭がコントロールされている感じになりますが、これは私が了解をして、彼にメッセージを伝えることを許しています。

イリアナ:そうですね。チャネリングも周波数ですが、そのエンティティーに騙されることもあるので注意が必要ですよね?

エレナ:そうです。本当に危険ですから、無闇にチャネリングをしないように注意が必要です。大きな守護があり、長年のサイキックな経験者でないと危険です。できるだけやらない方がいいです。皆さん、どうか「私を使ってメッセージを伝えて下さい」とか言わないで下さいね!低次元のエンティティやアストラル体が「私はアシュタールだ〜」とか言って来ることがあり騙される事があります。ですから、非常に危険です。利用されてエネルギーを吸い取られますので、本当に軽い気持ちでやってはいけません。きちんとした安全なプロトコルを知らなければとても危険です。

イリアナ:そうですね。私のところにも多くの人がチャネリングってどうやるの?と聞いてきますが、とても怖い体験になる可能性もあります。どんなエンティティや霊体が入ってくるか分かりませんからね。ですから、やり方をきちんと学んで特別なプロトコルを知らないととても危ないと私も思います。

エレナ:そうです。特にスピリチュアルな人達を邪悪な存在たちは狙って、本来のミッションから外そうとしますので、繋がりたいという望みで体を開いてしまうと、周りにも沢山そこに入って来ようとする存在たちがウヨウヨしています。エネルギーの吸血鬼です。生命力を吸い取られてしまいます。

私もシャーマンですから、やり方を教えることも出来るのですが、あまり教えたいと思いません。テレパシーで自分のガイド達や銀河の家族と繋がる程度にしておいた方が安全です。

チャネリングは、人々にすご〜いっと思わせることが出来るかもしれませんが、魂を失う危険性もあるので、私はお薦めしません。


イリアナ:はい。全くその通りだと思います。私はインテュイディブ・チャネリングというのを時々やりますが、これは、一つの霊体とかエンティティをチャネリングするのではなく、宇宙全体の意識に繋がり、メッセージをもらう感じですので、この方が安全です。肉体的にも疲れません。宇宙意識からも情報を得ることが出来ますよね。

エレナ:はい。でもそれは貴方が宇宙意識と特殊な繋がりがあるからだと思います。これは誰もが出来ることではないと思います。

皆さんにアドバイスしたいのは、自分の内なる世界にまず入る事です。自分の内なる光とつながる事です。自分の光は高次元のハイヤーセルフです。そことまずはしっかり繋がることでも十分ですし、そこから自然と自分のガイドや銀河家族と繋がっていく事が一番安全だと思います。自分の外に「誰でも入ってきて〜」と体を開くのは本当に危険です!

(私もインカのシャーマンの学校で知り合った男性が「私は全ての宇宙の存在に身を委ねます。私は貴方に奉仕する存在です。私は使って下さい」と言ってしまい、あらゆるエンティティーが入って来てしまい、頭がおかしくなり、暫く精神病院に入れられてしまった人がいましたので、本当に注意して下さいね)


イリアナ:はい。それは素晴らしいアドバイスですね。ありがとう。次の質問ですが、銀河連合あるいは銀河連邦(Galactic Federation of Worlds)とは何ですか?

エレナ:はい。非常に昔からある組織です。たぶん・・20万以上の異なる星の種族達あるいは文化から成り立っています。これらの種族は、UFOなどを使って星間トラベルが出来るレベル(これはレベル2と呼ばれている)に到達した種族から成り立っています。このレベル2に到達した種族は、銀河連合にメンバーシップの申請が出来ます。申請が受理されたら、銀河連合によって守られるので万が一他の邪悪な種族から攻撃されても守護を受けることが出来ます。それから銀河連合のメンバーには、全てのテクノロジーや知識がシェア、公開されます。銀河連合は、とても良い組織で、我々の銀河のバランスを保つ事が目的です。

彼らは、光の戦士とかよく言われているみたいですが、善と悪とか光と闇とかの戦いではなく、我々はバランスをとるのが目的だと言っています。宇宙の均衡を取ることであり、光と闇のバランスです。勿論ジャスティス、公正は大事であり、どこかの種族が抑圧されているの助けますが、光が闇に勝つとかそういう事が目的ではなく、両方のバランスを保つことだと言っています。

