今日の天っちゃん

天知茂関連作品の情報

恋酒 (with 池波志乃)

2007年01月12日 | EP・LP
1983(S58)7DX1232 ポリドール

A面:恋酒
作詞・作曲:天知茂
編曲:京健輔

B面:
作詞・作曲:天知茂
編曲:京健輔

【ジャケット】
タバコを手にしたブラウン・スーツの天っちゃん(体格良好)に、赤い番傘を持った和服の池波さんが俯き加減で寄り添っているの図。おそらく題字も自筆。

恋酒 作詞:天知茂

男:どうせ無器用 口べただから 酒に力を借りなけりゃ 好きと一言 云えぬ俺
女:無口なひとと 知ってはいても やっぱり女は欲しいのよ 好きの一言 待つ私

男女:男・女・酒・夜

女:こぼれた酒を指であそんで 思わず書いたふた文字が 好きという字になりました
男:照れてほほえむおまえのしぐさ そんな横顔 可愛くて 好きと思わず云っていた

男女:男・女・酒・夜

男:夜は淋しい飲もうじゃないか
女:酔って甘えていいかしら
男:好きなおまえと
女:ふたりきり

男女:男・女・酒・夜

作詞:天知茂

男:この世にあなたひとりが男・・・と おまえ
女:この世におまえひとりが女・・・と あなた
男女:今宵 命が炎と燃えて 明日という日を焼き尽くす

女:愛するときが このままとまる・・・ね あなた
男:死んだらいつも いつまでも一緒・・・ね おまえ

女:おまえの顔をよく見せてくれ・・・と あなた
男:しっかり胸に刻みつけてね・・・と おまえ
男女:固い絆がふたりを結び 抱き合いながら闇の道

男:身体は消えても心は生きる・・・ね おまえ
女:心と心 永遠に生きるわ・・・ね あなた
男女:命を賭けた激しい恋が 春にそむいて散って行く

女:生まれ替わったら何になるの・・・と あなた
男:あなたの好きな花になりたい・・・と おまえ

*「恋酒」はバーで盛り上がった部長さんが好みのママさんと肩組んで歌いたくなるような艶っぽい雰囲気のデュエット。サビの「さけ~よ~る~(酒、夜)」が少々音足らずな感じがしないでもないが、作曲デビュー・シングル(多分)ということを考慮すれば無難なまとめ方かと。

*一方、B面「絆」は近松物といおうか土曜ワイド劇場チックといおうか、うってかわって妖しい香りのする心中ソング。実はこれ、「狼男とサムライ」(完全版)のエンディングおよび挿入歌として使われているのが特筆事項。ナッシー氏の著書(Memoirs of a Wolfman)によると『映画のために作られた曲』云々という記述があるので、もしかするとこの男女は狼男&アカネさんのことなのかもしれない。(あなたはサムライでしょうに>天っちゃん)

*「歌っている女優さんは誰でしょう?」という懸賞つきシングルも発売されていたらしく、池波さんの顔がハテナマークになってるジャケット(一色刷り:天っちゃんの顔がにこやか)もある。ちなみに当るとパイナップル型ランプが貰えたそうだ。そんなランプ要らん、というより声だけ聞いて池波さんだと当てられるものなのだろうか?(私は無理)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 第三の影武者 | トップ | 男の勝負 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ばんわ(^-^) (かりめろ)
2007-01-14 00:08:53
お疲れ様(^q^)今日は、別居のじいちゃんが亡くなったので葬儀並び告別式に参列してました。今でも信じられないですけどね。天っちゃんの時も同じようだっったのかなぁ
お疲れ様です (mami)
2007-01-15 00:19:00
突然の別れはつらいものですね・・・。

EP・LP」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事