今日の天っちゃん

天知茂関連作品の情報

うしろ姿

2007年02月22日 | EP・LP
1979(S54)DR 6297

A面:うしろ姿
作詞:天知茂
作曲:遠藤実
編曲:京建輔

B面:男のグラス
作詞:いではく
作曲:遠藤実
編曲:斉藤恒夫

【ジャケット】
鏡に向かう紺スーツ(ストライプネクタイ)の天っちゃんを右サイドから写したもの。眉根を寄せているものの、鏡の中の顔はかすかにメランコリック。

うしろ姿 作詞:天知茂

『三月……
春とは云っても
まだ肌寒い日だった……』

雨の中で
さよならだけの別れだったが
何故か気になる 何故か気になる
うしろ姿

傘もささず
背中をつたうしづくのせいか
肩がふるえる 肩がふるえる
うしろ姿

『駄目だよ うしろを向いちゃ
これでいいんだ
迷わずに歩いて行っておくれ……』

涙なんか
見せるあいつじゃなかったけれど
やけに淋しい やけに淋しい
うしろ姿

雨の日には
いつになっても思い出すだろ
細いうなじの 細いうなじの
うしろ姿

*松竹時代を含む芸能生活30周年を記念したLP「旅路」(作曲はすべて遠藤実氏)からのシングル・カット。「うしろ姿」は、最近の歌詞は長すぎてイカンと薀蓄を垂れていた(「週刊平凡」参照)本人こだわりのシンプルかつメロウな歌詞付き王道演歌。同じく耐える男の心情を歌ったB面「男のグラス」(LPでのタイトルは「グラスの底」)も味わい深い。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 胎動期 私たちは天使じゃない | トップ | 御園座公演(S59年6月) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
持ってたりします。 (kappe)
2007-02-22 22:03:11
たびたびの書き込みで失礼します・・・。

先日、中古レコード屋さんをうろついていたら、これだけあったので迷うことなく購入しました。しかぁし、レコードを聞く術がないんです。(プレイヤーをもっていない。。←じゃ何で買ったんだ。)
なので、今のところはひたすらジャケットの写真を見つめるだけだったりします(苦笑)
書き込みはいつでも大歓迎ですよ~ (mami)
2007-02-23 01:01:51
このレコード、ジャケ買いしたくなりますよね! 「男のポケット/枯れ葉の予感」のジャケット(ベンチに腰掛けてる写真)もかなり好きです。あと「過去/The Fang」のキメまくり剣さんとかも。

↑結局どれでもよかったりして(^^;)

EP・LP」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事