光と闇のエネルギーがダイナミックスを構築し、そこからエネルギーが作られて生命が生まれくるのです。

勿論どこかの種族が抑圧されていたら、助けに行き、グレーとかにやめなさいと忠告しに行く事はありますが(場合によっては殺す事もあるが)、オリオン座のグレー種族や邪悪なレプティリアンを宇宙から完全に排除、消去することはしないのです。スピリチュアルな理由で彼らも必要なのです。

でも銀河連合は、軍隊的でもあるし、技術的でもあるし、物質界で活躍しています。スピリチュアルな面だけの存在ではありません。

(5次元の存在達ですからまだ肉体をもった種族、ノルディックス=プレアデンが代表的な種族ということになります)

イリアナ:人々は、Galactic Federation of Light(光の銀河連合)とかただのGalactic Federationとも混合していると思いますが、この違いはなんですか?

エレナ:私が受けた説明の内容は、この銀河には銀河連合は一つしかありません。彼らはGalactic Federation of Worldsと呼んでいます。通常は、ただGalactic Federationと言います。Worldsはつけませんが、実際には、色々な星、種族からなるので、正式には of Worldsがつきます。

Galactic Federation of Light(光の銀河連合)と言っている人達は、彼らが良い組織であり、我々を助けてくれている存在だから「光」をつけているのだけだと思います。正式名がGalactic Federation of Worldsである事を知らないのかもしれません。まだ人々は、「闇」対「光」という意識が強いですからね。

それともう一つは、ニューエージの人達が勝手に作り上げた「光の銀河連合」の話が出回っている可能性もあるでしょうね。

でも本当の名前は、宇宙語でオラ・ナタル・シャーリという言います。オラは、連合、連邦、アライアンス、集合体という意味があります。ナタルは、我々の銀河の名前です。シャーリのシャーは、world(世界、星、文化)、シャーリでworlds(星々の異なる文化ー種族)という意味があります。だから「オラ・ナタル・シャーリ」は「銀河の異なる世界の集合体」という意味になります。

銀河連合とか銀河連邦というのは、宇宙語が英語に訳されたGalactic Federationの和訳です。

(ハワイ語とかポリネシア語に似ているのに驚きました。古代のハワイ語は宇宙言語であるとハワイの先生に聞いたので納得です。ハワイ諸島には、レムリアとかムーの叡智が今もまだ残っているとアレックス・クインも言っていた事とも繋がりました)

イリアナ:光の銀河連合には、ダークな目的もあると言っている人達がいますが、それはどう思いますか?

エレナ:それは、操作された偽情報だと言いたいです。本当の銀河連合は、とても良い組織で我々を守り、助けてくれている存在です。そういった悪い情報は、我々を混乱させる目的で流されている思います。

昨年イスラエルの元宇宙軍の局長ハイム・エシェッドが初めて公式に銀河連合の存在を公表しました。それからカナダでも神父が公表していますが、それでカバール達は、銀河連合は「人類も我々と同等な存在であり、しっかり立ち上がり自由を求めよ!」と言っている事に対して、そうされては困るので、色々偽情報を流して、悪い目的があるとか嘘を流して、皆が立ち上がらないようにしようと操作しているのです。ニセの宇宙人侵略が起きるという情報とか。。

彼ら(カバール)は、我々を迷える子羊にして、混乱させたいのです。鬱状態にさせたいのです。

私が聞いた話では銀河連合は、アンドロメダ銀河評議会によって、地球の援助をするようにと指令が出されたと聞いています。300年先の未来の地球で独裁的な政治が起きる可能性があり、それを食い止める為に銀河連合が地球のこのタイムラインに送られてきたと聞いています。

ですから、銀河連合には、1ミリも邪悪な意図はありません。

イリアナ:私も銀河連合のことを聞く時は、良い波動、良い感覚しか感じません。私もサイキックですから、銀河連合が良い組織であると理解しています。

最近我々の銀河とアンドロメダ銀河の数百万年の歴史の資料を受け取りました。銀河連合はどれくらい昔から存在するのか知っていますか?

