酒井 みちよ です。

日本共産党守口市会議員 酒井 美知代 です。

大日エレベーター 最新進捗情報

2018年11月26日 | 日記





 八雲東側の工事現場で、9月初め頃からゴボゴボというポンプで水をくみ上げる音が聞こえていたので、「大丈夫かな?」と不安を感じていたのですが、10月下旬にはやっとその音が聞こえなくなったので、エレベーターの進捗状況が気になり、10月末に大阪国道事務所に聞きました。

 維持事務所の大日担当の方から、次のような返答がありました。

 「年度内には共用開始します。もともと、工期は年度内3月末でしたが、今年年内に共用できればと頑張っていたのです。が、障害物が次々とあり思いのほか進まなくて遅れています。
 大日側は順調にいけば2月末か3月頭に(共用できますが)、八雲東側が苦戦しています。
 地下水位は路面より1m下、しかし工事は地下5mまで掘る。止水対策が充分できていなくて欠損ヶ所がありましたが、ほぼ解消しつつあります。
 エレベーター部分のコンクリートを打つための、土留めの壁の矢板がやっと打ちあがったところです。
 障害物に苦戦しました。」
「どんな障害物ですか。」と聞くと、「下水道管・水道管・NTT管などの他に、仮設物の矢板やH鋼が撤去できてなくて埋め残しの残がい物です。地下鉄の残りの空間を食うように台帳にのっていない予測不能な残がい物が出てきて、その除去のためにこれまでにない工法も使いながら進めているところです。
 3月末には共用できるよう、頑張っている。もし万が一、間に合わないようなことがあれば、必ず酒井議員に連絡します。」という、心強い返事をしてもらいました。

 まだ、工事中の看板の『12月31日まで』は、更新されていません。が、工事完了は延期されます。でも、4月からはエレベーター使用が可能のようです。待ち遠しいです。
コメント

10月になりました‼

2018年10月08日 | 日記

先週10月1日月曜日、台風一過の晴天の下で!久しぶりの朝の挨拶をしました。

今年は6月に大阪北部地震、7月の西日本大豪雨、そして9月4日の台風21号、30日の24号とホッとする暇もなく、次々と災害が、続きます。

こんな時こそ、国や大阪府、そして守口市は住民の命、暮らし、安全を守るために力を尽くすのが行政の仕事です。

でも、守口市は地震の時には、31ヵ所開設した避難所を、地震より被害の大きかった台風では、被害の状況も確認しないまま6ヵ所しか開設せず、夕方6時に閉めてしまったのです。

28日の9月議会本会議で、災害対策についても問題点を追求しました。その翌日になる24号への対応はさすがに、避難所を増やし台風当日にも途中で、避難所を増やすという対応をしました。

これまで大きな災害がなかったとはいえ、ハザードマップにも記載してなかった避難所の縮小など、あまりにも危機管理意識が薄いと言えます。
今後は、今回のたくさんのことを教訓にして、防災対策、被災後の対策を万全にしていくように、これからも守口市に求めていきます‼
コメント

劇団せすんの公演が始まります。

2018年07月13日 | 日記




昨年、劇団創立50周年記念公演を終え、新たな一歩を踏み出すことになりました。
これまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございます
これからもよろしくお願いいたします。
さて、今回は劇団の初心に帰りまして、創作劇に挑戦します!
しかもその上、Rioさんによるオリジナル曲も舞台上で歌います!
ご期待ください!!
 

第42回大阪春の演劇まつり参加
2018年 劇団せすん公演

チェキ!
作 げんだつば 演出  杉田    満

2018年
7月13日(金)午後6時30分~

7月14日(土)午後2時00分~
        午後6時00分~

7月15日(日)午後1時00分~
        午後5時00分~

※開場はいずれも30分前です。

大阪グリーン会館2階ホール

●あらすじ
   連れ合いに先立たれ、仕事も退職した昇三。
   息子の良一には穏やかな日々もいいものだ、と言いながら
   物足りない日々を送っていた。
   そんな時に、親友だった澤田と再会。
   助けて欲しい、と言われ地下アイドルとして活動している
   ひとみと同居することになった。やがて、同じく親友の
   岡田も合流し、3人のジジイ達は一緒になって
   ひとみの応援を始めるが・・・

★Special Special Thanks!!★

  Rio





私も受付を手伝います。


ご都合のつくく方は、ぜひご観劇に来てください。













































コメント

八雲神社

2018年07月09日 | 日記


6月23日に八雲神社の側を通ったときに、境内の一部が進入禁止になっていました。
18日の地震で鳥居が崩れそうになっているからと書かれていました。


八雲神社の創設は不明となっていますが、今回の地震が、これまでなかった類いの地震だったということでしょうか⁉




そして、7日には鳥居が撤去されていました‼

早い対応です。



21日には夏祭りがあるというポスターも7日に見ました。
鳥居がなくても、地域の共同の力が、夏祭りを盛り上げることでしょう❗
コメント

大阪北部6弱の地震に・・・・・・

2018年06月20日 | 日記
 休日明けの月曜日朝7時58分、ちょうど通勤通学時間帯に私は大日駅北東入り口で、赤旗宣伝をしていました。突然のごぉーんという感じの衝突音にも似た音の後、ぐらぐらと足元が揺れ始め『地震』と気づきました。慌てて片付けて帰路を自転車で走っていると、歩いている人も自転車の人もスマホを眺め、もしくは耳に当て「大丈夫よ。」と答えている風景が見られました。

その後のテレビ報道で、大変な地震だったのだとじわじわ身に染みてくると、少し不安になっていました。


しかし、「瓦が崩壊」「食器が崩れ落ちた」「テレビが棚から落ちた」などの市民の方々の被害を耳にすると、「修理費がいるような被害は、まず罹災証明書を課税課に申請して下さいね」と知らせるうち不安なっている場合じゃないと力が湧いてきました。。


 高槻市で小学校のブロック塀が崩れて挟まれて亡くなったというニュースには、「なぜ?学校で!」と怒りとも嘆きともいえない思いにかられています。

 守口の小中学校の塀は大丈夫か、建築基準違反はないかと、問い合わせて 返事待ちです。

 なくなられた方々に、心よりお悔やみ申し上げます。

 そして、一日も早い復興に、国、大阪府が尽力するよう働きかけたいと思います。


ところで、、
 
この写真の電柱の傾きは「今回の地震とは関係ありません」と、国道事務所から回答がありましたが、

私が問い合わせたのは、

「大日駅地下通路のエレベーター設置工事ヶ所のすぐそばに使われていない電柱があって、道幅が狭くなり 通行の邪魔になっている。つまづいた人もいるが、撤去しないのか」というものでした。

それについての回答は「この電柱については撤去予定ですが、エレベーター設置工事中も地中から障害物が見つかり、対処しているところで、電柱撤去の時期の見通しが立っていない」とのことでした。


 「それならば、その内容を広く市民の方に知らせるように貼り紙などででも知らせてほしい。また、通行の邪魔にならない形で、注意喚起をしてほしい。」と要望しました。

 
コメント