今日の天っちゃん

天知茂関連作品の情報

新橋演舞場公演(S39年9月)

2009年04月15日 | 舞台公演
S39年9月 新橋演舞場公演パンフより

タレント電話対談
聞きて:大木豊

プー、プー、プー……
発信音はしているのだが、なかなか相手がでてこない。
やっと、通じたと思ったら、交換嬢の声で『まちがってかかりましたから、おかけなおし下さい』ときた。
ブラウン管に咲いた“悪の華”、イカス男性の声を早くききたいと焦った(?)せいか、どうやら番号をかけまちがえたらしい。

二度目――こんどはまちがいなく天知の声だ。
『初舞台で、感無量でしょう』
『ええ。いまのうちにできるだけ舞台の経験をつんでおこうと思いましてね』
『こんどの演舞場は、友情出演という形になっているんですね』
『「道場破り」で、映画は丹波哲郎さんのやった役をやることになっています。仲よしの長門君のために、すこしでも手助けができればと思って、一生懸命やりますよ。彼とはお互いに持ち味もちがうし、これからもいっしょに仕事をすれば、必然的にホーム・グラウンドもできるわけで、比較的やりたいものもできるからでしょうから楽しみです』

いまのところ、十月は大阪梅田コマ劇場で、木暮実千代との初顔合わせ(*「雪夫人絵図」)がウワサにのぼっているし、十二月には名古屋の名鉄ホールで主演の話(*実際は翌年一月の「初笑い清水港/ミスター・シャネル」)もあるというから、ことしの下半期、天知は舞台で暴れそうである。

*とりあえず間違い電話はだめでしょう、大木さん(ネタですか)…てっきり誰かとのおしゃべりが長くて通話中のプープーかと思ってしまった。

*長門さんとは「男ならやってみな」で初共演してから仲がよくなったようだ(それ以前にも、「これが法律だ」で一緒に出ているようだが接点はなかったのかもしれない)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 天知茂、素顔で出演 | トップ | 女真珠王の復讐 »

舞台公演」カテゴリの最新記事