エレナ:かなり昔からだと思いますが、詳しい年数は知りません。最初は小さい連合で、Humanoid Alliance of Planets とか of the Stars とか、そういう名前だったと思います。そこからどんどん拡張して今の銀河連合になっていると聞いています。

ここ最近、300年の未来に向けて、この銀河で問題が起きる可能性が出てきたので、銀河連合が地球の援助に来ていて、我々の太陽系にも基地を持っているし、地球の地底にも基地を持っています。基地は、ずっと昔から存在しますが何万年からとか詳しい数字は知りません。基地だけでなく、多くの母船が来ています。

イリアナ:それからアシュタールについて、アシュタール司令官とかアシュタールというCIAの心理作戦があるとか聞きますが、

エレナ:そうそう、OMG! もう本当に混乱させますよね! 私の知識、得た情報によると、アシュタールという名前には、3つの観点があります。まず最初にアシュタールというのは、個人名ではありません。アシュタールとは、軍のランクの一つで、大佐とか中将とかそういう肩書きです

シリウスbは、非常に人口が多く、資源も豊富で多種族が生息していますが、ネブと呼ばれるオリオン座の邪悪なグレーの6種族からの脅威にさらされた歴史がありました。それでグレーに立ち向かうためにシリウスbでは、多種族が一致団結してアライアンスを結成し、それがアシュタール・アライアンスと呼ばれていました。アシュというのは、「光」という意味で、シリウスの人々は、アシュという言葉を使うのが大好きです。シリウスaは、アシュケラ(明るく輝く光の元)と呼ばれていますし・・・アシュタールの意味は、「光の王の座」みたいな意味があるのです。ですから、ネブに対抗するアライアンスがアシュタールと呼ばれていました。

でもシリウスでは、アシュタールのアライアンスは上手くいかずに、グレーとレプティリアンに敗北してしまい、シリウスbは、バランスを崩してしまいました。でも、そのアシュタール・アライアンスから一部の人々がシリウスから逃れて、アシュタール銀河司令部隊(Ashtar Galactic Command)というものを結成したのです。彼らは、自分達の星を離れて母船の中で暮らしています。そして銀河の中を移動しています。だから「銀河」を名前の中で使っています。それで彼らは、自分達を軍隊として、星々を援助する仕事を提供しています。特にオリオン座のグレーに侵略されて困っている星から助けを求められると援助に行きますし、銀河連合とも一緒に仕事をしています。アシュタール銀河司令部隊は、木星に基地を持っています。銀河連合と同じと思っている人もいますが、実際には銀河連合に依頼されて働いている別の組織です。

そして、三つ目に知られているアシュタールについてですが、そういうカルトが存在します。これは、おそらく貴方がいう通りCIAが作った心理作戦です。スピリチュアルな人々、ライトワーカー達を勧誘してカルトを作っています。アシュタール司令官が銀河連合の司令官で、イエス・キリストもいて、聖人もいたり・・・もう本当にとんでもない混乱させるようなジャンクです。洗脳されてしまった人々がそのカルトに入り、女性達はアシュタールのガールフレンドになったと思い込んでいます。全くクレージーな話です。これは偽工作です。アシュタールを利用して、彼を神に仕立てカバールがやっている事です。

イリアナ:ですから、こういう色々な事が起きている事を知る事が大事ですね。実際にアシュタール銀河司令部隊というのがあり良い組織で、我々地球と人類を援助してくれているけれど、カルトの偽アシュタールの情報も流れている事も知る必要がありますね。

エレナ:そうです。一つ思い出しましたが、1970年代にイギリスのテレビ局をThe Ashtarと呼ぶETが乗っ取り「人類の皆様、お互い仲良くやって下さい」みたいな事を言ったのです。これは実際に起きた事だと聞いています。人々はそれを信じてしまい、それは実際にはこのカルト、カバールの罠だったのです。でも信じてしまった人々は、この背の高い美しい金髪の男性、キラキラしたスマート・スーツを着ていて、ベルトとか、袈裟みたいなもの、勲章などをつけていたり、わ〜〜と圧倒されて、彼からのチャネリングを信じて、彼と結婚したとか・・色々な事が起きています。

私はシリウスbの人達から直接聞きましたが、アシュタール司令部隊の人々は、背の高い美しい金髪ではなく、背が低く、顔が三角形で目が大きいと聞いています。

(ゴールデン・トライアングルも顔が三角だけど背が高いですね。。でも宇宙銀河連合のメンバーなのでしょうね)

