Kizu-darakeのにっきC

みんなに笑顔が戻るといいな。がんばれ!東北(とおほぐ)!

ライトの影はいらない

2018-09-09 23:03:20 | XL1200R

う~む・・・
納車されたときに「ずいぶんライトが暗いバイクだなぁ・・・」という印象。
切れかけた懐中電灯みたいな感じですぐにレンズの掃除、新しいH4バルブとポジション球を交換。
明るくはなったんだ。
明るくはなったんだけど・・・なぜか夜走りづらい。
何がダメって前方になぜか暗いというか影ができる。
まわり照らしても道照らさなきゃダメでしょって感じ。
こりゃライトそのもの交換かな?
今ではH4バルブ買える金額でLEDライトが買えちゃう時代。
しかし、しかしだ・・・
何が原因?

スポーツスターのライトを見ると、
バルブをカバーしてる金属パーツがある。
防振?いや、これデザインというか見た目重視のおしゃれパーツだと思う。
バルブの先端から3分の一以上隠している。
外せるかな?

あっ、これバルブ押さえてるスプリングの止め金も兼ねてるんだ。
ちっ・・・
でも・・・・(ムクムクッ)
できないこともないかな(ムクムクムクムクッ!!)

まずは外してみる。
なるほど、ネジ一本で簡単に外れる。
やっぱりデザインだけっぽい。
止め金残してちょん切ろうか、いやいや、ハーレーの純正部品の値段知るとそんなこと恐ろしくてできねぇ。

ガラクタの中から良さそうな部品探して加工していく。
折り曲げてから合うように何度も削っていく。

完成!!

おおおっ!
影ができない、これは期待できる。

9月8日ちょうど雨の中で夜間走行することに。
格段に走りやすくなった。
ちょうどこのときはOGKのシールド(フラッシュミラークリア)着用で走行。
前回はこのシールドで夜見えなくてシールド外して乗ったんだが今回は大丈夫だった。

不満がないわけじゃないが今回はこれで様子見。


コメント   この記事についてブログを書く
« 9月 | トップ | 道の駅めぐり(山形) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

XL1200R」カテゴリの最新記事