イリアナ:分かりました。ありがとうございます。では今度は、地底の存在の話に行きたいと思います。妖精とかナガ、レプティリアン、それからテローシアンがいると以前に言っていたと思いますが・・

エレナ:はい、地底もとても混雑しています。多くの種族が暮らしていて、元々地球人、地球に元からいた存在がいます。地表で戦争とか大変動があった時に地下に移動した人達、それから元々地底に暮らしていた存在がいます。それから異なる密度の存在がいます。妖精とかエルフ系は第四密度の存在です。もともとずっと地球に暮らしてきている存在ですが、密度が異なるので、我々にはあまり見えませんが、時々出てくることがあります。見えなくても存在を感じたり、コミュニケーションする事が可能です。地底は、アガルタ(Agartha)王国と呼ばれています。

第三密度の人々もいます。それからET種族ですが、とても長い事地球に暮らしているのでローカル(地元)と自分たちのことを思っているレプティリアンであるナガがいます。彼らは非常に昔からいます。アヌンナキが来ていた頃からいます。最初は地上に暮らしていましたが、アヌンナキとの戦争に敗北し地底に移動して行きました。彼らは地底に移住してはからは、攻撃性が低くなり、静かに暮らしていて、主にアジア圏の地底にいます。彼らは人を食べますので、子供を誘拐して食べています。生きる為の手段です。

それからET種族のヒューマノイドであるテローシアン(テロージャン)がいます。ケンタウルス座α星から来ています。アトランティス時代から地球にいます。(当時は地上に暮らしていた)美しいと言って良い見た目で白い髪の毛、青白い肌です。地底でも人工的な太陽がありますので明るいです。

それが私が知っている種族ですが、もっと沢山いると思います。それから予期せずに、ある地底の女性からコンタクトがありましたが、彼女はアンシャー族と言っていました。どこから来ているのかは知りません。(コーリー・グッドを助けている種族です。170万年の未来の人間と言っていました。アンシャー族の記事←)

イリアナ:テローシアンは、地上に暮らしていたけれど、ある時点で地底に移動したのですね?

エレナ:そうです。1950年代にレプティリアンのシカール帝国、アルファ・ドラコと私達は呼んでいますが、彼らが地球に戻ってきて、地底のかなりの領域を占領しました。テローシアンは、戦ったけれど多くがドラコに降参したのですが、一部の反逆的なテローシアンは、とても深い地底に逃げました。そして、どうやったのかは分かりませんが、その領域の波動をあげたので、レプティリアン達はそこには入れなくなったという事です。

(地上から地底に移動したのはアトランティスの崩壊の時点だと思います)

それでテローシアンたちは、シルバー・フリートという銀色の飛行船を持っていましたが、それもレプティリアン達に奪われてしまったと聞いています。でも地球のアライアンスとテローシアンが団結して、地底からレプティリアンを追い出しています。まだ戦いは続いていますが、かなり良い方向に我々が勝っていると聞いています。

イリアナ:テロスという都市が地底にあると聞いていますが・・

エレナ:はい、それはシャスタ山の地下にあります。でも、テロスは完全にレプティリアンに乗っ取られてしまいました。だいぶ前からです。(1950年くらいから) でもテローシアン達は、自分のテクノロジーとか神聖な道具を全部持って深い地下に移動し、レプティリアンはそこにアクセス出来ないように波動を上げて自分達を守っています。今、テロスも取り返そうと戦いが起きていると思いますが、どこ程度進行しているのかは分かりません。

テローシアンは、所々にクリスタルを設置していて、レムリアン・クリスタルと呼ばれているものですが、テローシアン・クリスタルと言っても良いとテローシアンから聞きました。そのクリスタルには、何かキーがエンコードされていて、彼らの情報にアクセスする事が出来るようです。その情報はエーテルのどこかにあるのだと思います。このレムリアン・クリスタルあるいはテローシアン・クリスタルを持っていて、それと瞑想したら、キーをアンロックして情報にアクセス出来て、その情報をシェアして良いと言われました。

イリアナ:なるほど・・それから貴方の本を少しここで見せてくれますか?とても大きくて美しい絵が沢山描かれていますね。

エレナ:ありがとう。三部に分かれていて、最初が私のET誘拐体験、第二部はET種族(110種類のイラスト付き!)について。第三部がメッセージです。今、地球に関与しているET種族は110種族いると聞いています。

エレナの描いたイラストでソーハンの様相


イリアナ:これはアルクトゥリアンですね。頭が大きいの。



エレナ:そうです。これはアヌンナキです。アヌンナキはグレーですが、ヒューマノイドです。アヌナキニは「人の様」という意味があります。



これはナガです。彼らはシャイプ・シフターです。大きな長方形の母船を持っています。一度連れて行かれた事がありとても怖い体験でした。



これが私を誘拐したゼタ・リティキュリです。



最初は自分のET誘拐体験を書く予定だったのですが、ソーハンが銀河連合から承諾をもらって色々な情報開示の本となりましたので、ET種族の百科事典みたいな感じで、皆さんこれを呼んで覚醒したとか、誰が私を誘拐したのか分かったとか言ってくれています。ソーハンが色々な種族の説明をしてくれて、それを書き出し、次にイメージを送ると言われて、画像を受け取りながらそれを急いでスケッチして行きました。4ヶ月で全部書き上げました。全ての種族とその種族の宇宙船を一緒に載せています。

(ほしくなり早速買いました!)

これがマイトラは、非常に重要な知っておく必要のある種族です。エリア51にいる種族でとても攻撃的です。アンドロメダ銀河から来ていて多次元の存在です。地球の味方ではありません。



イリアナ:彼らはアトランティスの時も来ましたね。

エレナ:そうです!火星の近く(火星の衛星?)のマルデックとかヤナとか呼ばれる星が爆発したのは彼らのせいでした。マイトラとライラ(琴座)の種族が戦争になったからでした。アヌンナキも関与していましたが、メインはこのマイトラです。火星にも大きな破壊があり、環境もそれで変わりました。だから火星に住んでいた多くが地球に移住したのです。

イリアナ:私のソウルメイトだったアキラがチチカカ湖の中に閉じ込められたのも(前回話した)このマイトラがやったのです。だからマイトラがアトランティス時代、2百万年前にここにいたのを知っています。

アトランティス時代、アトランティス人達はテクノロジーの進歩が非常に進んでいましたが、もっと進化したいと欲が強くなりすぎて、私のソウルメイトのアキラは、それを止めに行ったのですが、止める事が出来ずにアトランティスは崩壊してしまい、その水面下でマイトラがポータルを乱用し、してはいけない事をして、アキラもその巻き添いになってしまったのです。

エレナ:そうです。マイトラは多次元を自由にポータルで行き来出来、アンドロメダ銀河にも瞬時に移動出来てしまいます。

そうだ・・ソーハンが最近伝えてきた事は、銀河連合は、我々の太陽系にプラズマだと思うのですが、ある周波数のシールドを形成したと聞いています。だから、もう出入りが出来ない状態になっていますが、問題はポータルから出入りできてしまうので、今はポータルを探して、それを閉じる作業をしているという事です。ポータルは見えませんが周波数があるので、その特殊な周波数を探しています。キーになる周波数です。我々の太陽系を全部スキャンしているのです。

(大変な作業ですね💦)

イリアナ:なるほど・・それから最近南極にいるフランクという人物とeメールで情報をもらっていると言っていましたね。

エレナ:そうです。フランクは私のフォロワーだったのですが、南極のマクマルド(米国調査基地)で仕事をしているというので興味が出て、メールで連絡を取り合うようになりました。真冬の南極に中国人とトルコ人が建設材料を積んで大量にきているので、おかしいと先週連絡がありました。(今年6月上旬)<・・ここは前回と重複するので省略します>

(ナチス・ドイツであるダーク・フリートとレプティリアン・シカール帝国達が南極をポータルを使って去って行ったので、南極は地球人だけになったという話です。地底のトンネルも破壊されたので、残っている地下のレプティリアン達は移動出来なくなり孤立した。南極には貴重な資源が多くあるので、多くの国々がこの情報を聞いて押し寄せているという事です)

今はアルデバロン(オリオン座の右上)がダーク・フリートの本拠地となったとソーハンから聞きました。でもダーク・フリートの帝国ももう崩壊していて、分裂してしまっているようです。火星にいるダーク・フリートも本部からカットされてしまってパニックになっている様です。南極にいたダーク・フリートもカットされパニックになっているという話です。

イリアナ:米国でETの開示レポートが(7月に)出ると言われてますが、実際にはUFOの写真程度で大して出てこないと思っていますが、そのレポートの中には実際にどんな内容があるのか知っていますか?(これは6月の動画です)

エレナ:政府が絶対に開示しない事は、MJ12(マジェスティック12と云われる米国の12メンバー)とかMI6(イギリスの秘密情報部)が1954年か1955年にオリオン座のグレーやドラコ・レプティリアンに人類を売ったという事です。これを本当は知らせるべきですが、おそらくETがいる、UFOの目撃を認めるくらいで大したことは開示されないと思っています。ETの偽侵略イベントでETを悪者に仕立てる計画がありますが、ソーハンがこれは絶対に食い止めると言っているので、おそらく起きない思います。

MJ12


(Majestic12 英語Wikipediaより )

カバールとレプティリアン、グレーが地球から排除されない限り開示は無理と思いますが、今徐々に排除されていますから、時間の問題です。これが完全に排除された暁には、良い開示が起きると思っています。まずは良い秘密宇宙プログラムの存在の開示。海軍が銀河連合と一緒に働いているのも知っています。そのSSPが持っている技術、フリーエネルギー、医療的なもの、ソーラー・ウォーデンのこととかが出てくると信じています。

でも、最初に邪悪な存在達を排除しないと開示できないと私は思っています。貴方はどう信じているか分かりませんが・・

イリアナ:分かります。私はSSPで働いていましたから、そこでは8千年の開示計画があるのを知っています。それで徐々に段階を追って開示されていく計画です。最初にナノ・テクノロジーが開示されます。色々なナノなんとかというが沢山出てきます。ナノ・メディスンも出てきます。

ナノ・テクノロジーについて、少し話してもらえますか?人間の体に何をするのか?何故今それが開示されているのか?について・・

エレナ:はい。テクノロジーは素晴らしいと思うのです。問題はそれをどう使うかです。使い手によって良くも悪くも使えます。だからテクノロジー自体は良くも悪くもないのです。私はテクノロジーの進化は素晴らしいと思っていますし、ナノ・テクノロジーも素晴らしいと思っています。未来は、もっともっと飛躍してテクノロジーは進化するのです。石器時代には戻りません。

ナノ・テクノロジーをソーハンは、トラッカー・ダストと呼んでいます。チリのように小さいもので、デバイスではなく、トラッカー的な機能を持つと聞いています。クワンタム・レゾナンス(量子レベルでの共振するレセプター)機能を持っていて、どこかのスーパーコンピューターでリモートで操作することが出来るものです。クワンタム・マーカーでチリのようなもので、トラッカーだと理解しています。

2020年に2月、ショッキングな出来事がありました。ソーハンがとても感情的になっているのを感じたのです。それで急にソーハンと繋がってしまって、何が起きているのか、彼の目から見えました。銀河連合の基地に彼がいて、ノルディックスと坊主頭の女性の種族もいました。楕円形のテーブルの周りに沢山の銀河連合のメンバーが座っていて、そこに地球の人間の宇宙飛行士が一人座っていました。

彼らは宇宙スペーションから人間を拉致して、銀河連合の基地に連れて行ったのです。ソーハンがその宇宙飛行士に怒っているのが見えました。ヴィタリーという男性でした。「ヴィタリー、この人工衛星を地球の周りに設置するな!おまえの上司にそう言え!」と怒鳴っていました。それで、その衛星にナノ・テクノロジーが使われるというのも理解しました。

ソーハンはその時点で私と繋がっていることに気づき、これは誰にも口外するな!見なかったことにしてくれ。と言われ、スイッチがオフになりました。

それで私は早速NASAのウェブサイトに行き、今宇宙ステーションにいる人を調べました。するとロシア人の宇宙飛行士のヴィタリーという男性が出て来ました!顔もはっきり見えたので、その人でした。でも彼の記憶は、そこに実際に行ったということではなく、夢でそういう場面を見たという感じにされています。でもとても強い夢で、彼がその夢から行動を取るように仕向ける感じになっていたと思います。

このロシア人のヴィタリーがナノ・テクノロジーを搭載する人工衛星を地球の軌道に設置するプログラムの一員だったこともNASAのウェブサイトで分かりました。

今は、ヴィタリーはもう地上に戻っているので、話しても良いと言われたので、こうして話しています。

その人工衛星は、キュービック型で小さいものです。ソーハンが見せてくれました。で、このヴィテリーは上司を説得できなかったみたいで、この人工衛星は設置されてしまっています。これがナノを操作することが出来るものです。例えば人間に注射されたナノをそこから操作出来るのです。

NASAとかの組織でも、仕事がはっきりと部門別に区別されており、自分のするべき役割だけを教えられているので、全体像を皆理解していません。トップの人達しかそれがどうやって何に使われるのかを理解していません。5Gタワーとも繋がり、それ以外にもマインド・コントロールの電波を送るのに使われると聞いています。

イリアナ:でも医療としても使えるのですよね?

エレナ:はい、そうです。今は悪い方向に使われる例を出しましたが、良い方向に使うことも出来ます。ナノは、トラッカー・ダストでただトラッキングをするもので、マイクロコンピューターではありません。それで医療的に、体の悪い部分にそれを使って、ヒーリングとか組織の再生などをすることにも使えます。

イリアナ:そうですね。イーロン・マスクが今人工衛星をバンバン打ち上げて、スターリンクの衛星を列にしてつなげていますが、それは何をやっているのでしょうね?

エレナ:う・・ん・・ソーハンは、イーロン・マスクを嫌っています。スターリンクは邪悪で良くないと言っていました。

私は「じゃあ全部撃って破壊したら?」と言いました。(笑) でもソーハンは、人間が作ったものを銀河連合が破壊するのは宇宙の法に反するので介入できないと言いました。もしもETが地球に何か設置したら、それを破壊することが出来るけれど、地球の人間がやったことに関しては手出しできないのです。でも、破壊は出来ないけれど起動不能にすることは出来るので、それはやっている様です。(笑)だから機能できていない様です。

米国のどこかにそれを操作する大元のコンピューターがある様ですが、それを起動不能にしてくれたみたいです。

スターリンクは、遠隔で人々をコントロールするよくないものであると聞いています。

(ミシェル・フィールディングさんとサイキックLJさんは、良いものだと言っていましたが、ますますどっちなのか?分からなくなって来ました💦)

イリアナ:なるほど〜 それで最後に視聴者の皆様に何か伝えたい知恵はありますか?

エレナ:ソーハンがいつも言っているのは、私達が出来ること、人類のため、我々の銀河のために我々が出来るベストな方法は、自分の周波数を上げることです。

ニューエージの人達も言っていますが、本当に今、それが最重要なのです。

人間の可能性というのは、本当に凄いのです。多次元な存在で、もの凄い能力を持っていますが、ずっと奴隷にされて低い周波数でいるようにコントロールされて来ました。我々を牛のように扱いたいとカバール達は思っているのです。

自分の力を信じて、光を輝かせていくことで、周波数が上がり、それを皆がしていくと人類全体の集合意識にそれが影響されて、波動の高いマトリックスを形成することが出来ます。そうしたら、彼らは我々に手出し出来なくなり、去っていくのです。

一人一人が自分の内なる真の力につながることを意識することが最重要です。

恐れを拒否し、コントロールを拒否して、平和、調和、喜び、愛の周波数にフォーカスする必要があります。


ヴァル・ソーという賢者から言われたことは、「自分の鎖にしがみついている奴隷を自由にすることは出来ない」と。

だから自分で自分の鎖を外して、政府や宗教から自分を解放し、自分の足でしっかり立つのです。それでも、まだ疑っている人達に言いますが、この同じ人ヴァル・ソー、彼も銀河連合の一員ですが、彼がこう言いました。

「我々は、絶対に貴方達をがっかりさせない。今までも、これからも絶対に貴方達の為に最大限努力している」

だから私達がやるべき事はただ一つです。自分の波動を上げることです。


イリアナ:エレナ、ありがとう!それは素晴らしいアドバイスです!また話しましょう!






**********

アシュタールとか宇宙銀河連合について、詳しく分かって、すっきりした内容でした!

***************

エレナ・ダナンさんが歌っています。

https://youtu.be/kMgI5K8ZG9Y


とても古代からある宇宙言語タアミ語というのだそうです。
ライラ(琴座)から生まれ、今でもプレアデスやライラのマン種族が使っていて、銀河宇宙連合でも共通言語として使われているそうです。

松果体に響きました✨懐かしい響きですね



****************


私(マータ)はずっとムーに惹かれて古代ハワイの叡智を10年間ハワイ島とカウアイ島で学び、それを15年以上教えています。

インカの本の編集が思った以上に時間がかかっているので、まずは古代ハワイの叡智のクラスを開催します。

ここでハワイ(ムー、レムリア)の話が出てきたのをきっかけにこちらでもクラスの紹介をさせて頂きます。

9月からZOOM オンライン・クラスを開催致します。

ご興味ある方は、是非ご参加ください。

20年以上前ですが、人生に行き詰まった34歳の時に私の人生を大きく変えてくれた素晴らしい叡智です!
これを実践して以来すべてが上手く進むようになりました(^^)




💫💫「古代ハワイの叡智ホ’オポノ・ポノ・ケ・アラの講座」💫💫


● 古代ハワイの叡智は、日常で日々実践できる、とても分かりやすいものです。

●人生をより豊かにすること、人生とは何か?本当の愛とは何か?どうしたら人生をよい方向に変えていけるのか?

●8つの宇宙の光の法則を教えていきます。

ハワイでは間違いはないと云います。すべては起こるべくして起きていて、いつの瞬間も完璧。でももっと正して行くことが出来る方法です・・より楽しい豊かな人生にするために・・

(ヒューレン博士のホ’オポノポノは、現代心理学であり本物のハワイの教えではありません。私の教える内容は、彼が教える「4つの言葉を唱える」のとは全く異なります。私が教える古代ハワイの叡智は、西洋人や他のタヒチアンなどがハワイに入ってくる前から古代ハワイに伝わる叡智です)


日程:9月8、15、22、29日の水曜日、4日間で開催します。(今からでもご参加いただけます。初日に間に合わなくても録画で見ていただけます)

時間:19:30から20:50

参加費:4回で6000円です。(1回6000円ではなく4回分です)


講師:カミムラ・マリコ (プロフィールはwww.alohapono.jpにて)
(マータの本名)

*お申し込み頂いた方には録画を毎回翌日に送りますので、全部出席出来なくても後日ご覧いただけます。

*著書「アロハ・スピリット 笑顔の幸則」を教科書として使いますので、これをご購入下さい。HPのこちらのページhttps://www.alohapono.jp/ショップ-グッズ/セルフ-ヘルブ/から、あるいはアマゾンなどのサイトでご購入頂けます。

HPからですとカードと一緒のセット価格があります。アロハ・ウハネ・カードは、この教えを日々脳裏に記憶させる為に日々引いて活用する事の出来るカードです。(授業ではこれは使いません) カードは私のHPでのみ販売しています。

(8月25日から屋久島でリトリートを開催しているのでHPからのご購入の発送は9月2日以降となります。8月25日から9月1日の間は発送ができませんのでご了承ください。この期間に本を購入されたい方は、アマゾンなどネットでご購入ください。)


お問い合わせ&お申し込みは、alohapono.jp@gmail.com までお願い致します。

*お申し込みの際は、お名前・電話番号・簡単な住所(都道府県だけ)を書いてください。

*2~3日経っても返事がない場合には、(沢山のお申し込みをいただいていて)見落としている場合がありますので、お手数ですが、再度メールを下さい。

このコロナ騒動を一緒にポノ(意味=正しい、自然の流れ・ポジティブ)で乗り切っていきましょう✨




************


☆ マータのFaceBook でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。

https://www.facebook.com/mayet.maat.9


私の翻訳を利用して、動画を作成される方は、私に了解を得て下さい。
私の翻訳を勝手に使っている動画がありましたら、是非教えてくださいね!
私は収益なしで情報を提供しています。


ツイッター:さる100TV マータ @100TV8







コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« イリアナ*エルとプレアデン... | トップ | ライラ(琴座)の種族につい... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エレナ・ダナン」カテゴリの最新記事